韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  英EU離脱、世界危機のたびに円高、日本の苦悩

英EU離脱、世界危機のたびに円高、日本の苦悩

「何がどうなっているのか把握すらできない」、英国の欧州連合(EU)離脱が決まったと報じられた24日、日本の産業用センサーメーカー、オプテックスの東晃取締役は「現時点では今後の欧州情勢を見守るほかない」とため息をついた。売上高全体の3分の1を欧州で上げる同社は、英国のEU離脱でもはや円安の恩恵にはあずかれなくなった。

英国のEU離脱が決まると、すぐに泣くことになったのは日本だ。円相場が2年7カ月ぶりに取引時間中に1ドル=100円を割り込んで上昇。円高で輸出競争力が低下することを懸念した株式市場では株価が8%近くも暴落した。2012年末に就任した安倍晋三首相が4年間で200兆円を放出してつくり上げた円安相場がわずか4時間で原点に戻ったとの声も聞かれた。08年9月のリーマン・ショックの際にも円は80円台にまで急上昇した。

韓国は危機が訪れると、ウォン安に振れ、景気回復には追い風となる。しかし、危機のたびに円買いが進むため、日本経済は景気回復が遅れることになる。市場が混乱すれば、世界の投資家は日本を資金の避難先として選ぶが、日本の景気回復にとっては「毒」になる。

■借金漬け日本の円が安全資産?
単純に考えれば、円が「安全資産」だという言葉は信じられない。日本は1990年代以降、「失われた20年」と呼ばれる不況を経験している。景気浮揚のためにう財政出動を続けた結果、政府債務が国内総生産(GDP)の250%に迫っている。昨年9月、格付け大手のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、日本の信用格付けを「シングルAプラス」へと1段階引き下げた。
 
スポンサードリンク


しかし、危機のたびに避難目的に円を買う世界の投資家は、日本政府の借金だけを見て、円を評価するわけではない。日本は1991年以降、25年連続で世界トップの対外純債権国の地位を守っている。日本政府は借金漬けかもしれないが、日本の企業と家計はこれまで輸出で稼いだ巨額の資金を海外に貸し出したり、投資したりしている。昨年末現在で日本の純対外債権は339兆円(当時のレートで約2兆8200億ドル)で、世界最多だ。2位ドイツ(1兆6200億ドル)、3位中国(1兆6000億ドル)の1.5倍を超える。危機に備えた外貨準備高も4月時点で1兆2625億ドルあり、中国に次いで2位だ。外貨準備高の源泉となる経常収支は1981年以降、黒字が続いている。昨年の日本の経常収支黒字は16兆4120億円で、前年(3兆8800億円)の4倍に達した。

■英国EU離脱による円高防止に全力
「アベノミクス」で円安に誘導し、低成長から脱出しようとした日本にとっては、英国のEU離脱は恨めしいに違いない。麻生太郎副総理兼財務相は24日、1ドル=100円のラインが崩壊すると、「必要時には確実に対応する」と市場に警告メッセージを送った。日本政府は10兆円以上を投入する追加補正予算を検討しており、日銀も来月の金融政策決定会合で追加的な量的緩和措置などを決定し、円資金をさらに供給することで、円安誘導を図るのではないかとの見方が出ている。

しかし、漢陽大のハ・ジュンギョン教授は「円安の再来には世界経済が順調さを取り戻すか、安全資産としての円の地位が低下する必要があるが、英国のEU離脱で世界市場の不確実性が高まった現在、その可能性は低いのではないか」と述べた。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/28/2016062800596.html

【管理人コメント】
借金漬け日本の円が安全資産?と言う語っているようでは、朝鮮日報は無能の集まりだろう。所詮韓国である。、日本と比較すること自体が論外だろう~。借金付けは韓国であるから、自国負債の対応を報じないと駄目ではないか…。

すぐに泣くことになったのは日本だと大喜びする韓国メディアである。日本政府は日本メディアが報じるほど焦りは無いだろうし、しっかり見つめて対応するだろう。借金付けの日本と言うのも、いい加減、言葉を変えたほうが良いのだが…。。。

挙句には、日本は1991年以降、25年連続で世界トップの対外純債権国の地位を守っている。日本政府は借金漬けかもしれないが、日本の企業と家計はこれまで輸出で稼いだ巨額の資金を海外に貸し出したり、投資したりしている。昨年末現在で日本の純対外債権は339兆円(当時のレートで約2兆8200億ドル)で、世界最多だという。

世界危機のたびに円高、日本の苦悩と言う題名だが、世界危機のたびに通貨危機の韓国よりははるかにましだろう~。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月28日 11:32 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
ドイツの苦悩
日本のSS製薬はいままでドイツ企業傘下でしたが、今回、フランス企業傘下に変わりました。ドイツのベーリンガーがSS製薬をフランス企業に売却したからです。また、VWはアメリカに一兆5000億円支払い。。。ってことはVWもヤバいが、ドイツ銀行もヤバいんじゃないのかな?
麻生サン!いまが赤坂のドイツ銀行とドイツ保険会社共有のビルを買い戻すチャンスです!
中外製薬とSS製薬はそのうち買い戻しましょう!あと日産ですか。。。フランスが極右になれば買い戻せる大義名分ができる!ルペンがんばれ!カルソニックカンセイはMBKパートナーズにはだめですよ。MBKのトップは韓国系アメリカ人ですからね!コメリでしたっけ、亀田でしたっけ?コーヒーチェーン店。あれもMBKなんだよな。。。
[ 2016/06/28 12:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp