韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  習近平政権を悩ませる中国共産党の党費滞納問題

習近平政権を悩ませる中国共産党の党費滞納問題

中国の習近平政権が進める反腐敗キャンペーンで、毎日約500人を上回るペースで党員や官僚が処分され続けていることは先週の連載で触れた通りだ。 そんなすさまじいペースで腐敗官僚たちを的にかけていれば、いずれ誰もいなくなってしまうのではないか-。

島国の日本人はついそんなことを考えてしまうのだが、そこは大陸のスケールである。毎日500人くらいではびくともしないようなのだ。 何といってもいまや中国共産党の党員数は約8800万人(正確には2014年末時点で約8779万3000人とされる)を超えているというから驚かされる。 韓国と北朝鮮の人口を合わせたほどの規模といった方が、その巨大さが理解しやすいかもしれない。

2013年末の数字を参考にその内訳を見てみると、2534万8000人が農民や漁民など第一次産業の従事者で最大規模を誇る。次いで2019万6000人が企業のサラリーマン。労働者は725万人、党や政府の職員が715万7000人となっている。 女性党員は2026万9000人で全体の23・8%を占め、大学卒業以上の学歴を持った党員の数は3408万1000人で、全体の40%に達する。

中国の建国直後は、党員の識字率が極端に低かったことを考えれば大きな変化を遂げたことになるのだろう。


スポンサードリンク


伸び率が鈍化したとはいえ、14年も対前年比で約13%の増加となったようだが、そんな組織の目下の悩みは、なんと全国党員の党費の滞納問題だというから皮肉である。この問題を正面から取り上げたのは5月20日付の経済専門紙『第一財経日報』である。

記事のタイトルは、〈8000万党員は注意 党は党費納入者用手帳配布を準備〉。
中身を要約するとこうだ。
近年、党員数は増加しているが、その一方で毎月の党費を滞納する党員が相次ぎ、組織運営において深刻な問題となっている。そこで、党の組織部(人事部に相当)は、納付漏れをきちんとチェックするために納付手帳を作成し、各党員に配布する準備を始めた-というのだ。

この党費滞納問題は、反腐敗キャンペーンでその名を知らしめた中央規律検査委員会傘下の巡視組(隊)のチェック項目にもなっているという。その実態はどれほど深刻なのか。 記事で触れている天津市の例では、指導の対象となった66社の国有企業に属する党員約12万人のケースでは、総額2億7700万元(42億6580万円)もの納入漏れが見つかり、山西省傘下の国有企業22社については8000万元(12億3200万円)以上の滞納が見つかったという。 天津のケースを見る限り未納分は一人当たりわずかに641元(9871円)。それほど大きな金額でもなさそうなのだが。
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160706/frn1607061550002-n1.htm

【管理人 補足記事&コメント】
中国民14人に一人が党員という事だ。
中国共産党は、中華人民共和国の政党。共産主義の実現を最終目標としている。2012年6月で8260.2万名の党員を抱える世界最大の政党である。社会主義は共産主義の初級段階であるため、中華人民共和国の政権政党として、党規約に基づいて、国防及び科学、工業及び農業技術の現代化を実現し、国を富ませ強くし、民主的かつ文明的な国を建設することで共産主義の実現を目指している。

中国共産党員は中国社会のエリートであり、行政、立法、司法、軍、大衆組織など、社会のあらゆる部門に末端組織である党組を設け、指導している。共産党員に成るためには厳格な審査があり、一般の人は簡単にはなれない。一つの途としては、学校で学業優秀だったり芸に秀でるなどして、選抜されて共産党青年団メンバーになり、その活動結果と党員の推薦により、党員になれる途がある。そのエリートでもイデオロギーと政治活動よりは拝金主義を優先する党員がいて、独裁体制の弊害が出ている。

世界最大の党員を抱えるだけに、党員による汚職・収賄などの腐敗が深刻化している。2012年10月、規律検査委員会の賀国強書記が、2007年11月から2012年6月までに汚職や職務怠慢などで66万人以上の党員を処分し、このうち2万4000人以上が刑事処分のため司法機関に移送されたことを明らかにした。また、2015年1月から11月には、税金の無駄遣いなどを戒めた「8つの規定」に違反したとして、党幹部など4万3千人が摘発され、2万9千人が処分された。

このままだと大半の党員は汚職や不正で捕まって終わるのではないか…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月06日 18:56 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(2)
あそこは。。。
中国共産党は、規模が違う。昔、私は中国にとって役に立つ人物だったらしく?、用意されたホテルは中国共産党のホテルに宿泊。名前は忘れたが、すごかった。あと、中国の公務員専用ホテルにもとまったが、これまたすごい。そういうのが、中国全土にある。あと、中国要人は駅の中のホームまで車で乗り入れが常識。そういう特権があって滞納するのか。。。たいした肝っ玉ですな。
じゃー、もう一つの政党の政治協商会議?に期待しましょうか!
[ 2016/07/06 19:11 ] [ 編集 ]
民共共闘www
中国共産党の党費滞納➡日本共産党:選挙立候補資金不足➡民侵党と共闘ってこと?
[ 2016/07/07 12:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp