韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  わが国は1980年代の日本よりはるかに貧しい・・・だから成長の余地も大きい

わが国は1980年代の日本よりはるかに貧しい・・・だから成長の余地も大きい

現在の中国は経済や社会の発展水準が「1980年代の日本」に似ていると指摘する見解があるようだが、中国メディアの外匯連盟はこのほど、このような見解に異議を唱え、現在の中国には1980年代における日本の潜在成長力よりもはるかに大きな可能性を持っていると主張している。

記事が唱えた異議の根拠は2つあり、1つは「現在の中国は1980年代の日本よりはるかに貧しい」という点、もう1つは「現在の中国の人口は1980年代の日本の人口よりはるかに多い」という点だ。

記事はこの2点を根拠として「中国には国内発展及び経済成長のための巨大な余力が存在している」と論じた。

記事に言わせれば、非常に大きな成長の可能性という観点で評価した場合、現在の中国は1980年代の日本というよりも高度経済成長を経験した1950年代から1970年代の日本に似ているというのが正しいということになるのだろう。つまり中国はこれからまだまだ発展していくというのが記事の主張だ。

また記事は「中国は米国に決して勝てない」と指摘する見解についても異議を唱えており、「短期間で中国が米国を超えようとするのは現実的でない」と論じつつも「中国が少しづつその努力を続けるなら、何十年か後には決して夢ではなくなっている」と説明。記事は最後に「がんばれ中国、どんなことでもできる」と締めくくった。

記事は長期的な視点で中国の可能性や潜在力に注目するよう読者を励ましているが、中国がいつか米国を超えて世界のリーダーになる日は来るのだろうか。歴史上、古代から現代に至るまで世界の覇権国としてずっと君臨し続けることができた国は1つもない。

つまり米国がこれからも永遠に世界のリーダーであり続けるのは、歴史の観点から見れば難しいことだと言える。では中国が世界のリーダーになる可能性はどれほどあるだろうか。間違いなく言えるのは、その可能性はゼロではないということだ。
http://news.searchina.net/id/1613589?page=1

【管理人コメント】
中国は大国だ。良い小国が沢山ある。が現状都市部の発達は素晴らしいが地方はそうはゆかない。
日本の国土でさえ地方再生は難しい。国が大きければ、どうしても都市集中型に陥りやすい。

日本も県知事がいるが、県知事が大手企業と連携し、自然を守りつつ、工場建設を活性化し、インフラを整えつつ、地方ならではの農業や酪農などなどを、企業化し、海外からの雇用確保などに取り組めば、内需は活性化し、また輸出も増える。

中国では日本よりも、緻密な努力が必要だろう。単に中国政府の人数だけそろえても無理な話である。
しっかりとした改革を実施しなければ、今後の期待は無い。まずは環境汚染の対応を実施する事である。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年07月06日 13:44 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(3)
そんなに、うまくいくかな?
中国メディアの外匯連盟が希望を述べているに過ぎない。 中国が短期間でここまで成長できたのは、共産党一党の独裁政権で外国企業に最初は甘い言葉をかけ早く進出すれば先出企業は優先権と税制面等で利点が大きい。遅れれば進出許可を出さないこともあり得るという政策と50%強の株式取得条件を前提に中国現地企業との合弁会社設立をさせた結果によるものである。 中国内賃金が低い間はそれが功を生じてアメリカを追い越しGDP一位まで登りつめたのはご存知の通りである。 しかし絶頂期は長く続かない。環境を良くする設備には金をかけずに生産性をUPさせることで突っ走った結果、空気は最悪の状態になり、在庫は山のように積み上がり、人件費が高騰し、外国資本もベトナムのような東南アジアに中国から移設しようとしている。
最悪な結果予想はソ連のように共産党が破たんすることである。 そうなればソ連がロシアだけになったのと同じで中国分裂となり成長どころか縮小する可能性の方が大きいと思われる。
[ 2016/07/06 18:57 ] [ 編集 ]
まだこんな幼稚な記事がでるんですね。土地バブル崩壊、膨らむ債務、未熟な社会保障、高齢化(しかも働けない老人が増える)、極まる環境破壊、貧富の差、内政問題は何一つ解決する処方箋がないのに、よく言うわ。
[ 2016/07/07 08:41 ] [ 編集 ]
中国未来論
中国原産の中国未来論は目標をたとえ話で出して、
将来像の具体的中味はゼロ、という貧弱さ。
国の中は将来を語れない状況なのか。

「米国を越える」というのは統治と外交の単純な
プロパガンダ。強引に国をまとめる苦労だ。

貧富の格差を公認してGDP成長を進めた
鄧小平の先富論政策はすでにゴールを過ぎた。

実際のところ、世界の国々いろいろだが、中国は人民搾取の最新モデルだ。
中国共産党は 国力の源泉=人民の収奪という手法に気付いた。
公安が人民の押さえを利かせている限り、体制維持は可能、ということにも
気付いた。改革などやらない。
[ 2016/07/07 10:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL