韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  大宇造船問題、16年の国営造船会社の予告された破滅

大宇造船問題、16年の国営造船会社の予告された破滅

大宇造船海洋に対する監査院の監査結果を見て政府関係者が「世界2位の造船会社がこれほどまでに腐っているとは思わなかった」と言って嘆いたという。低価格受注と粉飾会計で実績を水増しし、労使の結託で「成果給祭り」を行うなど総体的な不正が確認されたことへの反応だ。

「今になって分かった」という政府関係者の反応は、監査結果に劣らず当惑する。身分も名もない平凡な人々も感づいていたことを、政府だけが知らなかったというのは職務放棄の告白と同じだ。大株主である産業銀行の放漫管理と大宇造船の不良経営が一日二日で生まれた問題ではないという点でそうだ。監査院が2つの会社の経営陣に不正責任を負わせたが、政府の過ちも劣っていない。49.7%の持分を持つ政府の安易な姿勢と故意的な放置が、大宇造船を予定された破局へと推し進めた。

通貨危機の余波で1999年ワークアウトに入った大宇造船は一時、構造調整の模範事例だった。産業銀行など債権団の出資転換を経てわずか2年後の2001年にワークアウトを卒業した。その時にすぐに新しい主人を探して公的資金を回収していたらハッピーエンドだっただろう。だが政府は16年近くもさまざまな理由を挙げて売却を先送りした。その間に大宇造船は「官僚マフィア」と「天下り」のアジトになった。経営陣は請託を聞き入れる代価として地位の保全に汲々としていた。


スポンサードリンク


その隙間で労組も自分たちの取り分を手にする、よく仕組まれた共生構造だった。監督しなければならない金融当局は天下った者たちの威勢のためなのか不良管理で一貫していた。内部が腐りきって収拾のつかない「国営造船所」が、ビジネスのジャングルで生存することは当初から不可能だった。さらには現代(ヒョンデ)重工業・サムスン重工業など完全な民間企業まで低価格受注と同伴不良の泥沼に導いた。

企業経営を政治領域に引きこんでいった労組と政治家たちの姿も恥ずかしい。労組は自社株制度を通した経営参加を主張した。ワークアウト卒業直後から始まった売却作業を漂流させた主な要因だ。ちょうどスタートした盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権は、実体が不明な世論を意識して「国民株」などを推進して機会を逃してしまった。「国営造船所」の破滅は反市場的政策の当然の帰結だ。
韓国経済新聞
http://japanese.joins.com/article/064/217064.html?servcode=100§code=110

【管理人コメント】
倒産する時は、過去の経営を監査し調査すればボロが出るのが大企業である。
日本ですらオリンパスや東芝等など…、不正会計は残念ながら今だ有るのが実情だ…。

大企業への監査は収益があり安定しているほど、指摘は受けないものである。
一転して経営難になると、国が補助するにあたり、経営状況を調査するが、常日頃、内・外部監査をはじめとした、行動はとられているが、経営部分の不正における監査ではない。いちいち監査しているのでは人がいくらいても不足してしまうわけで、企業自身が責任もって、自社管理できるシステムがあるわけで、ほとんどの企業が守っているとはいえ、合法という法の隙を見て経営しているのも事実。…、

ずっと今日まで日本企業の30%程度しか法人税を納めていないのも日本の特徴だ。内部留保金は300兆円を超えている。日本も不可解な経営を認めている部分が多分にあるわけで、法規制をしっかりと見つめなおす必要があるのではないか…、安倍総理の課題だろう。であるからさっさと内部留保金へ課税しろと訴えているわけだが…苦笑



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月17日 11:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
天下り
大宇造船は官民一体のスキャンダル、底なしに救済資金を吸い込む。

天下りが多いって?
慰安婦記事の植村隆氏は韓国のカトリック大学校の教授になりましたね。
これも天下りだ。
[ 2016/06/17 20:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp