韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国製で故障激増!これが日本の工業の凄さ「たった1つのネジの違い」

中国製で故障激増!これが日本の工業の凄さ「たった1つのネジの違い」

中国メディアの突襲新聞はこのほど、日本製のネジの品質の高さは「敬服するに値する」と論じる記事を掲載した。

記事は最初に1つの体験を紹介。1990年代末、中国のある軍事工場が民間自動車を生産することになり、日本側のメーカーと交渉してある車種の設計図を入手。簡単に製造できると踏んでいたが、すべて中国国産部品で製造したところ故障率が激増、それはたった1つの種類の中国製ネジが複数な故障を招いていたのだという。

この経験が伝えようとしている点は明確だ。同じ設計図を使用して自動車を製造したが、日本製のネジではなく、中国製のネジを使ったとたんに故障が激増した。つまりネジの品質において、日本製と中国製の間には非常に大きな差があるということだ。

記事は日本製のネジについて「日本では品質規格に外れたネジはもともと販売されていない」と説明、しかし「中国ではどの種類のネジにも品質規格に外れたものが存在する」ため、品質規格に適合したネジを入手するにはわざわざ注文して作る必要があると指摘。こうした問題は他の部品についても存在しているため、生産コストは高くなってしまうという問題があると説明した。


スポンサードリンク


最後に記事は冒頭の経験をしたという工場のスタッフたちが「日本製のネジに驚愕していた」とも説明しており、これが「日本の工業のすごいところ」だと称賛している。

中国の工場スタッフたちが「日本製のネジに驚愕していた」というくだりは、アマチュア選手が経験豊かなプロ選手に直接指導を受けたときの感動に通じるものがあるかもしれない。プロ選手ならではの深い知識や研ぎ澄まされた技術に直接触れたときに震えるような感動を覚えるものだが、日本製のネジは当時そうした感動を当時の中国の工場スタッフたちに与えていたのであろう。
http://news.searchina.net/id/1614008?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
「特殊な性能」とは極めてシンプル。「ゆるまない」のである。ネジはその仕組み上、必ずゆるむと言われている。特に激しい振動を加えていると、あっと言う間にゆるみが生じる。しかし、このネジはゆるまない。 その秘密はナットにある。ハードロック工業(大阪府東大阪市)が開発した「ハードロックナット」は、2つのナットを組み合わせることによって、激しい振動を加えても締めつけが維持される。

米国航空規格に規定されている「NAS3350・3354振動試験」という試験がある。ネジが振動に対してどれだけゆるまないでいられるかを調べる、「最も過酷」と言われる振動試験だ。 標準ナットをこの試験にかけると、ものの20秒もたたないうちにゆるんでしまう。ゆるみ止めナットとして広く知られている「Uナット」も数分でゆるんでしまう。だが、ハードロックナットはその後1時間以上振動をかけ続けても、ゆるまない。

昔のカメラや腕時計などを組み立てるのに、小ネジを多用するが、作るほうも扱う作業者も熟練の技であった。私などはネジは小~大まで自由に扱えるプロである。韓国人にネジ絞め作業をさせると、何とも作業にならない…。ネジは日本技術の特徴でもあるだろうし、今もなお鉄道にしても車にしても欠かせないのがネジである。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月12日 18:58 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(2)
ハードロック
あの鳥居のクサビからヒント得て作ったというナットでしたでしょうか?

そういのも有るし、通常のISOネジなんかも、中国では アレ なんでしょうね。

こんな話も、ココで読んだのかな?

中国製の「ノギス」と、日本製「ノギス」の話です。ある部品を日本の工場と中国の工場で同時に生産するようになった、半年ほどは何事もなく部品の歩留まりも許容範囲に収まっていた、ところが半年ほど経ってから中国工場で不良が発生しだし、月を追う毎に返品が増えた。結局、この原意はノギスの差であった、中国で使っていたノギスは中国製で、日本製では考えられないくらいに半年で劣化し、部品精度がだせなくなった、という話し。

こんなレベルで、高速鉄道や原子炉を造る、考えたら恐ろしい事だと思います。

中国高速鉄道が、20年、30年と経過した時に、果たしてどうなりますか?

日本の新幹線は、ハイテクばかりかローテクや伝統技術的、ヘラ絞りなどでは、職人のスキルがものをいう、総合的技術の集積なんだと考える次第です。
[ 2016/07/12 21:32 ] [ 編集 ]
日本の技術を賞賛するだけでなく、自らの悪いところを見つけ、どうすればなくなるのか、考えて欲しい。
中国人にそれができない。いつも他人事。
[ 2016/07/13 07:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp