韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  カローラ生誕50年 トヨタ、特別車・値引きキャンペーンなど販促を積極化

カローラ生誕50年 トヨタ、特別車・値引きキャンペーンなど販促を積極化

トヨタ自動車の大衆車「カローラ」が今年11月、初代モデルの発売から50年の節目を迎える。トヨタの成長を牽引(けんいん)した“功労車”だけに、トヨタは特別仕様車の設定や値引きキャンペーンなど積極的な販売促進策を展開し、「生誕50年」を盛り上げていく考えだ。

トヨタは11日、販促策の一環として、9月1日から500台限定の特別仕様車を発売すると発表した。「カローラアクシオ」のハイブリッドモデルをベースに、初代カローラの象徴だった赤の内装シートと、車名の由来である英語の「花冠」のエンブレムをリアなどに復刻したのが特徴だ。価格は240万円。

秋からはキャンペーンも展開する考え。カローラの購入者に対し、関連用品やサービスを5割引きしたり、5万円値引きしたりする販促策を進める予定だ。

トヨタが50年の節目でカローラの販促を強化するのは、同車が社を代表する大衆車だからだ。クルマのあらゆる面で「80点以上」を目指すことをコンセプトに開発された初代は昭和41年10月に発表され、わずか4年で世界販売100万台を突破した。


スポンサードリンク


初代発売後は4~6年おきに全面刷新されており、現在発売されているモデルは11代目に当たる。 カローラの世界販売台数は57年以降、ほぼ10年周期で1千万台上乗せされており、平成28年5月末までの世界累計販売台数は約4360万台に達した。日本国内では現在でも月約9千台が販売されている。
産経ニュース
http://www.sankei.com/economy/news/160711/ecn1607110019-n1.html

【管理人 補足記事&コメント】
トヨタ自動車は、『カローラアクシオ』にカローラ生誕50年を記念した特別仕様車「ハイブリッドG 50リミテッド」を設定し、9月1日より500台限定で発売する。特別仕様車はカローラアクシオ「ハイブリッドG」をベースに、初代カローラの特徴である赤の内装シートと花冠(ラテン語でカローラ)エンブレムを復刻。50年の歴史を今に再現したクルマとしている。

赤のスポーツシートは、デザイン部で保管してきた初代カローラのカラーサンプルをもとに往年の「赤」を今日の技術で忠実に再現。シートをはじめとする内装に採用するとともに、ブラックと組み合わせて配置することでモダンかつスポーティな室内空間を創出。また、花冠エンブレムをシートの背もたれやリヤ車名のエンブレム下に配置した。

さらに、フロントロアグリルをドットパターンとし、Bi-ビームLEDヘッドランプを特別装備したほかタイヤサイズを185/55R16&アルミホイールとし、スタイリッシュなイメージを付与した。ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン、ブラックマイカの2色を設定。価格は240万円。

トヨタのカローラーなら日産のサニーあたりか…。何とも懐かしい聞こえである。
アメリカなどではデンバーからボルダーあたりで、古いカローラなどを見かけたが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月11日 18:45 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp