韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  LG電子、モバイルと家電の業績に「雲泥の差」

LG電子、モバイルと家電の業績に「雲泥の差」

LG電子が第2四半期(4~6月)の暫定業績として、売上高14兆17億ウォン、営業利益5846億ォンを8日公示した。前年同期比売上高は0.5%、営業利益は139.4%が伸びたものであり、特に営業利益は2014年第2四半期後8期ぶりの最高実績といえる。第2四半期の営業利益率も4.2%で、2009年の第3四半期後、7年ぶりに最高値を記録した。

暫定業績であり、事業部門別業績はまだ公開されていないが、今回もモバイルを除いては皆よくやったという分析が大半を占めている。証券業界によると、LG電子は生活家電部門で4000億ォン台、テレビなどのホームエンターテインメント部門で3000億ウォン台の営業利益を上げ、史上最大利益を更新したものとみられる。

しかし、スマートフォン事業を担当するモバイルコミュニケーション(MC)事業本部は、3月に発売した戦略製品「LG G5」の初度物量を消化したのに、第2四半期だけで1000億~2000億ウォン台の営業損失を記録したという。第1四半期(マイナス2020億ウォン)を含め、4期連続の赤字行進となる。

発売直後は一日平均1万5000台まで記録したG5の販売台数は、現在3000台へと下がっている。これを受け、年間販売台数も、目標値である1000万台には大幅に及ばない見通しだ。


スポンサードリンク


「革新的モジュールフォン」という当初の爆発的反応が、実際の販売へとつながらなかった理由について、専門家らは、発売直後に浮き彫りになった品質を巡る問題やブランディング問題などを取り上げている。発売前半に収率が低くて市場ニーズに追いついていけなかったことや、端末に隙間ができる裕隔現象など、品質を巡る問題が浮き彫りになったのが敗因だったという指摘がある。

アップルの「アイフォン」や、三星(サムスン)電子の「ギャラクシー」のようにブランドを統一せず、GシリーズやVシリーズ、Gプロシリーズなどと、プレミアムラインナップを乱発したことも、残念なことと言われている。ソウル大学経営学科のキム・サンフン教授は、「LG電子ならではの代表選手として打ち出せるだけの強力なブランドやイメージが形状化されるよう、Gシリーズのブランディングに力を入れるべきだった」と指摘した。韓国や米国などの先進市場がすでに頭打ちの状態の中、中国やインドなどの新興市場開拓に一歩遅れたことも、長期的負担になるだろうと見込んだ。
東亜日報
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/537828/1

【管理人コメント】
本来スマホは利益率が高い商品である。
ただし数量が売れての話であるが…。。。

今回LG電子のスマホは、分離型で様々なオプションに取り換えると、様々な用途として使う事を可能にした。
私は考え方は良いと思ったが、顧客はそれを求めなかったという事だ。
まぁ~面倒だろうし、スマホ内に組み込んでくれればよかったという結果だろう。

従って売れれば利益大だが、予想台数を下回れば、開発費や宣伝費などの販管費をを差し引けば、すぐ赤字になるのもスマホの特徴だ。値崩れが無い分、本来売りやすいのだが競争激化となり、下からその他の企業比率が高いうえに、日本や他の先進国ではトレンドが低価格スマホとなっている。

今のスマホは逆にシンプル性が求められている様だが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月09日 09:29 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
LGの真実
実は、LGのテレビ売れたのはからくりがあります。以前は大赤字でした。しかし、ここ最近売れ始めた。それは価格にある。ヨドバシ、ビックに行ってみれば分かる。同等の性能で価格が約3万円違う!そりゃー買うでしょう!日本メーカーももっと値引きしないと勝負にならん。あと有機ELあれは単価が高いので300台うれただけで億超える。日本にはイボマーと言われるゴルフのイボミファンがいる。奴らは、実はシニアで50万のテレビくらい買える。奴らが300人としてそういう計算になる。世界中で有機ELはLGだけ、初物好きも買う。そういうことです。まあ、今後は「あれ?それほど液晶と変わらない?なんで一年でだめに?」となってLG有機ELは終わる可能性がある。テレビも、スマホもなんでもやっぱり価格なんでしょうね。韓国勢は最後は価格勝負で相手の戦意を失わせ、市場からの撤退をさせる。日本企業も価格の対処をしなければならないであろう。
[ 2016/07/09 09:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp