韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  小さな島国なのに謎だ!日本の経済力がこれほどまでに強いとは

小さな島国なのに謎だ!日本の経済力がこれほどまでに強いとは

日本の国内総生産(GDP)が2011年に中国に抜かれたことは当時、日本に大きな衝撃をもたらした。だが、中国の人口は日本の10倍以上に達し、国土も日本のほうが圧倒的に小さく、それでも日本は今なお世界第3位の経済大国だ。

バブル崩壊後、成長の停滞が続く日本経済に対し、中国では軽視する声も存在するが、中国メディアの一財網はこのほど、「小さな島が集まったような国の日本の経済力がこれほどまでに強いのは謎である」と主張、一般の中国人の目には見えない部分で日本経済は実力を高め続けていると論じている。

記事は、中国人旅行客の爆買いが日本経済に大きな恩恵をもたらしていることに対し、「爆買いがなかったら、日本はとっくにダメになっている」という声が中国国内に存在することを指摘する一方で、日本の製造業における強大な実力を見れば「多くの中国企業はまだ、よちよち歩きの赤ちゃん同然」と論じた。

続けて、日本はかつて「ハイテク製造業」と「経済先進国」の代名詞的存在だったとしつつも、日本は「今なお隠れた実力を持ち続けている」と指摘。


スポンサードリンク


日本が国外に莫大な資産を持つこと、製造業においても世界有数のシェアを持つ企業が数多く存在することなどを指摘したうえで、日本経済は冷戦時代の恵まれた環境を失い、バブルの発生と崩壊によって経済成長率が相対的に低迷して見えるだけと主張。「失われた20年」という言葉があることを指摘する一方、むしろ「正常に回帰するための20年」と呼ぶほうが適切と論じた。

また記事は、日本は技術革新を重視する国であると同時に、ハイテク製造業では相当な技術力を持ち、国外における資産は膨れ上がっていると主張。中国で見られるような「日本経済はもうダメだ」といった評価は完全に的はずれであり、GDPのような数値では計れない、一般の中国人の目には見えない部分で日本経済は実力を高め続けているのが現実だと論じている。
http://news.searchina.net/id/1613318?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
国内総生産は「ストック」に対する「フロー」をあらわす指標であり、経済を総合的に把握する統計である国民経済計算の中の一指標で、GDPの伸び率が経済成長率に値する.

日本はGDPがおよそ500兆円。中国は900兆円に迫っている。
名目GDPとは、実際に取り引きされている価格で推計されたGDPで、実質GDPとは、物価の変動分を除外して、計算したGDPで、実際に取引されている価格が、仮に2倍になった場合、名目GDPは2倍になり、実質GDPは変化しない。そのため、経済成長率を見るときは、主に実質GDPを見ることが多い。

戦後、アメリカに追い付き追い越せで日本経済は凄まじい発展を遂げてきたわけで、それでいて内需国である。中国は国はデカいが、新興国であり、まだまだ平均年収においても、日本と比較にならない。とはいえ大国で中国利用している世界企業にとっては、今でも中国は重要な位置ツケではある。人口が多いですからね~。これに勝る市場は無い。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月01日 09:47 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(3)
中国の捏造統計・・・
経済専門家と称するメディアの方々も一様に同じだが
中国の統計を使い論じても無駄でしょう
全てが捏造と統制の国なのに経済統計だけがマトモなわけもない
ソ連のGDPは世界2位でしたが、ソ連崩壊してみれば実際のGDPは1/2程度でした。

中国の実際のGDPも、公表の半分の5・600兆円程度だと言われています。
ただ経済を論じるには数字が必要であり
それは主に、中国が出してきた数字を使うしかないという現状は理解します。IMFですらそうですからね。

こんなバカげた国の未来を信じ、巨額投資をし続けた日本。愚かとしか言いようがない。
満州開拓に続く国家的失策でしょう。

とにかく中国・朝鮮半島には関わらない
これが日本の国家的な統一意志とならなければ
日本の未来は再び暗澹たる物となるだろう。

個人関係なら、詐欺的で信用のおけない人間とは
誰でも関わらない物だが。
これが国家になると「関わらざるを得ない」と言うものが多いが。
本当にそうなのだろうか?
もう一度日本人は歴史を見返すべきだろう。
中国と朝鮮と関わってどのような結果となったのか。
[ 2016/07/01 10:35 ] [ 編集 ]
尖閣防衛
中国には対日優位論と対日劣勢論の両方があって、
軍は対日優位論が勝っているから尖閣に接近してくる。

当然ながら国土防衛は自衛隊の使命です。
自衛隊は装備を強化して、尖閣防衛が重要な任務。
中国の不意打ちに備えた自衛隊駐屯が必要な情勢だ。
[ 2016/07/01 11:14 ] [ 編集 ]
日本とアメリカでしか
日本で貧民街といえば大阪の西成の長屋。しかし、この日本の貧民街と中国や韓国やその他の国の貧民街との違いは、日本の西成の長屋で育っても大学に進学できるということ。しかし、他国の貧民街出身者は大学に行けません。ただし、アメリカはアファーマティブアクションと言って、黒人、貧民街出身者、軍人経験者は積極的に差別的に大学行けるのです(逆差別)。つまり、日本は世界にまれに見る自由で人権が守れている。しかし!日本のマスゴミ、特に朝日、毎日、時事、共同、東京新聞、共産党、民進党は国連に日本は人権差別国と言いふらす。。。ちょっとは取材や調査して記事書きなよ!演説しなよ!偏見でもの言ったらだめだろう!
[ 2016/07/01 19:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp