韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  外国人観光客、日本に逆転を許した韓国

外国人観光客、日本に逆転を許した韓国

2010年を前後した頃、韓国は外国人観光客の誘致で日本を圧倒していた。実際の外国人観光客数の推移を見ると、11年は韓国979万人に日本622万人、翌12年は韓国1114万人に日本は836万人で、当時は韓国を訪れる観光客の数は日本を大きく上回っていた。両国の観光インフラだけで考えると、この数値は全く理解できないものだった。

「世界経済フォーラム」が公表している「旅行・観光競争力リポート(2015)」を見ると、日本は世界9位にランクし、29位の韓国を大きく上回っている。人口1000人当たりのホテルの客室数も6.4室で、これも韓国の1.7室のほぼ4倍だ。多くの集客効果を見込めるテーマパークの場合、日本には東京ディズニーランドや大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンなど、世界の5大テーマパークのうち三つがある。客が外国人と見ると、タクシー代を突然3-4倍に上乗せするようなことも日本ではあり得ないし、また店から手数料を取るため団体観光客をバスであちこち連れて回るようなケースも日本ではほとんど見られない。

それでもこの当時、韓国が日本よりもはるかに多くの観光客を誘致できた要因は、偶然に偶然が重なった奇跡だった。韓国にはKポップや韓流ドラマによるいわゆる「韓流」の効果で多くの外国人観光客がやって来ていたが、その裏には日本の不運もあった。2011年の東日本巨大地震と福島原子力発電所の事故による放射能への恐怖により、日本は「旅行に行きたくない国」になってしまった。また当時は円高が続いていたため、影響で日本を観光する費用も跳ね上がっていた。中国経済の急成長により始まった「中国人観光客特需」も日本に恩恵をもたらさなかった。尖閣諸島(中国名:釣魚島)の領有権問題で中国は自国民による日本観光を事実上統制し、これによって韓国に多くの中国人観光客が訪れた。


スポンサードリンク


しかし数々の偶然によって生み出された奇跡は長くは続かなかった。2015年には早くも日本1974万人に韓国1324万人と大きく逆転された。この逆転は不幸にも韓国で発生した中東呼吸器症候群(MERS)の流行だけでは説明できない。まず日本は中国との首脳会談を通じて関係を改善した。さらに円安も加わり日本はそれまで韓国に向かっていた中国人観光客を一気に取り込むことに成功した。

 それらの根底には日本政府による観光客誘致政策の効果が大きく影響していた。違法滞在者の流入を防ぐためそれまで厳しく制限されてきたビザ発給の要件を緩和し、中国や東南アジアからの観光客を取り込んだ。また格安航空会社(LCC)を誘致するため、成田空港にLCC専用のターミナルを設置した。高級ホテルなどでインターネット使用が有料だったことに外国人観光客から多くの不満が出ると、これを見直してコンビニエンスストアやファストフード店、さらに高速バスにも無料のWiFi(ワイファイ)を設置した。ホテルの宿泊料が高いことへの批判が相次ぐと、空き家や一般の住宅を宿泊施設として利用できるよう制度の見直しまで進めている。

韓国に対するベンチマーキング(優良な実例に倣って改善する手法)にも力を入れた。日本政府は観光客誘致にプラスになるとの理由から、韓国のロッテホテルやホテル新羅などの「韓国型免税店」を誘致した。済州島のウオーキングコース「済州オーレ」が成功しているのを参考に、九州の各自治体は「九州オーレ」を作って韓国人観光客を呼び込んでいる。人口減少が始まった社会において観光は「第2の内需」だ。日本政府は2020年までに外国人観光客4000万人の誘致を掲げ、今も汗を流して努力を続けている。ところが観光客誘致合戦で日本に逆転された韓国にはどういうわけか危機感すらない。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/17/2016061701856.html

【管理人コメント】
日本がせっかく確立した韓流を自分たちで壊し、挙句に中国へ寄り添ったわけで、日本ファンに対して何とも罪深い行動である。過去の韓流スターは、犯罪を犯したりと散々である。韓流スターも次世代となり中国で売れたとたんに、大喜びする韓国だったが、日本ファンと違って、長く続くわけはない。

すでに日本ファンも一部を除いては、寂しい限りだろう。
世界規模の日本音楽界に背を向けたわけである。日本で人気を得てはアメリカ進出しては失敗する。
中国で人気が出たとはいえ、映画などでは、中国トップスターと比較すれば大きな差だろう。

韓流ドラマで得た韓国のイメージは、定着するどころか、朴槿恵で終わりとなった…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月19日 11:19 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(4)
これもね。。。
韓流は韓国政府から補助金出ているから、最近までは、無料でテレビ局に配っていた。テレビ局はそこにCM入れて、制作費なしで稼いでいた。これは、日本、中国、香港、台湾どこでも。で、最近料金取り始めたら韓流は地上波から姿を消した。テレビ東京、東京MXはまだ無料でもらっている。地方局も無料でもらっている。それに安住していたフジテレビはドラマ制作の経験が5年飛んでいる。フジはドラマ制作で他局に勝てる訳が無い。おまけに、制作会社は在日や統一教会がそれなりにいる。他局の制作会社の在日や統一教会の社員は今は、いるか、数名。また、韓流俳優、女優は事件、事故を韓国で起こしている。私も含めて、日本を守る日本国民はその都度BPOやテレビ局にちくっているから、以前のような殺人俳優がNHKに出るようなことは今後はおこらないし、起こせさせません!!!
[ 2016/06/19 11:49 ] [ 編集 ]
たくさん来る
人数より金額で見るほうがインパクトが大きいんじゃないですか。
2015年の旅行収支、
日本は黒字 1兆1000億円、韓国は 7000億円レベルの赤字。

予想以上に来るから、日本の観光インフラは守りに回っていて、
ホテルは客室増設、WiFi環境改善、このへんはいいとして、
京都の四条通は車線を減らして歩道幅を拡張。満員電車状態に対策。
[ 2016/06/19 14:40 ] [ 編集 ]
日本国はトランジットを入れてませんから!ザンネーン( ´ ▽ ` )ノ
[ 2016/06/19 21:09 ] [ 編集 ]
さらに!
日本はクルー(パイロット、CAなど)も入れてないしね。これ結構な人数。
[ 2016/06/19 21:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp