韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子、VR・IoT事業で素早い動き

サムスン電子、VR・IoT事業で素早い動き

サムスン電子がクラウドサービス(データ外部保存サービス)技術を確保した。サムスン電子は米国のクラウドサービス企業「ジョイエント(Joyent)」を買収したと16日発表した。買収金額は公開されていない。今回の買収は、ソフトウェアとサービス事業の比重を高める長期成長戦略の一環だ。

米国サンフランシスコに本社を置くジョイエントは、ペイパル(PayPal)の創業メンバーだったピーター・ティール氏が初期資金を出したことで知られるクラウド企業だ。2004年に設立されツイッター・リンクトイン(LinkedIn)など世界的な大企業に企業用クラウドサービスを提供してきた。

クラウドサービスは超大型の大容量コンピューターにインターネットで動画・写真・文書などを保存し、必要な時に取り出して使えるようにする事業だ。ジョイエントは今回の買収でサムスン電子という大物顧客を自動的に確保することになった。これまでサムスン電子はアマゾンとマイクロソフトの企業用クラウドサービスを活用してきた。

だがクラウドサービス自体で収益を上げることよりもクラウド技術を社内外のソフトウェアサービスのインフラとして活用したりビッグデータなど第3の事業に活用したりすることのほうが大きな買収目的だと業界は分析している。


スポンサードリンク


例えばモノのインターネット(IoT)やバーチャルリアリティ(VR)などサムスン電子が未来の主力事業として目をつけたサービスは全て大容量データ伝送を基盤にしている。サービスが不安定にならないようにするためには十分なデータ保存の空間を確保しておくことが重要だ。各スマート端末の保存空間が不足する場合、ジョイエントのクラウドサービスが助けになりうる。

サムスン電子の無線事業部のイ・インジョン副社長は「サムスンペイやSヘルス、サムスンノックス(KNOX)のようなサービスをクラウド基盤によって強化できる」と話した。クラウドに集まった膨大なデータはビッグデータ分析を通じて個人のオーダーメード型サービスを提供するために活用される可能性もある。 サムスン電子の関係者は「ビッグデータはオーダーメード型サービスの提供において核心的な要素」として「サムスンの製品とサービスを一層消費者のために親和的に改善させるだろう」と説明した。

業界はジョイエント買収規模が2014年8月に買収したIoTプラットホーム企業のスマートシングス(2億5000万ドル、約2940億ウォン)、2015年2月に買収したモバイル決済サービス企業のループペイ(1億6000万ドル、約1880億ウォン)に続き3番目に大きい規模だと推算している。 サムスン電子内でスタートアップ投資・買収を担当するサムスングローバルイノベーションセンター(GIC)が実務を推進した。買収後もジョイエントは、会社名はもちろん主な運営スタッフもそのまま維持してサムスン電子米国法人傘下の独立法人として運営される。

デビッド・ウンGIC社長は「ストレージ・サーバー側に先端技術を保有するジョイエントがサムスンのグローバルビジネス力と手を組んで顧客に大きな価値を提供できるだろう」と話した。
中央日報
http://japanese.joins.com/article/074/217074.html?servcode=300§code=300

【管理人 補足記事&コメント】
クラウドサービス(特に、以下の分類でいうIaaS)では、主に仮想化技術が使われています。仮想化技術とは、実際に存在する1台のコンピュータ上に、ソフトウェアの働きにより、何台もの仮想のコンピュータがあるかのような働きをさせることができる技術で、逆に複数台のコンピュータをあたかも1台であるかのように利用することもできる。

この技術により、利用者は、クラウドサービス事業者が保有するコンピュータの処理能力を、柔軟に必要な分だけ利用することが可能だ。利用者から見て、インターネットの先にある自分が利用しているコンピュータの形態が実際にどうなっているのか見えづらいことを、図で雲のかたまりのように表現したことから、「cloud=雲」という名称がついたと言われている。

クラウドサービスは、企業が情報資産を管理する手段として急速に普及している。また、個人が利用するインターネット上のさまざまなサービスが、意識するかどうかにかかわらず、クラウドサービス上で稼働するようになっている。クラウドサービスを利用する場合には、データがクラウドサービス事業者側のサーバに保管されているということ、インターネットを介してデータなどがやりとりされることなどから、十分な情報セキュリティ対策が施されたクラウドサービスの選択が重要であるということを理解した上で利用することが大切となる。

サムスンが今頃と言う思いのほうが大きいが…、アマゾンとマイクロソフトの企業用クラウドサービスを活用してきたこと自体が、企業体質に表れているが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月17日 18:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp