韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国ロッテの不正疑惑は、財閥の「慢性病」だ

韓国ロッテの不正疑惑は、財閥の「慢性病」だ

韓国を代表する財閥企業・韓国ロッテがスキャンダルで揺れている。2015年、創業者の長男と次男の間で後継者問題が勃発。闘争の末に、次男である重光昭夫(韓国名・シン・ドンビン、61)会長がなんとか経営権の掌握に成功した。本格的な経営体制が稼働した矢先、今度はグループ内の不正資金疑惑が発生してしまった。

韓国検察は6月10日、「グループ企業間の取引を利用して数十億ウォン(数億円)規模の裏金をつくった」として、韓国ロッテグループの本社や幹部の自宅などを家宅捜索した。200人の捜査官を投入した今回の家宅捜索は、ロッテグループにとってかなりの痛手だ。まず、グループ内中核企業の一つであるロッテケミカルが行っていた米国同業企業への買収提案を撤回。さらに、6月末に予定されていたホテルロッテの上場も無期限延期とした。

また、今春から韓国で大きな話題となっていた、加湿器用殺菌剤により死者が出た事件でも、殺菌剤の製造販売元の一つが韓国ロッテマートだった。同社の元代表は、業務上過失致死傷容疑で逮捕されている。

ロッテにとっては、まさに泣きっ面に蜂。しかも、何回も蜂に刺されているような状態だ。


スポンサードリンク


しかし、家宅捜索から約2週間が経ったが、「捜査当局は不正資金に関する決定的な証拠を確保できなかったようだ」(韓国経済誌記者)。ロッテは過去にも同様の疑惑を持たれ、捜査当局の手が入っている。今回も、創業者・重光武雄氏(韓国名・シン・ギョクホ、94)の執務室や、武雄氏の兄弟や側近のオフィスにも家宅捜索が行われたが、決定的な証拠をつかめなかったとみられる。

ただ、こうした財閥に対する捜査は、韓国ではいわば恒例行事だ。「韓国のいくつもの財閥が陥った困難な問題が、後継者問題で揉めている間に一挙に吹き出した」と、藤田東アジア研究所の藤田徹代表は見る。商社マンとして韓国とのビジネス経験が豊富な藤田氏によれば、現代(ヒュンダイ)やサムスン、錦湖(クムホ)アシアナなど、韓国有名財閥はいずれも不正資金問題や後継者問題が起きたという。

現代グループの故・鄭周永(チョン・ジュヨン)氏、サムスングループの故・李秉喆(イ・ビョンチョル)氏など、「強力なオーナーがいた財閥ほど、後継者の資質に問題があって揉めている」(藤田氏)。ロッテグループだけの問題ではない、ということだ。ロッテは、1940年代に日本へ来た重光武雄氏が日本で創業。1965年の日韓国交正常化の前後に韓国へ逆上陸。その後、日本人観光客にもおなじみのロッテ百貨店やロッテホテルなどの流通・観光事業や、化学事業などで成功を収めた。

特に日本の事業を長男・宏之氏、韓国の事業を次男・昭夫氏が担当、武雄氏がその上に立って経営を行うという企業統治がうまく回り、韓国でもトップクラスの財閥へと成長した経緯がある。今回の家宅捜索を受け、権力闘争で敗れ、捲土重来を図る長男・宏之氏は、日本ロッテにも経営正常化のための緊急協議の場を設けるべき、とロッテグループに要求している。実際に、上場を目指しているホテルロッテの株式の99%を日本側が保有している。韓国でのスキャンダルが日本ロッテの経営にも影響を及ぼす可能性も高まっている。
http://toyokeizai.net/articles/-/123529

【管理人コメント】
ロッテは手に負えないでしょう。
撤退的に疑惑解明で騒いでほしいものです。

社員の扱いからすべてインチキでは…?
その一方で朴槿恵へゴマをする。

日本ロッテにも影響はあるでしょう。良い印象は無い。また自国におけるロッテは韓流スターの宣伝効果は大きかったわけで、ロッテ財閥も終わりに近い。一方で、不思議と彼らを支えた日本人幹部が出てこないが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月21日 13:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp