韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  尖閣すでに戦争状態 中国機「攻撃動作」6月に複数回 空自機を正面から威嚇

尖閣すでに戦争状態 中国機「攻撃動作」6月に複数回 空自機を正面から威嚇

東シナ海の軍事的緊張が高まっている。中国海軍の艦艇が日本の領海や接続水域に相次いで侵入していたが、ついに中国軍の戦闘機が航空自衛隊の戦闘機に攻撃動作を仕掛けてきたのだ。空中戦寸前といえる事態は、6月に入って複数回発生しているという。暴走して完全に一線を越えた中国軍。日本は現在、参院選(7月10日投開票)の真っただ中だが、政治家も国民も「今そこにある危機」を認識すべきではないのか。

「中国軍艦の領海侵犯と同じように、空でも少しずつステップアップして、それを常態化させる狙いだろう。空自機はミサイル攻撃を避ける『チャフ・フレア・ディスペンサー』(ミサイル誤誘導装置)を使ったようなので、パイロットの負担は相当だったはずだ。このまま放っておけばエスカレートして、空自機が撃墜される事態も起きかねない」

軍事ジャーナリストの世良光弘氏はこう指摘した。 中国機の暴挙は、元空自航空支援集団司令官、織田(おりた)邦男元空将が6月28日、インターネットのニュースサイトに「東シナ海で一触即発の危機、ついに中国が軍事行動」という記事を発表し、産経新聞や毎日新聞が29日、防衛省幹部らの証言を加えて報じ、一気に広まった。

萩生田光一官房副長官は同日の記者会見で「17日に中国軍用機が南下し、自衛隊機がスクランブル発進をしたことは事実」としたうえで、「攻撃動作やミサイル攻撃を受けたというような事実はない」と説明した。


スポンサードリンク


ただ、産経新聞は30日朝刊で、政府関係者の「あれだけの距離に接近したのは前例がない」とのコメントに加えて、以下のように伝えた。《空自機は中国機の周囲を大きく回り込み、後方から真横につけるポジショニングを試みた。中国機パイロットの顔が見える位置から信号射撃などを行い、退去を呼びかけるためだ》

《中国機は想定外の行動に出る。空自機に対し機首を向け、正面から向き合う体勢をとったのだ。織田氏は『これはいつでもミサイルを撃てる戦闘態勢で、事実上の攻撃動作といえる』と指摘する》

《空自機は不測の事態(=空中戦に巻き込まれるなど)を避けるため同空域からの離脱を図ったが、中国機はこれを追尾。空自機は敵機のレーダー誘導ミサイルなどを撹乱する装置を噴射しながら危機を脱した》

何と、こうした事案は6月に入って複数回発生しているという。 緊張状態が高まっているのは空だけではない。 中国海軍のジャンカイI級フリゲート艦が6月9日、沖縄県・尖閣諸島の接続水域に侵入したのだ。中国の軍艦が尖閣周辺の接続水域に侵入したのは初めてで、約2時間20分も航行した。

さらに、中国海軍のドンディアオ級情報収集艦が6月15日、鹿児島県・口永良部島の西方海域の日本を領海を侵犯した。同艦は約1時間半も領海侵犯を続けた。 日本の領土・領海・領空を守る自衛隊の現場は、極度の緊張感を強いられているようだが、参院選では浮世離れしたような議論もみられる。

共産党の藤野保史政策委員長が26日のNHK番組で、「軍事費が初めて5兆円を超えた。人を殺すための予算でなく、人を支えて育てる予算を優先させていくべきだ」と発言して、引責辞任に追い込まれたが当然だ。同党は綱領に「自衛隊の解消」を掲げ、沖縄からの米軍基地撤去まで主張しているが、一体、国民の生命と安全をどうやって守るつもりなのか。
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160701/plt1607011140002-n1.htm

【管理人コメント】
日本政府は、沖縄米軍に要請をだして、自衛隊空軍とともに、中国軍を撃退してほしいものである。
沖縄国民にも分かってもらうチャンスでもある…。
中国軍が日本或は沖縄にとって大変な脅威であることを理解しないと、沖縄問題は解決しない。

沖縄問題は理解はできるが、歴史を振り返れば、米軍撤退の前に縮小しても移設が先となる。
日本は戦後アメリカ監視下に置かれたままであるから、そういう意味では戦争責任においては終了してはいるが、アメリカと同等になったわけではない。日米同盟強化は日本が自立するための通り門である。今は中国軍そして北朝鮮から自国を守る体制つくりを徹底したいものだが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月01日 13:12 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(2)
自衛隊は動画の証拠撮影をすへき
このニュースは最近幾度も見たが、証拠となるものの提示がなく、真偽についてはっきりしない嫌いがある。
自衛隊はこの中国の行動を、遠慮なく動画撮影して公にすべきだと思う。全世界に中国の危ない行動を披歴してもよいのではと考える。
[ 2016/07/01 13:52 ] [ 編集 ]
とにかく世界へ領空侵入、領海侵入はニュースで流しておくこと
自衛隊は全て動画撮影はしています、ただ画像見ても中国の飛行機であるということと、撮影時間それしか、わからない、広い空でここからここまでが日本の領空とは解かりませんね、とにかく中国軍は自衛隊を試しています、先週も尖閣の領海に未明の2時に侵入、暗闇に紛れれば見つかりにくいと思ったのでしょう、24時間自衛隊は監視していますよ、中国大使が外務省にあの時間に呼びつけられて抗議されたが,大使も知らなかったのでしょう、異例のことです、どこに中国軍の潜水艦が潜っていようと海上自衛隊は常に追尾しています、当然米海軍もお互い情報は共有しています、総理から海上警備行動命令が出れば即、撃沈します、アスロック魚雷は外す事はありません、自衛隊を甘く見てはいけませんね
海底の、日本の領海に敷設してあるソナーケーブルの切断もあちこちで試みていますね、中国軍もやることがないのでしょう、今日現在、米海軍の2隻の空母機動部隊も南シナ海に展開していますので中国軍は何も出来ないでしょう

1940年頃の大日本帝国への白人社会からの経済封鎖から見れば、大和民族の生存に関わるほど、そんなに切羽詰まったものでもないし石油も食料も、輸入も輸出も順調です、あまり戦争を扇動しないほうが宜しいと思います、やる時はやりますから、自衛隊の指揮は高いですよ、人間1度は死ぐのですから
災害派遣など本来自衛隊の仕事ではありません
まず、中国軍が領海侵入したら、今日も侵入、今日も侵入と世界へ向けてニュースで流しておくこと
中国も国際社会と仲良くやらないと、もうすぐ中国経済も行き詰まる、ソフトランデングはしないと思う
ソ連の二の舞い、共産主義者の末路は同じ、それまで日本は挑発に乗らない、ただ中国軍の下手糞パイロットにスクランブルの自衛隊機が当てられると災難だなー、とにかく操縦レベルは低いからねー
[ 2016/07/01 17:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp