韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  LG電子とVW、スマートホーム技術共同開発へ

LG電子とVW、スマートホーム技術共同開発へ

LG電子と独フォルクスワーゲンは、自動車とスマートホームを接続する「クロスオーバー・プラットフォーム」の開発に向けた業務提携を結んだ。LG電子が7日、発表した。

クロスオーバー・プラットフォームとは、自動車に無線通信技術を応用し、車内で家電製品の作動状態を確認、制御できるようにする技術だ。車で帰宅中に自宅のエアコンや照明をつけたりできるほか、外出時には自宅の照明が自動で消え、家電製品も節電モードに切り替わる。

両社は家電製品が発するメッセージを車内で確認し、対応を取る技術やクロスオーバー・プラットフォームが搭載された乗用車向けのインフォテインメント(情報・娯楽)技術も同時に開発していく。

両社は今年初めに開かれた世界最大のIT展示会「CES2016」で、スマートホームの機能強化に向け、協力を表明していた。LG電子のチェ・ソンホ専務は「スマート機器分野でLGが持つ強みとVWの自動車技術力を融合させ、移動手段の革新を呼び起こしたい」と述べた。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/08/2016070800667.html


スポンサードリンク


2014-11-09-lg.jpg

【管理人 補足記事&コメント】
LG電子はロードマップ通りに事を進めている。
次は自動車の液晶パネルの部分を有機ELにして、重注するのだろう。

「クロスプラットフォーム開発」とは、スマホでいえば、画面回りや加速度センサ・LEDの駆動といった機種依存部分と、ロジック等の非機種依存部分を分けて開発するという手法です。そして、非機種依存部分を共有化して、iOS向けのアプリでも、Android向けのアプリでも同じコードを使用します。今後、Windows Phone向けのアプリを作成することになった場合でも、非機種依存部分は共有して使用することが可能です。

例えば、アプリの中でサーバ側とやり取りをしたり、処理結果のデータを表示できる形に整形したりといった処理は、どのプラットフォームでも同じ処理です。これに対して、ユーザーへの通知表示や、バイブレータの駆動といった、機種やプラットフォームに依存する部分は、それぞれの環境に合わせて実装します。このように、どのプラットフォームでも同じ処理をする部分は共有し、異なる部分のみをそれぞれに応じて作成することで、共有できる部分を共有して、効率的に開発を行うのが、「クロスプラットフォーム開発」です。

LG電子はロードマップ戦略に則り、粛々と事業を進めてゆく。地道ではあるが確実性は高い。
良い悪いは別として、サムスンとは違い、計画性がある…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月08日 10:13 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
負け組どうし
VWはクリーンディーゼルで味噌をつけ、慌ててEVに舵を切りましたが、本来はディーゼルで一息ついている間に、他社との遅れを取り戻す腹だった。VWにEVや燃料電池の先端技術はなく、結局他社との提携しか残されないでしょう。LGも車載電子機器にどれだけ強みがあるのでしょうか。バッテリー、モーター、パワーIC、センサーなどの中にLGが最先端技術を有しているとは思われない。
何よりも、アメリカと日本という先進的な市場から追い出されたVWに、どれだけの開発力が残されているのか疑問です。
[ 2016/07/08 13:21 ] [ 編集 ]
商売はやさしいところから
LG電子とVWの提携、
車載のスマートホームなら、一番やさしい分野だから
すぐに話がまとまるでしょう。
本命のEV用電池が見えませんね。とりあえずAudiに入れるが、
VWの方針がはっきりしない。自前で作る検討もあるようだし。

LGがポーランドに電池工場を作るらしいから、VW・Audiはここから
買うのか。
[ 2016/07/08 14:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp