韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国大慌て、「製造業の凋落が止まらない」

韓国大慌て、「製造業の凋落が止まらない」

韓国では今、造船や鉄鋼、石油化学、建設など、いわゆる重厚長大産業の構造調整が進んでいる。好景気に酔い、未来に対して何の準備もせず、信用不安を隠してきた企業、そして企業の信用不安が積み上がりながらもあえて無視してきた政府系金融機関、そんな事態を傍観していただけの政界では、責任の押し付け合いが熾烈だ。

韓国が足踏みをしていた間に、米国など先進国は産業の高付加価値化や新産業の構築に邁進し、中国を筆頭とする新興国は必死になって競争力を付けていた。今後、韓国の製造業は、ただ黙って立っているだけなのだろうか。政府や金融当局、KDB産業銀行によれば、政府は構造調整が何よりも必要な業種として造船と海運業を指定し、強力な構造調整を推進中だ。政府関係者は「造船や海運、鉄鋼、化学産業の状況を再点検し、構造調整の方向性を決めることが至急の課題」と述べた。

1997年の金融危機の時より、現在の状況は深刻
政府は構造調整に大騒ぎしている。いったい、韓国の製造業が置かれた状況は、どれだけ深刻なのだろうか。韓国のシンクタンクである現代経済研究院によれば、史上最悪とされた1997年の金融危機の時より、現在の状況は深刻だと判断する。韓国の製造業の生産増加率は、6四半期連続で低下している。生産増加率が前年同期比で3四半期以上連続して減少したのは、1997年の金融危機の影響を受けた1998年第1四半期から同年第4四半期、そしてリーマンショックが発生した2008年第4四半期から2009年第2四半期以降、3度目のことだ。


スポンサードリンク


特に、その長さは、以前の危機よりもさらに深刻だ。1998年には4四半期連続で、2008年には3四半期連続で製造業生産が減少したが、その後反騰している。しかし、現在は6四半期連続で続いており、しかも不況以前の生産水準から回復できずにいる。市場での需給面から見ても、赤信号が灯っている。出荷は減少した反面、在庫が積み上がり続けているためだ。金融危機とリーマンショック当時、出荷は急速に減少したが、そのまま反動が来た。だが、現状を見ると、製造業の出荷増加率が平均マイナス0.5%を記録している。内需(マイナス0.02%)、輸出(マイナス1.0%)と、どちらも減少傾向にある。

出荷は減少、在庫は増加
韓国の成長エンジンだった製造業が伸び悩んでいるため、経済全体も不安定になっている。韓国開発研究院(KDI))は、16カ月も輸出減少が続いている製造業が経済成長にとってネックになっていると診断する。KDIが最近発表した「経済動向」5月号では、「輸出が減少している製造業に加え、設備投資も奮わず、韓国経済全体の成長が依然として低い水準に留まっている」と明らかにしている。実際に、今2016年3月の韓国製造業における平均稼働率は、同年2月の73.5%から73.2%と低下した。設備投資もまた、1年前より7.8%減少した。

状況がこれほど深刻になったのは、かつて高成長が続いているとされてきた時期に、韓国製造業が規模の成長に酔ってしまい、警告を無視したためと多くの専門家は指摘する。専門家らは15年以上も製造業に対して警告をしてきたが、彼らは無視したというのだ。実際に、2002年にサムスン経済研究所が発表した「韓国の主力産業における競争力分析」という報告書では、韓国の主な輸出産業が競争力において先進国との差を狭めることができなければ、中国など後発国の追撃に直面し、製造業が危機に陥ることを警告していた。それからすでに14年が経っている。
東洋経済のかつての危機より事態は深刻だ より抜粋

【管理人コメント】
構造調整の対象となった業種に共通するのは、需要が奮わず、しかもそれが長期化している。そのため、不況という沼にどっぷりとはまり、韓国の製造業が未来に備えることができずにいるという。挙句に高齢化も進み失業率が改善するどころか大幅に上昇しつつ、朴槿恵の経済政策と言う名目で不動産緩和を実施し、家計負債を加速的に増大させてしまった。

本来ならば、通貨危機が起きても不思議ではない時期であるわけで、世界不況に自国経済大低迷と条件はそろっている。外資に助けられている構図が、自国民の生活悪化さえも手を上げられない状態にあるわけで、困ったものである。そんな状態で外貨準備高は十分あると胸を張るのも不思議である。その一方で通貨危機を恐れて、日本へスワップ協定の復帰で必死な様相だ…。日本は今それどころではない。選挙で忙しい状態に、韓国政府はやきもきしているのではないか…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月08日 11:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp