韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米鉄鋼業界、韓国に強硬姿勢

米鉄鋼業界、韓国に強硬姿勢

「業界を代表し、声明を発表する。米鉄鋼産業は過去12年間、不公正な貿易で大きな被害を受けた。欧米は手を組み、世界の鉄鋼市場の秩序を取り戻さなければならない」

6月13日から15日にかけニューヨークで開かれた世界最大の鉄鋼業界イベント、鉄鋼成功戦略(SSS)会議で、米業界大手USスチールのマリオ・ロンギ最高経営責任者(CEO)が基調講演の中で突然言及した内容だ。 

ロンギCEOは「中国の政府補助金、為替操作など不公正貿易が米鉄鋼産業を崩壊させている。それ相応の規制を加え、正常化すべきだ」と述べた。鉄鋼業界分析機関のワールド・スチール・ダイナミクスが開いた通算31回目の会議には、世界の業界関係者約1000人が出席した。

同日発表を行った他の米鉄鋼メーカーも中国を批判し、韓国の鉄鋼輸出にも鋭い攻撃を加えた。会議に出席した韓国鉄鋼業界関係者は「中国が世界の鉄鋼需要をけん引していた2007年には中国を持ち上げるのにう必死だったが、今年はムードが180度変わった。中国だけでなく、韓国に対する殺伐とした敵対感も感じられた」と話した。


スポンサードリンク


■韓国が中国製鉄鋼を間接輸出
会議で米国の企業・業界団体は申し合わせたかのように中国を批判し、「保護貿易主義こそ公正貿易だ」と主張した。USスチールと業界首位を争うニューコアのジョン・フェリオラCEOは「皆がルールを守るべきだが、守らない人がいることが問題だ。中国の鉄鋼メーカーは土地の無償提供、低利子、低単価の電力といった支援を受け、政府が為替相場も操作しており、それを正常化するためには規制が必須だ」と述べた。主催者WSDのピーター・マルクス会長も「現在の混乱から脱却できる方策は保護貿易主義と重商主義だ」と支持を表明した。

 パネル討論では、ブラジルの鉄鋼メーカー、ゲルダウ、ピーター・カンポ北米法人会長が「韓国は中国製鉄鋼素材を再加工し、米国市場に間接輸出している。米政府は規制に取り組むべきだ」と語った。露骨な批判が飛び出した背景には、米鉄鋼業界が限界に達したことがある。米国の鉄鋼輸入量が米国内生産量の半分に相当する4400万トン(2014年)まで増え、多くの鉄鋼メーカーが低金利で延命する「ゾンビ企業」化した。USスチール昨年、高炉5基のうち2基を停止し、今年4月には従業員の25%を解雇すると発表した。韓国鉄鋼業界関係者は「なりふり構わない米国がさらにどんな規制を打ち出すか分からない」と不安を隠さない。

■韓国国会の資料まで根拠に
韓国鉄鋼業界は米鉄鋼業界の強硬姿勢が提訴や米政府の呼応につながると懸念している。現時点で調査が完了していない反ダンピング関連の案件は5件で、最終判定が出た案件も再審申し立てが可能であり、紛争はさらに増えそうだ。

米鉄鋼メーカーの積極姿勢は想像以上だ。最近には韓国の国会議員が提出した大企業への電気料金優遇に関する資料まで持ち出し、問題視している。13年の韓国国会での国政監査で、ある国会議員は「現代製鉄、ポスコなど大企業がコスト以下まで電気料金を割り引かれている」と主張し、この資料は14年に米鉄鋼業界が韓国鉄鋼業界を提訴する根拠として使用された。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/04/2016070400704.html

【管理人 補足記事&コメント】
韓国の鉄鋼産業を語るうえで、欠かすことのできない浦項製鉄の話を少しすると、韓国の最初の製鉄会社である浦項製鉄は、日韓国交正常化により日本から入った資金を活用し、それから技術も日本のエンジニアの協力を得て建設することができた。浦項製鉄はその後、社名をポスコに変えたが、ポスコは韓国の発展とともに成長を続け、超優良企業として世界的な企業に成長したのは、周知の通りである。 ところが、そのポスコでさえ、2013年から赤字を計上し、業績悪化で苦しみ、株価も下落を続けている。

中国はリーマン・ショックがあったとき、景気を刺激するために巨額の投資を断行した。その中国政府の投資は、中国経済を危機から救い、世界経済を牽引する役割を果たした。その設備投資は、中国経済が旺盛に成長するときはよかったものの、今のように景気が減速すると、供給過剰という問題となって現れた。中国はさまざまな業種で過剰問題が深刻化しているが、この問題が一番深刻な業界は、実は鉄鋼業界である。中国はダブった製品を低価で輸出に回すことによって、世界的に鉄鋼価格に値崩れを起こしている。

このような中国の鉄鋼製品の輸出攻勢により、韓国ですら中国製品のシェアは40%ほどになっている。もちろん価格は、以前に比べ40%ほど下落している。 中国の鉄鋼製品が価格を武器に韓国市場に流れ込んでくると、市場を失った韓国企業の鉄鋼製品は、輸出に向かわざるを得ない。しかし、そこにはすでに低価の中国製品があるので、いいビジネスになるわけがない。それで韓国の鉄鋼業界の苦戦は続いている…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月04日 11:22 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp