韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  北のミサイル技術よりも恐ろしいのは韓国社会の無関心

北のミサイル技術よりも恐ろしいのは韓国社会の無関心

22日に北朝鮮が中距離弾道ミサイル「ムスダン」2発を立て続けに発射したことを受け、韓国政府の内外では「北朝鮮のミサイル技術はかなりのレベルにまで到達したようだ」との見方が相次いで出ている。北朝鮮は第7次朝鮮労働党大会前の今年4月中旬から先月31日まで、合計4発のムスダンを発射したが、いずれも発射直後に爆発するなどして失敗に終わっている。

しかし今回発射した5発目は150キロ飛び、6発目は400キロ飛んだ。とりわけ6発目は成功、失敗を判断する基準とされる500キロに到達はしなかったものの、発射の角度を上げ1000キロ以上の高度にまで上昇したことから、成功に大きく近づいたと考えることもできる。

射程距離3000-4000キロとされるムスダンは、北朝鮮の軍事戦略において大陸間弾道ミサイル(ICBM)に劣らず非常に重要な位置を占めている。韓半島(朝鮮半島)有事の際、米国からの増援軍の拠点となるグアムや沖縄を射程圏内に入れられることがその理由だ。北朝鮮は韓国中部に対してはスカッドB・C、韓国南部と日本本土はノドン、米本土はテポドンあるいはKN-08で攻撃する計画だが、グアムなどを狙うムスダンはまだ試験が完了していなかった。しかし今回の発射でこの空白を埋め、北朝鮮はいわゆる「射程距離別ミサイルセット」の存在を誇示したかったはずだ。

また最近になって北朝鮮が開発に力を入れている潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)もこのセットに加われば、北朝鮮は核兵器を搭載可能な全てのレベルのミサイルを保有することになる。そうなると韓国はそれらの脅威に対して効果的な対抗手段もないまま、北朝鮮の前に完全な無防備状態となってしまうだろう。


スポンサードリンク


北朝鮮は今年1月に4回目の核実験を強行し、2月には大陸間弾道ミサイル「光明星4号」を発射したことから、国際社会からこれまでにない厳しい制裁を受けている。しかし北朝鮮はそのような中にあっても、挑発行為を全くやめようとしない。これは非常に深刻かつ重大な問題だ。つまり北朝鮮は国際社会からの制裁をものともせず、何があっても核兵器とミサイルの開発を放棄しない強い意志を持っていることを改めて示したわけだ。さらに最終的には米国に自分たちを核保有国として認めさせ、金正恩(キム・ジョンウン)政権の安全を保障させたいとも考えているはずだ。

韓国政府は発射が行われた22日、大統領府で国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き、今回の問題を国連安全保障理事会の議題とすることにしたが、それだけで状況が好転する保証などどこにもない。それでもまず当面は制裁を一層厳しくし、その結果を見守る必要はあるだろう。さらに北朝鮮の命脈を握る中国政府に対する説得にも力を入れ、北朝鮮に圧力を加え続けねばならない。

北朝鮮は今回、十分な時間をかけてこれまでの欠陥を修正し、改めて試験発射を行ったわけではなく、金正恩氏の一言によりわずか数日ごとにムスダンの発射を繰り返しているわけだが、これだけでも北朝鮮がいかに非理性的かが分かる。しかし韓国の各政党も国会防衛委員会さえ招集せず、通過儀礼のような論評を出すだけでやることは全てやったかのように考えている。ソウルの株式市場でも英国が欧州連合(EU)から離脱しないとの見方が一時広がったことで、株価は小幅ながら上昇した。韓国社会におけるこのような安易で無関心な考えや態度は、北朝鮮のミサイル技術が進展することよりもある意味恐ろしいことだ。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/23/2016062300922.html

【管理人コメント】
北朝鮮に圧力を与えれば与えるほどに、韓国は狙いやすいわけで、あれほど北朝鮮に寄り添って、統一と騒いだ朴槿恵は、あっという間に手の裏を返したわけで、これでは北は南を信用するはずもない。

次は狙われるのではないか…。
ただ南を制圧しても、北朝鮮はアメリカから攻撃を受けるだけで得は無い。
朴槿恵を狙うスパイはすでに配備されていると考えた方が良いのでは…。

今回のムスダンは韓国狙いではいつでも攻撃できることを示せたわけで…、
韓国だけだろう他人事と考えているのは…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月23日 12:06 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp