韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日本人と中国人、贅沢品を購入するうえでの動機の違いとは?

日本人と中国人、贅沢品を購入するうえでの動機の違いとは?

中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人と中国人はどちらも贅沢品を買うが、その動機はまったく違うものだと論じる記事を掲載した。

記事は贅沢品を買う中国人の動機は「見せびらかす」ことにあると指摘。「中国では贅沢品のブランド価値が重視され、商品そのものの実質的な価値は重視されない」と説明。贅沢品を購入する中国人消費者は「贅沢品によって自分の経済力と社会的地位を証明し、また他の人と競い合う」と指摘した。

一方の日本人の場合は「必要に迫られて」贅沢品を買うと説明。この必要性の理由として「日本の生活は非常忙しいため、多くの人は自分を慰めるために贅沢品を買うのだ」と説明。さらに「日本はブランド志向の強い国であるため、もしサラリーマンがブランド品を持たないなら職場での競争力を失ってしまう」とも主張、この点をさらに強調し、日本では友人に対する必要性よりブランド品の必要性がはるかに高いと論じた。

日本人のなかにも見せびらかすために贅沢品を買う人はいるかもしれないが、一般的に言って、中国人の場合この気持ちは日本人に比べてかなり強いようだ。記事は一枚の風刺画を掲載しており、ある女性がカップラーメンをすすりながら20万元(約320万円)するバッグをぶら下げている様子が描かれている。


スポンサードリンク


中国では自分の資力を超えた車や携帯電話を買う、また友人の結婚式にご祝儀を出す際も、友人に対してメンツを立てるために自分の資力を超えたお金を包むということもある。現在の中国には物や経済力によってメンツを立てようとする強い傾向があるためだ。

日本では「ミニマリスト」としての生活を愛する人が増えているという。モノをできるだけ持たないことによって、モノの価値に左右されない本当の自分らしさを確立する生活スタイルのことだが、いつか中国にモノが溢れるようになったとき、中国人にもこの生活スタイルを好む人々がきっとあらわれるに違いない。
http://news.searchina.net/id/1613354?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
世界的なプライベート・エクイティ・ファンドであるアメリカのベインキャピタルが去年10月に実施した調査によると、中国人消費者は世界贅沢品の3割ほどを購入し、依然として世界最大の贅沢品買い手となっている。中国国際放送局日本語版が伝えた。

消費者市場の戦略的調査を行うイギリスのユーロモニターが公表した最新データでは、フランスを旅行する中国人観光客は、買い物を旅行予算の40%を買い物に充てているという。また、中国国家観光局の統計では、2015年の中国海外観光客は1.2億人に達し、旅行消費は1045億ドル、それぞれ同期比12%と16.7%増だった。

中国の大手観光サイト「螞蜂窩」と中国観光研究院が共同で発表した「世界観光報告2015」によると、中国の観光客は買い物での消費が一番多く、観光費用の55.8%を占め、交通、飲食と宿泊の消費はそれぞれ13.1%、10.5%、9.7%を占めているという。

日本人は必要に迫られてと言うのは??でしょう。
必要に迫られる贅沢品と言うのは理解しがたい…。
自分を慰めるためにと言うのは増えているようです~。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月02日 09:19 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp