韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  米国にはモノを言う翁長知事、中国の不穏行動にはまたダンマリ

米国にはモノを言う翁長知事、中国の不穏行動にはまたダンマリ

尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある接続水域に9日、中国軍艦が侵入し、石垣市民に強い衝撃を与えた。この海域では、中国海警局が派遣した船が「パトロール」と称して常時航行を続けているが、中国軍艦の航行は初めてだ。

尖閣強奪に向け、実力行使をエスカレートさせる第一歩と受け止められた。市民からは「このままだと、落ち着いて島に住んでいられなくなる」と不安の声が上がる。 中山義隆市長は「政府には毅然とした態度を取ってほしい」と訴え、市議会は直ちに中国に対する抗議決議を可決した。

しかし、不可解なのは、もう1人の当事者、翁長雄志知事の態度である。あれほど饒舌に「米軍基地反対」を唱える翁長氏が、この危機に一言もコメントせず、沈黙を守り続けたのだ。

石垣市区選出の砂川利勝県議は「軍事的な脅威が沖縄に迫っているのに、どうして黙っているのか理解できない。離島軽視ではないか」と憤る。市民の男性は「中国に抗議する気があるのかないのか、知事は旗幟(きし)を鮮明にすべきだ」と指摘した。


スポンサードリンク


翁長氏が中国の脅威を語らないのには理由がありそうだ。
米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対し、米軍属の女性殺害事件に抗議して海兵隊撤退を求める県民大会にも参加した。今さら「尖閣を守るために、やっぱり米軍に駐留してほしい」とは言えない。知事を支持する共産党や社民党などの革新政党も、そんな発言を許さないだろう。

翁長氏の後ろ盾である沖縄メディアに至っては、中国軍艦の航行で石垣市民を心配するどころか「日米両政府が在沖米軍基地強化の口実にする恐れがある」(琉球新報)などと、見当違いな「懸念」を表明するありさまだ。県民大会参加を表明した際のインタビューで翁長氏は「沖縄だけに基地を押しつけて『中国は怖くないのか』というのは、大変エゴイスト的に感じられる」と言い放った。

しかし、中国の圧力をまともに受けている国境の島の住民としては「おっしゃる通り」と引っ込むわけにはいかない。中山市長、宮古島市の下地敏彦市長らは17日、県庁を訪れ、尖閣は沖縄県の行政区域だとして、領土・領海を守る取り組みの強化を要請した。要するに、石垣島や宮古島の市長が、こんな分かり切ったことを、今さら知事に要請しなくてはならない現状なのである。

翁長氏は、中山市長らが県庁に到着する直前に出張し、副知事に要請書を受け取らせた。反基地だけでは沖縄の平和は守れない。翁長氏には、離島住民の厳しい視線を正面から受け止める度量を持ってほしい。
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160701/dms1607011550010-n1.htm

【管理人コメント】
中国の回し者である翁長氏では、文句を言う事は無いだろう。中国に行っておもてなしを受けているわけで、こんな奴が沖縄県知事とは困りごとだが…。とはいえ沖縄における米軍基地問題は重大だが、敗戦国である日本の弱さは、米軍の監視下にある日本という事だ。次第に各国首脳の世代交代で、日本もいずれアメリカから離脱するだろう。そう遠い話ではない。

その分自国を守る負担と言うのは大きい。中国が尖閣を含めて沖縄を乗っ取る可能性が有る以上、日本は自国を守るための軍事行動が不可欠となる。今までアメリカが日本を守ってきたわけで、安倍政権下で同盟を強化し、次の政権で米軍撤退となるのではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月01日 18:51 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
外患罪対象人物
もし支那有事が発生すれば、外患罪で真っ先に処刑される。。。それが翁長です!

それを覚悟での反日です!。。。支那工作員として最早抜けれません!

いつまで、何処まで支那を信じて居られるか?。。。今後が楽しみだな!
[ 2016/07/01 21:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp