韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  朴政権赤っ恥 韓国日産の処分一時停止 「キャシュカイ」販売可能に

朴政権赤っ恥 韓国日産の処分一時停止 「キャシュカイ」販売可能に

ソウル行政裁判所は7日までに、日産自動車のディーゼルエンジンを搭載したスポーツ用多目的車(SUV)「キャシュカイ」が排ガス規制を不正に逃れたとして、韓国環境省が韓国日産に科した販売停止やリコール(回収・無償修理)の処分の一時停止を決めた。

韓国日産は一貫して「不正は一切ない」と争う姿勢を見せてきたが、朴槿恵(パク・クネ)政権の日本企業狙い撃ちが、ひとまず司法の場で覆された形だ。決定は4日付。韓国日産が先月、処分取り消しを求める行政訴訟を起こしていたことに対するもので、行政裁は「販売停止などの処分により韓国日産が受ける回復困難な損害を避ける緊急の必要性」を認めた。一方、環境省が韓国日産に課した課徴金3億4000万ウォン(約2900万円)の返還は認めなかった。

処分の一時停止期限は、今後予定される本訴訟の1審判決の日から14日後までで、キャシュカイは販売可能となった。決定に対し環境省は6日、ソウル高裁に抗告する方針を示した。環境省は5月、キャシュカイに搭載された窒素酸化物(NOx)の低減装置が一定の条件下では停止するよう設定されていたと指摘。6月に販売停止などを命じた。

しかし、キャシュカイは韓国の規制でも認める欧州の排ガス規制「ユーロ6」の適合を得ており、不正を全面否定。韓国メディアでも、韓国環境省の措置を疑問視する声が出ている。
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160707/frn1607071900008-n1.htm


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
NHKは、日産自動車が、韓国環境省から「ディーゼル車のエンジンに、排ガス規制に反する設定を行っていた」として、販売停止などの処分を科せられた問題で、韓国の裁判所は「不正はしていない」とする日産の訴えを受けて、処分の一時停止を決めたと報じた。

この問題は韓国環境省がことし5月、日産自動車のディーゼルSUV=多目的スポーツ車「キャシュカイ」のエンジンに、韓国の排ガス規制に反する設定が見つかったとして、現地法人の「韓国日産」に対し、「キャシュカイ」の販売停止と、すでに販売された800台余りのリコールを命じ、日本円でおよそ3100万円の課徴金を科したものだ。

これに対して日産は「不正な設定は行っておらず、去年、韓国の規制基準を満たしていると認められたのに、ことしになって規制に反するとされるのは合理的でない」として先月、販売停止などの処分の取り消しを求める行政訴訟を起こした。これについて、ソウル行政裁判所は7日までに日産の訴えを受けて販売停止とリコールに関しては行政訴訟の判決が出るまで、処分を一時的に停止することを決め、日産は再び「キャシュカイ」を販売できるようになった。

韓国環境省はこれを不服として、近く高等裁判所に抗告することにしているが、日産に対する処分を巡っては韓国国内でも「判断基準が不透明だ」などと疑問視する声が出ているわけで、自国の環境汚染問題に便乗した形では困りごとだろう。ディーゼル車における排ガス規制基準をしっかりと設定させることが重要だが…。自動車産業全体の問題でもある…。。。

韓国は行き過ぎた行動を通り越している…。
何でも自国都合は通用しない…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月08日 12:08 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp