韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  ロッテ創業者長女「なぜ私が逮捕されなければならないのか」

ロッテ創業者長女「なぜ私が逮捕されなければならないのか」

ロッテグループの汚職事件を捜査しているソウル中央地検は7日、ロッテグループの創業者、辛格浩(シン・ギョクホ)氏(93)=日本名・重光武雄=の長女でロッテ奨学財団理事長の辛英子(シン・ヨンジャ)容疑者(73)を逮捕した。

辛容疑者はロッテ免税店への出店で便宜を図る見返りとして、化粧品ブランド「ネイチャー・リパブリック」のチョン・ウンホ元代表(51)から裏金約34億ウォン(約3億円)を受け取るなどした疑い。ロッテグループの汚職事件で経営者一族から逮捕者が出たのは初めて。

辛容疑者は、ネイチャー・リパブリック以外の化粧品業者、外食業者からも裏金を受け取り、息子が大株主を務めるブランド品流通会社「BNP通商」に勤務したこともない3人の娘を役員に就かせ、給与名目で会社資金47億ウォンを横領したとされる。辛容疑者は2000億ウォン以上の資産を持つ。

辛容疑者は前日、逮捕状の審査で涙を流しながら、「息子が病気で世話が必要だ」などと訴えたという。しかし、ソウル中央地裁は「逮捕の必要を認める」として、逮捕状を交付した。


スポンサードリンク


検察で逮捕状が出たことを聞いた辛容疑者は「罪を犯していないのに、なぜ私の話を聞いてくれないのか」と検事らに抗議したとされる。また、検察官が7日未明に逮捕状を執行しようとすると、辛容疑者は「なぜ私が逮捕されなければならないのか」と抵抗したという。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/08/2016070800663.html

【管理人 補足記事&コメント】
産経ニュースは、韓国のソウル中央地検は7日、ロッテ免税店への出店をめぐり業者から裏金を受け取った疑いなどで、ロッテグループの創業者、重光武雄(韓国名・辛格浩=シン・ギョクホ)氏(93)の長女でロッテ奨学財団理事長の辛英子(ヨンジャ)容疑者(73)を逮捕したと報じた。一連の疑惑でロッテ創業者一族が逮捕されたのは初めてとなる。

報道によると、ロッテ免税店を総括していた英子容疑者は、化粧品会社などの業者から出店などの便宜を図るよう頼まれ、計約30億ウォン(約2億6千万円)を不正に受け取った疑いがある。また、自らが実質運営する会社の役員に娘を就任させ、給与名目で約40億ウォン(約3億5千万円)を横領した疑いももたれている。 韓国ロッテグループをめぐっては、巨額の裏金を組織的につくっていた容疑などで、韓国の検察当局が6月10日、本社や武雄氏の自宅などの家宅捜索に着手、全面捜査を進めている。

家宅捜索前から海外出張中だった、武雄氏の次男で韓国ロッテグループの重光昭夫会長(61)は今月3日、韓国に戻った。検察は昭夫会長の事情聴取に踏み切る方針とみられる。昭夫会長は兄の宏之氏(62)ともロッテグループの経営権をめぐり係争中だ。

何というのかロッテ一族は泥まみれとなった…。日本ロッテも困りごとだろう~。
ロッテ創業者の長女を逮捕 韓国地検、裏金2.6億円受領疑のみならず、まだまだ叩けば埃ではなく裏金という札束が出てくるのではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月08日 10:35 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp