韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、エコカー普及に3兆ウォン…2020年までに新車の30%目標

韓国、エコカー普及に3兆ウォン…2020年までに新車の30%目標

政府が2020年までにエコカーを普及させ、電気自動車の充電所などインフラの拡充に約5兆ウォン(約4500億円)を使用することにした。環境部・企画財政部・産業通商資源部は1日、こうした内容の「粒子状物質管理特別対策細部履行計画」を発表した。先月3日に出した「粒子状物質管理特別対策」の後続措置だ。

李定燮(イ・ジョンソプ)環境部次官は「2020年までエコカーの普及に3兆ウォン、充電インフラに7600億ウォン、老朽ディーゼル車早期廃車に1800億ウォンなどを投入することにした」と述べた。エコカーの普及とは政府が車両購入費の一部を補助することをいう。消費者が一般の車に比べて価格が高いハイブリッド車・電気自動車・水素自動車などエコカーを購入できるようにするためだ。現在エコカーの比率は年間新車販売(160万台)の2.6%だが、政府は2020年までにこれを30%(48万台)まで引き上げる計画だ。

老朽ディーゼル車早期廃車支援は、2005年末以前に登録されたディーゼル車104万台のうちディーゼル微粒子除去装置(DPF)を装着していない車が対象。政府は廃車補助金(自動車1台あたり最高700万ウォンから最低10万ウォン)を首都圏と5大広域市のほか首都圏以外の市・郡に拡大し、2019年までに早期廃車を完了する方針だ。


スポンサードリンク


また、政府は先月28日に「2016年下半期経済政策方向」で明らかにしたように、2006年末以前に登録されたディーゼル車を廃車して新車を購入する場合、一時的に6カ月間、個別消費税も70%(100万ウォン限度)減免することにした。企画財政部のヤン・チュンモ成長戦略政策官は「個別消費税減免は租税特例制限法が改正されしだい6カ月間適用する計画」と説明した。

インフラ構築に投入される7600億ウォンは電気自動車充電所を3000基、水素ステーションを100基に拡大するのに使われる。政府はこのほか、稼働から30年過ぎた老朽火力発電所10基の処理案などを含む「石炭火力発電所粒子状物質低減案」を5日に発表することにした。また、DPFを搭載していない老朽ディーゼル車が2017年からソウル市、2018年から京畿道・仁川市で走行できないよう取り締まることを骨子とする「老朽軽油車首都圏運行制限(LEZ)」案も今月中に確定することにした。

しかし今回の計画に基づく予算が適期に確保されるかは未知数だ。李定燮次官は「関連予算を今年の補正予算に反映するかどうかは確定していない。今後、予算当局と話し合う必要がある」と述べた。
中央日報
http://japanese.joins.com/article/769/217769.html?servcode=300§code=300

【管理人 補足記事&コメント】
日本では、直近では2013年に経済産業省が1005億円の補助金を計上。それまでの制度より補助率も大幅に引き上げ、2014年3月までに急速充電器4万基、普通充電器6万基を整備すると掲げた(基数はガソリンスタンド並みの充電カ所数を整備するところから算出された)。だが、設置者は少なく、不発に終わっている。

EV利用者の客寄せを狙って約500店舗に充電器を導入すると発表したファミリーマートなどの例もあるが、充電スペースの確保や、現場での応対などそれなりに手間もかかることなどを考えると、設置事業者が急に増えることはないだろう。さらに、仮に整備が進んだとしても日本充電の経営問題が残る。そもそも充電器設置に収益性がないから民間による整備が進まないわけで、赤字は必至。自動車会社にとってはEVやPHVの販促の一環と割り切れても、補助金や政投銀資金はもともと国民が出したカネだ。

まして充電時間が長いのでは困りごとだ。電気自動車はカートリッジ交換とか、便利性を重視した設計と標準化が必要だった。
それを実施しなかったことがのちに大きな問題となるわけで、日本国内では環境にやさしい軽自動車がますます売れる事になるのでは…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月03日 10:28 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
作れるのか
現代のアイオニックが販売不調だから国が販売後押し。
そもそもが現代が台数作る気があるのか疑わしい。
[ 2016/07/03 16:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp