韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国は失われた10年を経験した日本経済の「二の舞」になるのか?

中国は失われた10年を経験した日本経済の「二の舞」になるのか?

中国メディアの環球網は28日付の記事で、中国経済の成長が鈍化していることについて、失われた10年を経験した日本経済の「二の舞」を演じる事になる可能性について論じている。

記事は日本が失われた10年を経験することになった「鍵になる原因」は、「ゾンビ企業にお金を貸し続けたことが日本の金融システムを崩壊させたことにある」と指摘、不良債権の整理に時間がかかり、経済成長が損なわれたとの見方を示した。

続けて「ゾンビ企業とゾンビ銀行の有害な相互作用が日本の実体経済の大動脈をふさいだことが、日本の生産性に対して現在に至るまで回復できないほどのダメージを与えた」と説明した。

中国でも近年、ゾンビ企業の存在が指摘され、問題視されている。世界的に批判の高まっている過剰生産が深刻化しているが、記事は中国経済が今後、日本経済の二の舞を演じるかどうかは「中国の指導者の意志にかかっている」と論じた。


スポンサードリンク


記事の主張は明確だ。手遅れにならないうちに血管の「詰り」を取り除く手術をすることが必要であり、中国の指導者層は中国経済の健康のためにこの手術を行う決定を下さなければならない、そうしなければゾンビ企業とゾンビ銀行によって経済の血管を詰まらせてしまった日本の二の舞を演じるという警告だ。

この手術は中国にとって国有企業の構造改革を意味するが、簡単ではない。国有企業は多くの働き手の受け皿となっており、淘汰させれば失業者が大量に生まれ、社会不安につながる恐れもある。そうした意味では、国有企業の改革は中国共産党の体制を崩壊させることにすらつながりかねないが、中国共産党の指導者たちにそれができるだろうか。党の指導者層は構造改革の必要性を理解していても、現在の過剰生産を見る限りでは国有企業は構造改革と逆に動いているというのが現状のようだ。
http://news.searchina.net/id/1613275?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
事あるごとに日本の失われた20年とか10年とか語るが、大きなお世話である。
とはいえ、バブル崩壊によって実質的に経営の破綻したゾンビ企業を銀行が追い貸しによって延命し、政府がそれを不適切な銀行監督政策で支援した結果、生産性の低い企業が数多く残って経済全体の成長率が低下したと言う事実がある。

しかしそれだけではない。小泉内閣で行われた郵政民営化を初めとする規制改革は、先進国では20年以上前に行われたものだが、それさえ抵抗勢力によって中途半端に終わった。それ以降の内閣では高度成長期の延長上のバラマキ政策が続けられ、低成長に戻った。

さらに言えば、経済の落ち込みに対して政府は、生産性を上げないで財政支出で総需要を支えようとしたため、非効率な公共事業が増えて財政を悪化させた。日銀はインフレ目標(0~2%)を実現できず、ゼロ金利の長期化はゾンビ企業を延命する結果になった。

という事であるから、大筋記事が言うことは間違いではない…。
で日本の二の舞になるのかという事については、次元が違う。
経済発展の違いを忘れてもらっては困る。そもそもが違うわけで…。。。
日本経済の「二の舞」という言葉は当てはまらない…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月30日 18:52 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(2)
日本のバブル潰し
自分は経済の専門家ではないのですが・・
色々と見てきた結果で申しますと
日本のバブル崩壊処理は、当時はアレで仕方がなかったのかな、と思います

マスコミは「バブル潰せ!」の大合唱であり
日銀の三重野(バブル崩壊の戦犯)を「平成の鬼平」と持ちあげていました。

今考えるに、アレは「在日に乗っ取られたマスコミ」による、意図的なバブル潰しの扇動だったとわかります。

現にアメリカは莫大なドルの供出により不良債権を一気に中央銀行に移しバブル処理を完了した。

マスコミによる扇動により財政出動を封じられていた日本政府としては、小出しに処理する他はなかった。
 


 
[ 2016/07/01 13:09 ] [ 編集 ]
サーチナの煽り
サーチナが正論を述べている。
政治体制がまったく異なる日中の比較だから、
バブルの対策方法は異なるわけで、中国政権に
問うのは、問題に挑む意志と力量があるかということ。
課題はふたつあって、
(1)構造改革で発生する失業者の救済策(転職先)の用意
(2)利権を失う共産党員の押さえ込み

(2)を強行すると内乱になりかねない。
日本を引き合いに出したのは、
「どうだ、日本は解決したが、あんたらは出来るかい?」
という煽りです。
[ 2016/07/01 13:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp