韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  習近平主席、韓国首相に「THAAD反対」重ねて強調

習近平主席、韓国首相に「THAAD反対」重ねて強調

中国の天津で開かれた夏季ダボスフォーラムに参加するため中国を訪問した韓国の黄教案(ファンギョアン)首相が28日、中国の李克強首相との会談に続き、29日には習近平国家主席を礼訪して「対北朝鮮圧迫外交」を展開した。習主席は北朝鮮の並進路線に反対する一方で、朝鮮半島へのTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備問題には反対の立場を示したという。

29日、北京の人民大会堂で黄首相と会った習主席は、「中国も北朝鮮の核保有に断固として反対する」と述べたと首相室関係者が明らかにした。習主席はさらに「中国は安保理決議をすべて厳格に履行している。

中国は揺らぐことなく北朝鮮の非核化を実現する立場を堅持している」と述べた。これに対して黄首相は「北朝鮮の出方を変化させるためには、安保理決議の履行と対北朝鮮圧迫を続けなければならない」とし、「習主席が非核化に対する意志を表明し、実質的な措置を取っていることを高く評価する」と述べた。

首相室は習主席と黄首相のTHAAD関連発言を公開しなかったが、中国官営の新華社通信は、習主席が黄首相と会った席で、韓国が中国の妥当な安保憂慮に配慮し、米国の朝鮮半島に対するTHAAD配備計画を「慎重かつ適切に」扱うことを求めたと報じた。


スポンサードリンク


黄首相はこれに先立つ28日、人民大会堂で開かれた李克強首相との会談で、中国漁船の不法操業取り締まりも要請したと首相室は伝えた。これに対して李首相は「不法操業問題について韓国側と緊密に協力する」という既存の見解を繰り返し確認した。黄首相は29日、北京訪問日程を終え最後の訪問地の遼寧省の省都で東北3省の交通ハブの瀋陽に向かった。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/24514.html

【管理人 補足記事&コメント】
迎撃ミサイルであるTHAADの平均速度はマッハ7.24。ムスダンの速度がTHAADの迎撃範囲である高度50-140キロ区間でマッハ8-11であるため、迎撃は難しいという主張があるかもしれない。しかし2013年以降、太平洋上空で10回ほど実験を行った結果、THAADは正面から対応する場合、マッハ14まで迎撃できることが立証されたという。弾道ミサイルの軌跡をコンピューターで事前に予測できるからだ。

ただ、軍当局はパトリオットミサイルでは迎撃できないという結論を出した。パトリオットの速度がマッハ4.1であるため、いくら正面から対応しても倍以上も速いムスダンを迎撃するには限界があるからだ。驚くことに、米海軍イージス艦に配備されたSM3ミサイルではムスダンをすべての区間で迎撃できるという。米国型ミサイル防衛(MD)体系の威力だ。韓国海軍のイージス艦もソフトウェアなどシステムを補完すればSM3を配備できる。SM3は高度1500キロまで迎撃可能だ。

ロフテッド軌道で発射されると、ムスダンの弾道頂点がSM-3ブロック1Aの到達高度を超えてしまう。その場合は迎撃可能な高度に標的が降りてくるまで待たなければならない。標準の軌道と比べて落下速度にそれほどの違いは無いが、待っている分だけ対処が遅れるわけで、迎撃作業が難しくなる。ブロック2Aが配備されれば、ロフテッド軌道で発射されたムスダンを弾道頂点で迎撃できるようになる。日本の弾道ミサイル迎撃能力は飛躍的に高くなる。

現在、日米のイージス艦に搭載されているSM-3はほとんどがSM-3ブロック1A。米海軍はすでにブロック1Bへの移行を始めており、欧州の陸上型イージス「イージス・アショア」へもブロック1Bから配備されて行くとしている。ブロック2Aは日米が共同開発を進めている能力向上型で、日本は迎撃ミサイルのノーズコーン、第二段および第三弾の誘導・制御システム、第三段を担当している。ブロック2Aは2018年に配備が開始される予定だ…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月30日 10:30 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp