韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  規模も体力も日本に遠く及ばぬ! 存続の危機に立たされる、中国のロボット企業

規模も体力も日本に遠く及ばぬ! 存続の危機に立たされる、中国のロボット企業

新たな製造業における目玉の1つとして、発展の期待がかかる中国のロボット産業。中国企業には日本などの強力なライバルとの競争が待っているが、現状では戦えるほどの体力を持った企業が育っていないという大きな問題を抱えているようだ。中国メディア・中国電子報が24日報じた。

記事は、中国国内にはロボット関連企業が800社以上と多数存在するものの、その9割が年間生産額が1億元以下と規模が小さいうえに分散している状態であると説明。著名企業でも、安川電機やファナックなど販売収入が100億元を越えるような大型外資企業に比べるとその規模がはるかに小さいとした。

また、2003年に日本国内の「強強連合」によって設立され、世界のロボット用減速機市場で独占的地位を確保しているナブテスコの販売収入額(2012年)に比べて、国内トップレベルの営業収入を誇る中国企業・新松機器人の営業収入(2015年)はわずか9分の1程度であると紹介している。


スポンサードリンク


記事はさらに、ナブテスコの減速機事業の収入が会社全体の4分の1程度であり、企業として安定した体力があることを説明。一方中国企業は「規模が小さすぎて、核心技術の研究開発を進めても、成果が出ないうちに会社が『餓死』してしまう」という難題を抱えているとする専門家の指摘を伝えた。

小規模な企業が乱立していて、強い実力や体力を持った大規模企業が出てこない、というのは中国国内の多くの産業分野が抱えている問題点だ。記事は、専門家が「今後2年ほどの激しい競争を経て、国内企業は少なくとも半分が淘汰されることになるとみている」と語ったことを併せて紹介している。強力な日本企業をはじめとする世界とがっぷり組んで戦えるようになるのは、業界再編が実現してからの話になりそうだ。
http://news.searchina.net/id/1612924?page=1

【管理人コメント】
ロボット大国である日本は、政府がロボット新戦略を打ち出すなど、少子高齢化が進む日本にとって、将来の働き手を担う可能性を秘めた重要な存在といえる。

世界のロボット分野における日本の地位について、シェアや基幹部品の生産でも大半を占めており、世界トップの位置を保持していると同時に、日本は出生率の低下や高齢化、労働力の減少、社会保障費用などの問題を抱えており、今後のロボット分野の発展は日本の未来に欠かせないだろう。

また、デジタル化やネットワーク技術、クラウド技術の向上に伴い、モノのインターネット(IoT)社会が現実になりつつあるわけで、欧米各国はこうした変化を強く意識しており、今後は「新たな科学技術改革の時代」になるため、新たなロボット応用の主導権争いが繰り広げられるのではないか…。

中国もロボット産業としては急速に伸びてきてはいるが、日本にはまだまだ追い付けない。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月27日 13:56 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp