韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「世界で最もスマートな企業50」からサムスンがはずれた理由

「世界で最もスマートな企業50」からサムスンがはずれた理由

「スマート・革新・変化・創造」。スタートアップから大企業まで関係なくみながうらやましがる価値だ。それでこの価値に誰がうまく近づいているのは常に関心事だ。マサチューセッツ工科大学(MIT)テクノロジーレビューは、2010年から毎年これをうかがわせる順位を発表している。「世界で最もスマートな企業50」がそれだ。「技術関連ビジネスを新しくした企業」を最低12カ月以上分析して観察して選ぶという説明だ。新しいビジネスモデルを作ったり、市場に魅力的な技術をリリースしたりした企業がリストの主人公になる。売り上げや収益、特許数のような量的指標は考慮しない。

当然、絶対的な基準ではない。それでも相当な示唆点を与える。今年は昨年上位にいた企業が大挙してはずれた。昨年2位だった中国シャオミの不在が最も特徴的だ。昨年は「『アップルの低価格バージョン』という事業モデルをこえた割引とモバイルメッセージのプラットホームとして成熟しつつある」と判断して革新的だと評価されたが、今年は50位圏外だ。スマートフォン市場内で新しさを提示できないからだ。ライバル会社も同じ境遇だ。アップルも昨年16位だったが今年ははずれた。2014年に4位だったサムスン電子は昨年に続き今年もリストにない。

今年の1位はアマゾンが占めた。アマゾンの「人工知能(AI)アレクサ(Alexa)が音声サービスで成功を収め、アマゾンウェブサービス(AWS)の企業クラウドコンピューティング事業が特に有望だ」とした。特に2位である中国バイドゥが目を引く。正確で高い言語認識水準の音声認識エンジンを開発し、自律走行車研究チームを稼動していると紹介した。2014年シリコンバレーに研究チームを作り今年100人以上を雇用して2018年の自律走行運行に挑戦する。ファーウェイ(10位)、テンセント(20位)、Didi Chuxing(滴滴出行、21位)、アリババ(24位)など中国企業の躍進は相変わらずだ。韓国企業では唯一クーパンが44位に入った。


スポンサードリンク


もう1つの示唆点はマイクロソフト(26位)、ボッシュ(33位)、ネスレ(36)、IBM(45位)、インテル(49位)、モンサント(50位)のような「オールドボーイ」の健在ぶりだ。リストを見回してみると革新に向かう近道や公式はないように思われる。テスラ(4位)、ファーウェイ、ネスレの間で果たして共通点を見出すことができるだろうか。ただ各分野で解決したい問題において情熱を傾けているだけだ。その間、私たちは本質でないものなどに過度に力を抜いていて心配だ。どんな呼び方が水平的なのか何を着るべきかはそれこそ力添えにすぎず、韓国ではこれによって成し遂げようとするものが何なのか見えないからだ。
中央日報
http://japanese.joins.com/article/672/217672.html?servcode=100§code=120

【管理人 補足記事&コメント】
中国企業がランキング上位に食い込むのは初めてではなく、前年も上位10位に3社が入っている。スマートフォンメーカーの「シャオミ」、インターネット通販の「アリババ」、チャットアプリケーションなどを手掛ける「テンセント」だ。今回テンセントとアリババは20位と24位。シャオミは圏外となっている。

ちなみに日本勢では、例えば17位にトヨタ自動車が入っている。人工知能(AI)技術の研究所をシリコンバレーに設立し、約10億ドルを投じる計画を打ち出したのが理由だ。海外企業がMITから「スマート」と評価をもらうためには、米国、シリコンバレーなどへの投資や雇用作りというのも、ある程度重要なようだ。

サムスンと関連を持つ中央日報である。
当然、絶対的な基準ではない…、何かと理由をつけたいのだろう~。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月01日 12:04 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp