韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  テスラに袖にされたサムスン それでもパナソニックに付け入るスキあり?

テスラに袖にされたサムスン それでもパナソニックに付け入るスキあり?

韓国の電機大手サムスンSDIが米電気自動車(EV)大手テスラ・モーターズに袖にされた。サムスンはテスラの新型EV「モデル3」に搭載するリチウムイオン蓄電池の供給を目指してきたが、調達先からあっさりと外されてしまったのだ。同社にEV用蓄電池をほぼ独占的に供給するパナソニックの壁は高く、表向き冷静な反応を装うサムスン首脳も内心ほぞをかんでいるにちがいない。

■株価が乱高下
「パナソニックと独占的に取り組んでいる」
テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は8日、短文投稿サイトのツイッターにこう書き込んだ。モデル3向け蓄電池について、サムスンからも供給を受ける方針とする一部報道を否定したものだ。

供給への期待感からサムスンの株価は7日に、前日比6.28%高の11万8500ウォンまで上昇したが、マスク氏のツイートをきっかけに8日は一転8.02%安の10万9000ウォンまで下落した。売り上げでみれば3分の2の規模でしかないテスラにサムスンが翻弄されている構図が株価からも浮き彫りとなった。

朝鮮日報によると、サムスンはこれまで、モデル3に蓄電池を供給するため総力戦を繰り広げてきた。マスク氏のツイートに同社は表立った反応を見せていないが、財界関係者は「テスラは調達先を多様化するような動きを見せてきたし、サムスンもテスラへの供給を目指して蓄電池の研究開発を進めてきた。こうした状況を否定するツイートに、サムスンは不意打ちを食らった様子だ」と、同社の狼狽ぶりを打ち明けたという。


スポンサードリンク


■テスラ症候群
テスラに振り回されているのはサムスンだけではない。韓国内のEV部品メーカーはテスラと手を組むというニュースが伝われば、株価が跳ね上がり、反対のニュースなら落ち込むという状況だ。韓国メディアでは、「テスラ症候群」との表現も頻用されている。

中央日報によると、MSオーテックやマンドはモデル3に軽量化部材やブレーキなどを供給すると報じられると、株価は大きく上がった。MSオーテックの場合、報道の1カ月前から株価が2倍以上に上昇して「内部情報が漏れたのではないのか」という疑いまで持たれているという。

テスラの影響力がこれほど大きくなっているのは、世界のEV市場で同社の台頭が著しいからだ。
来年末の発売を予定するモデル3は今年3月の予約開始から注文が殺到。すでに約40万台の受注を獲得している。昨年の同社全体の生産台数の約8倍で、日産自動車のEV「リーフ」の累計販売台数の3~4倍に当たる規模だ。

モデル3はテスラ初の大衆車で、米国の基本価格が3万5000ドル(約365万円)と現行車種の半額以下。1回の充電で走れる航続距離も約345キロメートルとリーフの280キロメートルを上回る。マスク氏は5月、2020年に昨年の20倍に相当する年産100万台を達成すると宣言した。

マスク氏はオンライン決済のペイパル、ロケット開発のスペースX、太陽光パネルのソーラーシティと、手掛ける事業で次々と注目を集めてきた。そのカリスマ性もテスラのブランド向上に寄与している。 朝鮮日報は「グローバル市場を牛耳る韓国の蓄電池メーカーがさほど関心を寄せていなかったテスラが、モデル3という革新的な車で脚光を浴び、両者の力関係は入れ替わった」と指摘した。
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20160627/ecn1606271540002-n1.htm

管理人コメント】
テスラのEV用蓄電池は韓国LG化学も供給するが、スポーツ車向けなどごくわずかで、パナソニックが事実上の独占状態を維持している。性能や品質面での優位性を保っているためだ。パナソニックはテスラと共同で米ネバダ州に、50億ドルを投じて巨大蓄電池工場「ギガファクトリー」を建設中で、年内に一部が稼働する。

もともとパナソニックとテスラの共同開発事業であるから、パナソニック独占は当然と言えば当然だろう。
サムスンはテスラ試作機で一時的に納入したのではないか…。パナソニックも九州の地震被害影響で納入が遅れているだろう…。サムスンに付け入るスキはない。 契約であるから当然だろう。

複数社購買の契約ならば、開発するための投資で工場を建設はしない。

 

関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月27日 18:42 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp