韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  LG電子が満50歳以上対象に、「退職支援プログラム」実施へ

LG電子が満50歳以上対象に、「退職支援プログラム」実施へ

韓国のLG電子は5日、雇用労働部(省に相当)と共同で満50歳以上の社員を対象とした退職支援プログラム「ブラボー・マイ・ライフ」を9月から実施すると明らかにした。

プログラムに申請した人は1年間、週20時間(従来の勤務時間の半分)だけ勤務し、それ以外の時間に転職に向けた起業・技術教育を受ける。この間、会社側は賃金を従来の半分のみ支給する。カットされた賃金の半分は雇用労働部が支援金制度を通じて支給し、残り半分は同部に教育費などとして申請すれば支給される。1年間の教育履修後は賃金削減前の年俸と同額を会社が「起業支援金」として支給する。

LG電子は8月から申請者を募集する予定だ。このプログラムを使って退職する社員数は決まっていない。同社の関係者は「雇用労働部が削減される賃金の一部を支給するため、現在と同じくらいの給料を受け取れる。プログラムは名誉退職(早期退職)制度ではない」と説明した。

LG電子は定年を満55歳から58歳に引き上げ、毎年10%ずつ年俸を削減する賃金ピーク制度を実施している。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/06/2016070600716.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
LG電子(韓国電機大手) 26日に発表した2015年12月期連結決算は純利益が2490億ウォン(約240億円)と前の年に比べ半減した。スマートフォン(スマホ)など携帯機器部門の営業損益は中国勢との競争激化で赤字に転落した。

テレビを中心とする家電部門もブラジルの通貨レアルの下落などで海外事業の採算が悪化し、営業利益は570億ウォンと89%減った。 連結売上高は4%減の56兆5090億ウォン。営業利益は35%減の1兆1920億ウォン。売上高営業利益率は2.1%と1ポイント低下した。スマホ販売台数は5970万台と1%増えた。

15年10~12月期の最終損益は1400億ウォンの赤字だった。前年同期は2060億ウォンの赤字。自動車部品事業の営業損益がわずかながら黒字となった一方で、スマホなど携帯機器部門は480億ウォンの赤字だった。

しかし、LG電子が28日発表した1~3月期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は5052億ウォン(約480億円)で前年同期比65.5%増加した。 営業利益が5000億ウォンを超えたのは、2014年4~6月期以来、7期ぶり。 売上高は同4.5%増の13兆3621億ウォン。営業利益率は3.8%で、前年同期の2.2%から大きく上昇した。

1~3月期の営業利益が大きく伸びたのは、生活家電のホームアプライアンス&エアソリューション(H&A)事業本部とテレビ事業を手がけるホームエンターテインメント(HE)事業本部が四半期ベースで過去最高益を記録したため。

LG電子も今のうちに組織改革を実施したいだろう。業績は決して良くは無い。サムスンの陰でこらえている状態が続いているわけで、サムスン低迷とともに、チャンスを狙うには組織の整理が必要となる。1995年当時は金星社であるが、会長兼社長と会食した時のSPの数やら、体から噴き出る金色のオーラーを初めてみたが…、何とも心温まる感じがしたほどに、当時は実力者だったわけで、サムスンや現代に押されたとはいえ、日本企業が協力しつつ意外と耐え抜いてきたのではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月06日 10:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp