韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「サムスン、未来の収益源先取り」別動隊を構成

「サムスン、未来の収益源先取り」別動隊を構成

サムスン電子がスマートフォンと通信装備・家電市場での掌握力を高めるために事業部を越えた連合チームを設けた。4月に京畿道水原(キョンギド・スウォン)の本社社屋21階に作られた「次世代事業チーム」だ。ITモバイル(IM)部門直属で作られたこのチームには、スマートフォンを作る無線事業部、通信装備を作るネットワーク事業部、消費者家電(CE)部門と半導体チップを作る部品(DS)部門から100人を超える核心人材が選ばれた。

チームを率いるネットワーク事業部長のキム・ヨンギ社長はこのほど中央日報の取材に対し、「変化が深刻な時に1歩先に進むには事業部間の力を集めシナジーを出すことが重要だ。第5世代(5G)通信市場で未来の収益源を先取りするためにサムスン電子のすべての事業部が力を合わせたもの」と話した。

次世代事業チームは5G時代に備えた連合チームだが、リーダーを引き受けたキム社長は無線事業部に比べ規模が小さく外部にあまり知られていないネットワーク事業部の出身だ。キム社長は「通信はインフラ(生産基盤)に該当するため」と説明した。

彼は「通信技術と端末製造技術は普段から協力を通じ開発する部分が多いが、新技術が導入される時はよりそうした傾向になる。ネットワーク事業部は各端末に最適化された通信技術を開発し、無線事業部は新しい通信技術に最適化された端末を作り、技術が商用化されればすぐに1歩先を行く製品とサービスを出すことができる」と説明した。「サムスン電子のスマートフォンが世界を掌握した背景のひとつは1歩先に立って通信技術を研究できた環境だ」という分析が出てくる理由だ。


スポンサードリンク


サムスン電子が連合チームまで設けたのは5G通信が提供するインフラが現在とは明確に異なるためだ。5G通信は現在の4Gに比べ最大伝送速度(20Gbps)が20倍程度速くなると予想される。超高画質(UHD)映画1本(5GB)が2秒でダウンロードでき、時速500キロメートルで移動しても通信が途切れない。

重要なのは5G技術がすべての機器が情報通信技術(ICT)に連結されるいわゆる「第4次産業革命」の導火線になるだろうという点だ。人と人をつないだ3G時代や、人と機器をつないだ4G時代とは比較できないほど多くのデータがリアルタイムに行き来する時代が5G通信時代だ。キム社長は「テレプレゼンス(遠く離れた空間に直接行っているような遠隔臨場感)が代表的な5G時代の姿だろう」と話した。
中央日報
http://japanese.joins.com/article/208/217208.html?servcode=300§code=300

【管理人 補足記事&コメント】
NTTドコモでは、現在、世界の主要ベンダーと連携して5Gの研究開発を行っている。現在のところ必要な要素技術の検証段階であり、標準化作業はこれから本格化するとしている。無線周波数に関しては、まず既存の周波数帯と2020年以前に割り当てられる周波数、加えて非免許周波数帯を利用し、その後2020年後に割り当てられるより高い新しい周波数を利用することになる。2017年頃から5G商用システムの開発が始まり、東京オリンピック・パラリンピックの年、2020年にサービス開始とされていますが、将来の周波数に対応できる拡張性が考慮されている。

5Gの主要性能は3つの領域に分かれ、それぞれに新しいサービスイノベーションに対置する。第1にデータ伝送速度で最高速度10Gbps・平均速度100Mbps、第2に遅延で1ミリ秒以下、第3はシステム容量で1km²あたり現行の1000倍の規格を設定している。伝送速度では4K・8Kの映像伝送、遅延では自動運転車の対応、またシステム容量では多数のデバイスやセンサーの同時接続を含めてクラウドやIoT、イベント会場等の密集環境での利用といった具体的なサービス上の活用が期待されているという。

となるとWi-Fiにせよ、このモバイルエッジコンピューティングにせよ、モバイルネットワークインフラとなる5Gの機能の幅を増すものであるから、付加されるサブシステムを含めて次世代の5Gネットワークの機能を最大限に引き出す取り組みが今後の課題でもあるのだろう~。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月21日 18:45 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
水原。。。
水原はサムスンの韓国国内の従業員の八割がここで働いています。特に家電のホーム。スマホもここでR&Dが行われていた。水原は柄の悪い街。まあ、日本人も数年前までいっぱいいました。いっぱいというのはある部門では上位20名が日本人という部門も!かなりの割合が日本人。。。という現実。しかし、現在は、金がないから以前のように日本人なら中堅で最低1000万というサラリーはないのと、ほとんどパクリなので、そういう風土について行けないため、日本人は激減というのが現実。かわりに、韓国の地方都市に日本人が赴任する。それが、東レであったり、安川、出光、HOYAであったり。。。まあ、韓国と中国向けだからよしとしますか。。。
[ 2016/06/21 19:10 ] [ 編集 ]
サムスンスマホ
サムスンスマホの先週の実売データでは16位と24位でした。着実に落ちていますが、2つとも30位圏外になるまで安心できません。しかし、京セラスマホは今やトップ3やね。以前まで、トップ10には入らなかったのに、今や常連。
[ 2016/06/21 23:03 ] [ 編集 ]
抜け駆け狙いだろう
5Gの課題は、
モバイル通信は通信スループットを引き上げないと
急増する通信トラフィックを処理しきれなくなる。
という課題であって、目下標準化競争。
そこでは最終的に1つの世界標準が作られて、参加企業が
創業者メリットを得る。デバイス市場、危機市場のメジャーを取る。
というビジネスチャンスです。

サムスンは英国の子会社を欧州のMETISという団体に
参加させているが、スキを見て抜け駆けを狙って
いるのでしょう。開発成果を早く出して、
「うちは出来た、世界中これでいこう」と主張する、という作戦。
[ 2016/06/22 00:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp