韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  日本は地震発生前に警報、韓国は発生18分後にメール

日本は地震発生前に警報、韓国は発生18分後にメール

5日夜8時33分、蔚山広域市沖合の東海(日本海)を震源とするマグニチュード5.0の地震は、韓国では過去5番目の規模だった。釜山や蔚山では、驚いた市民らが高層ビルなどの建物や映画館から一斉に避難するなど大騒ぎになった。ところが地震の発生を知らせる国民安全処(省庁の一つ)の緊急地震メールが送られたのは、地震発生から18分後の夜8時51分だった。しかも地震発生の日付は7月5日ではなく4日となっており、市民の不安や混乱に拍車を掛けた。国民安全処は5分後、地震発生の日付を7月5日に訂正し、改めてメールを発信した。

日本では地震が発生し揺れが本格化する数秒前、NHKなどを通じて緊急警報の字幕がテレビなどに映し出される。これは日本の気象庁によって出される「緊急地震速報」で、秒速7キロで広がる地震のP波を感知すると同時に出され、秒速4キロのS波が到達し揺れが本格化する前のわずかな時間に市民に対応を促しているわけだ。この数秒の間に地下鉄は緊急停止し、病院などではエレベーターの使用自制を呼び掛ける放送が行われる。

ところが韓国では災害対応のため立ち上げられた国民安全処が、携帯電話を通じて地震の発生を知らせるメールの発信に18分もかかった。18分も過ぎてしまえば、地震への対応に当たる時間を確保するどころか、地震発生に伴う災害は全て発生した後だろう。

スポンサードリンク


今年4月、日本の熊本県で地震が発生した際、釜山や慶尚南道でも揺れが観測されたが、国民安全処は何の警報も情報も出さなかった。このことへの批判が高まると、国民安全処は5月27日、国務総理(首相)主催の会議を経て「地震警報を出すまでの時間を短縮し、震度4以上が感知された地域の住民には緊急の警報メールを発送する」と発表した。ところが今回の地震騒動を通じ、結局は何の改善も行われていなかったことが分かった。このように何もできない国民安全処を信じて国民は安心して生活できるだろうか。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/07/2016070700998.html

【管理人 補足記事&コメント】
レコードチャイナは、2016年7月5日、韓国・ニューシスなどによると、韓国の国民安全処が、蔚山沖合での地震に関し発信した緊急災害情報メールで日付表記を誤るという痛恨のミスを犯してしまったと報じた。

安全処は同日午後8時33分ごろ、南東部・蔚山沖合52キロの海域で発生したマグニチュード5.0の地震を受け、蔚山地域の住民に対し緊急災害メールを発信した。住民に余震への備えやテレビなどでの情報収集を呼び掛ける内容だったのだが、このメール、地震発生を「4日夜8時33分」と日付を誤って表記してしまった。韓国ではまれな規模の地震に驚いていた市民らはこのミスでさらなる混乱に陥った。安全処は最初のメールから6分後に日付を訂正したメールを発信したが、これについて公式な謝罪や釈明は今のところ行っていない。

日本ならこういうメールは地震から30秒以内で届く。それが5分後じゃ、もうとっくに建物の下敷きになっててもおかしくないと非難の嵐だが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月07日 11:26 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp