韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  国際 >  英、EU離脱・・・国民投票でBBCなど報道

英、EU離脱・・・国民投票でBBCなど報道

英国で23日、欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票が行われた。「離脱」か「残留」か依然として大接戦となっているが、開票中盤では離脱がややリードしており、ポンド相場は急落している。ロイター集計によると、投票地区382カ所のうち206カ所と北アイルランドの一部開票報道を合わせると、離脱が51.3%、残留が48.7%となった。離脱優位の情勢をにらみ、ブックメーカーは予想オッズを調整。ベットフェアのオッズでは、離脱の確率が79%に上昇している。

イングランド北東部ハートルプールとロンドン近郊のバジルドンでは離脱が70%近くに達した。サンダーランドでは離脱が61.3%と、JPモルガンの予想(56.5%)を上回った。ロンドンとスコットランドでは、残留支持者が多いと見られているが、現在の離脱リードの情勢を変えられるかどうかは不明だ。ハーリンゲイ・ロンドン特別区では、残留が76%となった。

ポンドは当初残留期待から上昇していたが、その後に10セント近く下落、史上最大の下げを演じた。0232GMT(日本時間午前11時32分)時点では5.6%安の1ポンド=1.4045ドル。ユーガブの調査によると、EU残留支持が52%となり、離脱支持の48%を上回った。投票所を出る有権者に対して実施する通常の出口調査とは違い、この調査は事前に選ばれた国民に対しオンラインで行われた。イプソス・モリが22─23日に実施した調査でも、欧州連合(EU)残留支持が54%で、離脱の46%を上回った。
http://jp.reuters.com/article/britain-eu-wrapup-idJPKCN0Z92P0


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
欧州連合(EU)離脱の是非を問う英国の国民投票は24日、離脱を求める票が残留を上回ることが確実になった。BBCなど英メディアが報じた。 EU加盟国が離脱を決めたのは初めて。統合と拡大を進めてきたEUは大きな試練に直面する。英国はEUを離れ、独自に各国との貿易交渉などに取り組む。日本企業も影響を受ける見通しだ。

英国は28~29日に予定するEU首脳会議で離脱を正式に通告するとみられる。これを受けてEUが対応を協議し、約2年間の離脱協議が始まる見通しだ。離脱すれば、EU域内の貿易は現在、関税がかかっていないが、イギリスが離脱した場合、域内の国に輸出する際に関税がかかる可能性がある。このため、イギリスで製品を生産するか、日本からイギリスを経由してEU各国に輸出している企業の販売への影響が懸念される。

投資家がリスクを避けて比較的安全な通貨とされる円を買い、円高が進む懸念もある。急激に円高が進めばどうなるのか、みずほ総合研究所は日本のGDP=国内総生産を0.1%から0.8%程度下押しする影響があると試算している。

離脱にほぼ決定だろうから、1ドル100円割れとなるだろう。株価も下がるわけで、税収も大きく低下する。
輸出企業は打撃を受けて、挙句にイギリス国内での1000社近い日本企業はどうなるのか…。。。

金融や市場への影響を懸念するだけでなく、一気に日本経済はアベノミクス前に逆戻りする事になる。イギリスには困ったものである。離脱は孤立を意味するわけで、日米貿易はより活発になると語った国のTOPは、目先しか見えていない様だ…。世界が一気に冷え込む事になるが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月24日 13:15 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp