韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国高速鉄道の輸出は「挫折」の連続、だが「性能や技術の問題じゃない」

中国高速鉄道の輸出は「挫折」の連続、だが「性能や技術の問題じゃない」

新幹線の輸出を推進する日本と同様に、中国も高速鉄道の輸出に力を入れている。インドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画は日中の受注競争のすえに、中国の受注が決定したが、それ以外の国では中国高速鉄道は「挫折続き」となっている。

米西部ネバダ州ラスベガスとカリフォルニア州ロサンゼルスを結ぶ高速鉄道計画において、米企業がこのほど中国企業との提携打ち切りを発表したほか、メキシコやベネズエラなどでも中国高速鉄道の建設計画は頓挫、タイ政府も高速鉄道の建設で中国側の資金を受け入れないと発表するなど、中国の輸出計画には問題が相次いで発生している状況だ。

中国メディアの捜狐はこのほど、中国高速鉄道には営業距離をはじめ、さまざまな世界一があると主張する一方、それでも輸出計画に失敗続きであることに対して「中国高速鉄道を貶めようとする言論が存在する」と主張、こうした言論に警戒すべきであると論じた。

記事は、米国やメキシコ、ベネズエラなどで計画が頓挫したことに対し、「あくまでも政治や経済、文化などを背景にした頓挫」であるにもかかわらず、一部で中国高速鉄道の技術や性能、さらには安全性に懸念があったためと問題をすり替えようとする言論が存在すると主張した。


スポンサードリンク


さらに、これだけ問題続きであるにもかかわらず、中国高速鉄道の技術力には今なお自信を抱いているようで、記事は「他国の高速鉄道に比べ、最速で発展してきた中国高速鉄道は中国が莫大な知的財産権を持ち、一連のシステムが完備され、営業速度も速いという事実は、誰も否定することはできない」などと主張。中国高速鉄道の輸出に対しては「自信と忍耐を持ち続けるべき」としたうえで、「計画頓挫という機に乗じて、中国高速鉄道を貶めようとしている」勢力が存在すると主張し、こうした言論が広がることに警戒心を示した。
http://news.searchina.net/id/1612304?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
中国初となるはずだった米国での高速鉄道建設プロジェクトが、米国企業側による突然の提携打ち切りで白紙となった。この件に関連して、中国メディアの第一財経はこのほど、「高速鉄道はリスクアセスメントを強めるべき」と題して、中国側の問題点を分析する記事を掲載した。

中国企業の中鉄国際集団と合弁で高速鉄道を建設する予定だった米エクスプレスウエスト社は、提携解消の理由について「高速鉄道車両の米国内での生産を求める米政府からの認可取得が難しい」ことなどを挙げた。中国高速鉄道の海外進出に共通した「リスクアセスメント不足」という問題が浮き彫りになった。 顕著なリスクとして「投資先の国情をよく理解していなかった」ことを指摘。自動車大国で、高速道路の9割以上が無料の米国では、近距離では自動車で移動することが多い。長距離では発達した空路を利用するため、新たに鉄道を敷いても利用率低下の懸念があり、中国が考えるほど米国は高速鉄道を歓迎していたわけではなかったとした。

根本的な問題として記事が指摘したのは「国際的な視野を持った人材の不足」だ。専門的な外国語と海外プロジェクトのマネジメントができる人材と、国際民商事法に熟知し国際ビジネス商談に精通した人材が欠けていたことが大きな問題だったとし、こうしたリスクが顕在化した結果として、中国にとって念願の米国への高速鉄道輸出が頓挫したのだと指摘した。

中国には研究開発から製造、施工、建設に至るまでワンストップで高速鉄道を輸出できる能力があり、「中国高速鉄道は日本やドイツの成熟した技術の基礎の上に改良を加えたものであり、経験やコストの面で勝っている」と主張した。強気の発言をしてはいるものの、今回の提携打ち切りは中国にとって大きな打撃だったのは間違いなさそうで、失敗の理由を分析する記事や、提携先だった米企業を批判する報道が相次いでいる。

アメリカ相手に新興国レベルの対応では困るわけで、挙句に中国の最近の動きはアメリカにとっては厄介である。米中経済は重要ではあるが、中国が近隣諸国を脅かすばかりではなく、国際社会においてアメリカに対抗する態度対応であるから、当然だろう~。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月18日 10:48 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp