韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  なぜ中国企業は短命なのだ!日本企業に見る「長寿の秘訣」

なぜ中国企業は短命なのだ!日本企業に見る「長寿の秘訣」

中国メディアの新浪財経は10日、中国には150年を超える寿命を持つ企業がわずか5社であるのに対して、日本には2万以上の企業が存在するのはなぜかというテーマについて論じる記事を掲載した。

記事は中国企業が短命である理由として「競争力を持たないというのに、ただ時代の潮流に任せて起業する人が多い」との見方を示し、こうした企業は一時的には波に乗れても途中で失敗することになると説明。一方で日本企業の長寿の秘訣について「資源の有効活用とイノベーションによる突破を2つの翼として進むべき方向に自ら羽ばたいて行けること、ここに企業生命の真価がある」と説明した。

記事が用いた「2つの翼」の例えは非常にわかりやすい。鳥は強風の中でも2つの翼を使い、進むべき方向へと前進していける。決して風に流されるままにはならない。しかし翼のない凧はもし強風により糸が切れてしまえば、あっという間に地上へ落下してしまう。企業には強風の中でも前進できる翼が必要であり、それは「資源の有効活用とイノベーションによる突破」であると記事は指摘している。

翼の一方である「資源の有効活用」についてだが、記事は日本企業は「上場を急がない」と指摘。中国企業の多くは上場を救世主とみなしているが、それによって得た多額の資金の使い方を誤まり、悲劇を招くと記事は説明。しかし上場していない日本の長寿企業は「より慎重に資金を活用する」と指摘した。


スポンサードリンク


また翼のもう一方である「イノベーションによる突破」についてだが、企業を長く生存させるための秘訣は、様々な外的変化に直面したときに恐れずに自分自身を変化させることができるかどうかにかかっているとの分析がある。日本の長寿企業の多くは「伝統とは革新の連続である」という考え方を大切にしているようだが、この考え方を大切にしている長寿企業の製品は和菓子、和傘、酒など様々だ。

本業の質を高めつつもそれぞれの時代における消費者の変化に合わせて果敢にイノベーションに取り組む姿勢は、業種を超えて長寿企業の秘訣となっていることが分かる。中国企業が短命なのは、こうした姿勢が欠けているためなのかも知れない。
http://news.searchina.net/id/1613983?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
2016年に「100周年」「70周年」など節目の年を迎える企業が全国で13万5292社となることが分かった。帝国データバンクによると、そのうち383社が上場企業という。また、「100周年」を迎えた企業は東京商工リサーチによると全国で2162社に上る。 「周年」企業で最も古いのが、戦国時代の1566(永禄9)年創業の寝具卸の「西川産業」の450周年で、次いで「ヒゲタ醤油(しょうゆ)」の400周年、「ユアサ商事」の350周年と続く。「三井住友銀行」「サッポロビール」はそれぞれ140周年を迎える。

このほか100周年以上を迎える企業は、雑誌・書籍出版の「新潮社」、傘下企業が食品事業を手掛ける「井村屋グループ」が120周年、クリーニングの「白洋舎」が110周年、「大同特殊鋼」「主婦の友社」「ホソカワミクロン」「霧島酒造」「ステラケミファ」「日本化薬」「かんぽ生命保険」などが100周年を迎える。実は200年を超える企業は全国に3000社強あり、世界でも極めて珍しく、中国には数えるほどしかないという。日本ならではの企業形態が老舗企業を守り育ててきたともいえる。

東京商工リサーチによると、2014年(1~12月)に倒産した企業の平均寿命はわずか23.5年。このことから事業を長く存続させることは容易なことではないことが分かる。 商工リサーチは創業100周年の企業は長年の経験と知識を蓄積しつつも、急速にグローバル化する経済の荒波の中でも過去の成功事例だけにとらわれず、激変する経営環境に柔軟に対応していると指摘している。

日本企業は本来定年まで人材を教育し、面倒を見る雇用を促進してきた。基本的にはこれが社員重視で生き延びてきたわけだが、今の時代はそれだけでは無理となったわけで、終身雇用も薄れつつあるとしながら、成長戦略で見い出す企業や中小企業における世代交代や、やはりグローバル化は必要だろう~。また文化と直結する企業も必死だ。

日本人の知恵はまだまだ出せると個人的には期待するが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月12日 12:02 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
外資につぶされる日本企業
出光と昭和シェルの合併。。。これは、健全性では出光。その優良企業を買収しようとしているのが昭和シェル。この昭和シェルは外資系である。日本の名門企業は外資につぶされるケースが多々。こんなんでいいのか???
[ 2016/07/12 12:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp