韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  インドで蚊を追い払うテレビを販売 LG電子が巨大市場に合わせ開発

インドで蚊を追い払うテレビを販売 LG電子が巨大市場に合わせ開発

蚊を追い払うテレビ、出力高めたオーディオ…。
アジア新興国のうちITや家電製品分野で急浮上する市場として注目されるインド市場攻略を巡る動きが活発化している。インド人の趣向に最大限合わせて“現地化”を図った様々な製品が出されている。

LG電子は最近、インドで「蚊を追い払うテレビ」(Mosquito Away TV、モデル名43LH520T、32LH520D)を出荷した。LG電子の説明によると、同製品はテレビの中に蚊が嫌がる超音波を送り出す機能を組み込んだ。超音波は人には聞こえず、テレビの視聴にじゃまにならない。LG電子の関係者は「インドでは蚊が誘発するマラリア、ジカウイルス、デング熱などの疾病に対する警戒心が強く、これを考慮して超音波機能を組み込んだ製品を出すことにした」と説明した。LG電子はこのテレビをフィリピンやスリランカなど東南アジア地域でも出荷する計画だ。

“インドオーダーメード型”のテレビ製品はまだある。LG電子はインターネットの普及率が低いインドの環境を考慮し、インド型スマートテレビも作った。スマートテレビは一般的に有線・無線インターネットに接続された環境を基盤に使われるが、インド型ではインターネット網がなくても使えるよう製品を設計した。その代わり、インターネットが連結できる場合はスマートテレビのUSB端子にインターネットと接続するアダプター(Dongle)を差し込めるようにした。LG電子はこれに先立ち、インドの消費者の好みを反映させるためテレビ枠を金色にした「ゴールドベゼルテレビ」を販売し、クリケットの試合を好んで観るインドの文化を反映して、クリケット中継に最適化された画面とサウンドを提供する機能「クリケットモード」をテレビに加えたことがある。


スポンサードリンク


テレビだけでなく、インドの環境を反映したオーディオ製品も作られた。LG電子の「エックスブーム」(X Boom、モデル名CM9960)がそれだ。最大出力を4800ワットまで上げたのが特徴だ。テレビのオーディオ出力は20~40ワット前後なので、かなりの高出力製品となる。パーティーやイベントを狙ったものだが、インド消費者は騒音が多い住居環境のために出力が高いオーディオを好み、音楽とダンスを楽しむパーティが多い点も考慮したという。

現在のインド家電市場は、高い人口密度の上に購買力のある中間層が増え、テレビ、洗濯機、エアコンなどの需要が爆発的に増えている。コンサルティング会社の「アンストゥ・アンド・ヤング」(EY)が昨年まとめた報告書によると、2020年までインドの家電製品の需要は年平均25%ずつ増え、2020年にはインド家電産業の市場規模が290億ドル水準に達すると見込まれる。特に、世界平均に及ばない普及率の平面テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンなどに対する需要が大きく増えるものと予想した。1997年からインド市場に現地法人を設立したLG電子は現在、テレビや洗濯機などで現地シェアでトップを占めている。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/24415.html

【管理人コメント】
LG電子はアイデアと言う点では、韓国企業の中では優れているのではないか…。
日本企業とのかかわりも深いのだが…。

ついでにジカ熱等の危険度合いを画面隅にでも表示すればなお良いのではないか…。
是非自国で売れる商品開発の土台を形成してほしいと思うが…。
本来自国で売れない商品が海外で売れるわけがない。
同時にランク分けで先進国や新興国に分類するのが望ましいのだが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月17日 09:36 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp