韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日系車の好調な販売、客観的なデータで「高い信頼性」と紹介

日系車の好調な販売、客観的なデータで「高い信頼性」と紹介

日本車の品質や信頼性、安全性は世界的に高い評価を得ているが、中国メディアの新浪はこのほど、米国の調査会社J.D.Powerが発表した報告書を引用し、「日本車は信頼性ランキングで1位を獲得している」と伝え、客観的なデータにおいても日本車は高い信頼性を持つことが示されていると伝えた。

記事は、J.D.Powerがまとめた2016年の米国自動車市場における報告書を紹介。同報告書では、自動車100台あたりで発生した故障件数を数値化し、同数値に基いて信頼性を評価していることを紹介。

続けて、100台あたりの故障件数が低いほど信頼性が高いことを意味するとし、もっとも信頼性の高かった自動車ブランドはレクサスで、100台あたりの故障件数は95件だったと紹介した。また、2位はポルシェで97件、3位はビュイックで106件、さらに、4位はトヨタで113件だったと伝えた。

また記事は、信頼性の高い自動車ブランドトップ10には日本車が4ブランドもランクインしたことを伝え、レクサスが1位となったことについて、客観的なデータに基づいて評価した場合、日本車が数ある自動車ブランドのなかでも高い信頼性を持つことを指摘した。


スポンサードリンク


中国では近年、日系車の性能を正当に評価し、正しい情報を伝えるメディアも増えつつある。かつては「日系車の燃費が良いのは車重が軽いためであり、車重が軽いのは手抜きしているから」などといったデマをネット上でよく見かけた。今もこうしたデマが根絶されたわけではないものの、日系車の販売が好調であることから、消費者も理性的かつ正しい情報に基いた判断ができるようになっていることが分かる。
http://news.searchina.net/id/1612326?page=1

【管理人コメント】
平均故障間隔とは、機械システムや情報システムなどにおける信頼性(Reliability)をあらわす指標となる数値。英語のMean Time Between Failure(s)からMTBFと略される。JIS Z 8115で規定されている。

故障率に信頼度などは、日本の得意とする品質保証部門の検査でもあり、開発部門が計算値と実験から決める値でもある。
日本企業の得意分野ではないか…。特に精密機械分野や電気産業・自動車産業の企業では嫌と言う程、耳にする言葉ではないか…。

本来その値の信頼度を増すために、品質工学などや、シックスシグマなどがあり、今ではかなり浸透したのではないかと思うが…。その反面品質保証部門を社長直下から事業部制にしたときに、解散した企業も多い。これは失敗した事例でもある。

トヨタでは数年前に慌てて品質保証部門の強化を実施したが、一度ノウハウを貯めこんだ組織を解体すれば、元に戻すのは大変である。品質保証のノウハウ継承は企業ごと、独自ノウハウとして確立した来たわけで、今も困っている企業は多いのではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月19日 18:57 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
市場評価の定着
日本の国産車は車検以外は整備なしで10年15万キロくらい
走るのが大多数、それ以上走る人もいる。
Youtubeで途上国の道路風景を見ると、右ハンドルの白い
マークIIとか、型の古い日本車がくさん目につく。

中国は中古車輸入が禁止だから、経年車の故障情報は
新車ユーザーの実体験が中心で、それと口コミで市場評価が定まる。
中国市場では、ユーザーの実体験情報によるメーカー評価が
定着してきたとみられます。
中古車市場が活性化してきたらしいから、そこでの評判がまた
メーカ評価につながるでしょう。
[ 2016/06/19 20:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp