韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国初のドーム球場で雨漏り、傘差して野球観戦

韓国初のドーム球場で雨漏り、傘差して野球観戦

韓国初のドーム球場の杜撰ぶりが波紋を呼んでいる。約7年の歳月と2713億ウォン(約244億円)の巨費を投じて2015年11月にオープンしたソウル市の高尺スカイドームで、早くも天井から雨漏れが発生し、ドーム球場にもかかわらず、傘を差して野球観戦しなければならないという。

座席が最大31席も連なり、トイレに行けずオムツが必要などと酷評され、7億ウォン(約6300万円)を追加支出して改修したいわく付きの球場だが、そんな欠陥球場で2017年3月に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の第1ラウンド開催を申請している。代表選手は雨の時、傘を差してドーム球場でプレーするのか。

朝鮮日報(電子版)は7月2日付で、高尺スカイドームで1日、天井から雨漏りが発生し、水が観客席に落ちていたと報じた。観客は「ドーム球場で傘を差すようになるとは思ってもみなかった」と皮肉った声を紹介していた。

オープン直後からファンだけでなく、野球選手からも不満が集中していた高尺スカイドーム。切れ目なく並ぶ31席の長い座席に「どうやって便所に行くんだ」と嫌みの声が上がり、インターネット上に「オムツ座席」という皮肉が飛び交った。さらに球場内の照明は暗く、選手からは「フライが消えて守りにくい」「天井が白いのでボールがよく見えない」と不評で、ダグアウトに屋根が設置されていなかった。


スポンサードリンク


この事態から「21世紀最悪のドーム球場」と酷評された球場は、運営するソウル市施設管理公団が約7億ウォンの税金を追加支出して補修した。オムツ座席は改修され、ダグアウトには屋根が造られた。改修に伴い、観客席は当初から1200席も減って1万6800席になった。当然のようにネットユーザーからは「適当に立てておいて繰り返し補修つもりだろう」「税金で完璧にゴミ球場を造ってくれた」などと杜撰さへの批判が集中していた。

ただ、この杜撰さは今始まった話ではないようだ。13年11月には文化財の南大門の杜撰な管理状況の発覚で、朴槿恵大統領が文化財管理の杜撰さに対する徹底した調査と責任者の問責に言及した。13年8月には、中央日報が大邱市に732億ウォンを投資して建設された韓国初の室内陸上競技場が国際公認競技を開催する施設要件を満たしていないと報道。「国際社会で顔を上げにくいほど呆れるようだ」と杜撰体質を酷評した。

最近でも、平昌五輪で輸送を担う高速鉄道の原州~江陵区間の工事で今年1月24日、アーチ型鉄橋が崩壊した。施工業者は突然の寒波で鋼製・スチールの鉄骨が収縮現象を起こしたと推測されると説明したが、専門家は設計ミスや図面通りに工事が施行されたか疑問を呈したほどだ。

杜撰な例は枚挙にいとまがないが、高尺スカイドームでWBC1次ラウンドを実施するには当然、屋根の雨漏りを補修しなければ国際的なイベントは実施できず、試合中にドーム球場で雨漏りでは世界中に恥をさらすのは間違いない。となれば、さらに補修費に市民の税金が充当される。まさに「税金を無駄に使ってばかりだ」という国民の意見が的を射ている。
産経ニュース
http://www.sankei.com/premium/news/160710/prm1607100008-n1.html

【管理人コメント】
素晴らしい!!
ドーム球場で傘をさし、トイレにも行けない球場は、世界でこの球場だけだろう。
世界一である。世界一と言う数値の好きな韓国人にとっては、夢の球場だろう~。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月10日 11:28 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp