韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本の発展を見よ・・・技術の進歩は実践を通じてしか得られない

日本の発展を見よ・・・技術の進歩は実践を通じてしか得られない

中国メディアの中国伝動網は16日、日本の産業用ロボットが発展を遂げた道を思索することによって、中国の製造業の発展に活路を見出すことができると論じる記事を掲載した。

記事はまず、産業用ロボットの発祥は1960年代の米国だったと説明。それでも日本は1960年代の後半に米国の産業用ロボットを大量に購入、1970年代の中後期に日本の産業用ロボットは「米国を超えた」と伝えた。現在、産業用ロボット分野では日本企業は世界市場の半分を独占しており、米国企業の産業用ロボットは見る影もないと説明した。

続けて、日本の産業用ロボット成功の秘訣は、その技術を「巨大な市場が引っ張り上げた」ことにあると指摘。つまり日本の産業用ロボットの技術は、巨大な市場の中で実践応用され、問題の発見と解決が繰り返されることによって「絶え間なく向上した」という見方を示した。

記事の論点は明白だ。産業用ロボットの発祥は米国、つまり日本は後発国だったにもかかわらず巨大な市場を活用してその技術を向上させ、ついには米国を追い抜き、世界市場の半分を独占するまでになった。中国は現在、様々な産業において後発国だと言えるが、国内の巨大な市場を戦略的に活用すれば、様々な産業の技術を向上させることができるという主張だ。


スポンサードリンク


記事は、中国が巨大な市場を活用して技術を向上できる産業には「スマート工場に使用される最先端のロボット技術」だけでなく、伝統的な産業の両者が含まれると主張。巨大な市場を戦略的に活用してその技術を絶え間なく向上させてゆくなら、世界の製造業を牽引する国家になることができるというのが記事の見方だ。

技術の進歩は実践を通じてしか得られないという主張こそ、記事が強調する原則であり、日本の産業用ロボットはまさにこの原則が指し示す道を進み、発展を遂げたと記事は論じている。
http://news.searchina.net/id/1612411?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
産業用ロボットは人の腕のような形の「多関節ロボット」やICチップなどの電子部品をプリント基板に載せる「電子部品実装機」に大別できる。これら産業用ロボットの出荷額は2013年で国内外合わせて5037億円となり、ロボットの輸出額は上昇傾向にある。

多関節ロボットでは、安川電機の産業用ロボット生産台数で世界シェア1位を誇る。日本初の全電動式産業用ロボットとして誕生したMOTOMANは世界各国での自動車・電機関連作業を中心に活躍している。日本国内のシェアも高いです。2013年には日本の産業用ロボットメーカーで初の中国で産業用ロボット専用の工場を開設した。

産業用ロボットの分野で業界をリードし続けている不二越。産業用ロボットは主に自動車製造の分野で活躍している。不二越も安川電機と同じく中国で産業用ロボット専用の工場を開設し、売り上げとシェアを伸ばしている。

ファナックは産業用ロボット業界の多関節ロボットのトップメーカーで、自動車向け溶接産業用ロボットに強みがあり、売り上げはロボット部門のみで1400億円を超える。そのため、日本が世界1位のシェアの原動力はファナックにあると言われる。日本国内に生産工場があり、名実ともにメイドインジャパンのメーカーである。

川崎重工業は半導体向けクリーン産業用ロボットが強く、40年以上の経験と実績がある。あらゆる分野の自動化のためにカワサキの産業用ロボットは活躍し、日本国内シェアも高いです。2015年には安川電機、不二越に続いて中国で産業用ロボット工場を開設した。

ヤマハ発動機は自動二輪車やエンジン、マリン製品などに対応する産業用ロボットを展開している。また産業用ロボットが作った部品は高品質と低い故障率でハイブリット自動車や航空機で使用されている。

産業用ロボット国内シェアでも上位のパナソニックは電子部品実装機に強いメーカーで、主要顧客は海外の電子機器の受託製造サービスであるため、輸出出荷額のシェアは年々上がっている。技術が高いパソニックの産業用ロボットは「ロボットアームの制御」などで特許を獲得している。

ロボット王国日本とはいえ、今後は人工知能を備えたロボットへ展開してゆくのだろう。
中国が伸びてきているわけで、真似をさせれば得意な中国である。企業も人も余っているわけで、技術を学んで生産すれば、実に厄介だが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月20日 18:49 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
人材の差
ファナックは超優秀な奴が入る会社。安川は九州企業。ファナックの人材ははんぱない。例えばシリコンバレーレベルがはいるレベル。コマツもそうです。安川はすばらしい企業ですが、日本では次点ですね。安川は韓国に工場がある。別に最先端でもない。ファナックの??工場はやばい。??にしたのは、最近、このサイトに韓国人っぽい人がアクセスしているみたなので。。。ファナックとコマツの友人には絶対に韓国と商売するなと言っておきます。
[ 2016/06/20 20:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp