韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「モノのインターネット」全国サービス可能に SKTが韓国初の専用ネット完成

「モノのインターネット」全国サービス可能に SKTが韓国初の専用ネット完成

エスケイテレコム(SKT)は4日、韓国全土で「モノのインターネット」(IoT)専用網の構築を完了したと明らかにし、関連サービスと専用料金制、IoT産業の活性化戦略を公開した。IoT網を国家単位で構築したのはSKTが世界初だ。

モノのインターネットは、インターネットに連結されたモノの間に、人が介入せずに互いに情報をやり取りすることを称する。SKTのモノのインターネット「ローラ」は、低電力で長距離無線通信を可能にする技術の一つだ。 SKTはIoT網のローラを通じて、電力、ガス、水道など各種のエネルギー使用量測定、街灯・保安灯の遠隔制御、車や人の位置情報確認、各種モニタリングなど、多様なサービスを提供する計画だ。 

SKTは今年下半期に子供、高齢者、女性などを対象とする応急お知らせウェアラブル機器事業の「セーフ・ウォッチ」を始め、畑の土壌状態を確認する環境モニタリング、地方自治体のマンホール管制、リアルタイム駐車共有など、年末までに20余りの新規IoTサービスを始める予定だ。

モノのインターネットは、煩わしく多くの費用がかかる仕事を代行できる。今までは人が毎回マンホールの蓋を開けて、内部の環境状態を確認していたが、マンホールの蓋にIoTチップを組み込んだ機器を設置し、マンホールの内部の温度、湿度、ガスの状況など地下環境を確認することができる。韓国全土には150~200万個のマンホールがあるが、SKT関係者は「これまでは人がマンホールの蓋を一つひとつ開けてマンホールを管理しなければならなかったが、IoTでは遠隔で確認できる」と話した。


スポンサードリンク


IoT専用網のローラは、月間利用料が350~2000ウォン(30~180円・付加価値税別途)程度だ。1時間に1回少量のデータを伝送するガス検針器の場合、月350ウォンの最低料金で利用でき、月100メガバイトの容量を使う場合には月2000ウォンで利用可能だ。

 韓国情報化振興院は、2020年にはIoT産業の世界市場規模が1兆2千億ドルに達し、IoT専用網の市場規模も2100億ドルを超えると展望した。韓国国内の市場規模は2020年に13兆7千億ウォン(1兆2300億円)に達すると予想した。SKT関係者は「2017年末までにIoT専用網に400万個以上の端末が連結されると期待する」と話した。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/24545.html

【管理人 補足記事&コメント】
モノのインターネット(Internet of Things、IoT)は、様々な「モノ(物)」がインターネットに接続され(単に繋がるだけではなく、モノがインターネットのように繋がる)、情報交換することにより相互に制御する仕組みである。 それによる社会の実現も指す。

モノをインターネットにつなげるというIoTは汎用性の高い技術であり、なおかつ大きなメリットを実現すると考えられていることから、極めて大きな 市場になると調査会社は予測しています。たとえば2014年11月18日にIDC Japanが発表した資料によれば、世界IoT市場は2013年の1兆3000億ドルから2020年には3兆400億ドルに拡大し、IoTで接続されるシ ステムやデバイスの数は300億台に達すると予測している。

実際にモノをインターネットに接続する一般的な方法としては、無線通信があります。たとえば何らかのセンサーに無線通信を行うためのモジュールを取 り付け、取得したデータをインターネット経由でサーバーに送信する。これをサーバー側で分析し、センサー周辺の状況を読み取ったり、環 境の変化を計測したりする。

このようにIoTには大きな期待が寄せられていますが、こうした仕組みを可能にする技術の1つがクラウドだ。たとえば何らかのセンサーで情報を取 得し続ける場合、そこから得られる情報は極めて膨大になり、その蓄積や分析には莫大なリソースが必要となる。しかしクラウド技術が発展、浸透したこと により、多数のデバイスから情報を収集したり、いわゆる“ビッグデータ”解析の技術を用いて適切に加工したりすることを低コストで実現できるようになった。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月05日 10:08 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp