韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  「自動車大国」を標榜していた日本が、今や「自転車大国」になり下がっている

「自動車大国」を標榜していた日本が、今や「自転車大国」になり下がっている

昔とはかなり状況は変わってきているはずだが、日本人のイメージのなかで「自転車大国」と言えば、依然として中国だろう。ただ、近年急増した中国人観光客に言わせると「むしろ日本の方が自転車大国じゃないか」ということになるらしい。中国メディア・央広網は6月28日「自動車大国だった日本が、やむなく自転車大国に変身した」とする記事を掲載した。

記事は、「自動車大国」を標榜してきた日本のメディアが以前、中国を「自転車大国」と形容するのを好んできたと紹介。しかし、訪日した中国人観光客は、日本国内が自転車であふれていることに気付くとした。そのうえで、中国の自転車保有数が2.7人あたりで1台なのに対して、日本は1.5人あたり1台であるとのデータを示し、日本の「自転車大国」ぶりを説明した。

また、「自動車大国」から「自転車大国」へと変化した背景として、若者層の自動車離れのほかに、家計における教育投資の割合が増加し、自動車を購入、所有する余裕がない家庭が増えたことを挙げた。そして「単に、環境保護を重視しているという理由だけでなく、経済レベルが低下したことも、重大な原因なのである」と締めくくっている。


スポンサードリンク


地下鉄や電車などの公共交通が発達した大都会では、自動車での移動が逆に「足かせ」になることがしばしばある。また、大都会に限らず、比較的古い時期に街が形成され、細い路地が網の目のように通っている近郊都市、地方都市でも、自動車よりも自転車のほうが便利な移動ツールになる。

「自動車大国」から「自転車大国」への変化を「やむを得ない」とする認識は、必ずしも全ての事情を把握しているとは言えないのではないだろうか。経済的な面で「やむを得ない」という点は否めない。ただ、かつての「自動車所有がステータスで、どんな場所でも自動車を持ちたがる」から、「自動車が必要なら自動車を、自動車より自転車が便利なら自転車を使う」への、社会的な成熟、進歩という点も見逃してはならない。
http://news.searchina.net/id/1613357?page=1

【管理人コメント】
通勤で駅まで自転車と言うパターンは多いですからね~。
夜に青空自転車置き場などでは、自分の自転車探すのが大変ですが…。

自動車を購入、所有する余裕がない家庭が増えたことを挙げ、挙句に「単に、環境保護を重視しているという理由だけでなく、経済レベルが低下したことも、重大な原因なのである」というが、よく観察するべきだろう~。

自転車が多い事が経済低下とするのは、中国だろう。
日本に当てはめてもらっては困る…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月03日 09:13 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp