韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  国防部、首都圏防衛不可能を承知でTHAAD配備推進

国防部、首都圏防衛不可能を承知でTHAAD配備推進

国防部は13日、高高度防衛ミサイル(THAAD<サード>)配備の最適地として慶尚北道星州(ソンジュ)を選定したのは、軍事的な効用性、住民の健康と環境などを総合的に考慮した結果だと発表した。しかし、国防部は、THAADを星州に配備することで防空網から外れたソウルと首都圏地域に対しては、既存のパトリオットミサイルが防衛能力を備えていると明らかにした。 当初国防部がTHAADを導入する際に公言した「多層ミサイル防衛網」の構築も、その範囲が限られることになった。

■どうして星州なのか?
THAADは人口の半分が住む首都圏を防衛するのに限界があるため、これを除いて主な軍事施設などに防空網を提供できる地域を中心に、約10カ所の後方地を比較検討したというのが国防部の説明だ。これらの地域のなかで星州は、THAADの最大射程距離とされる200キロメートル半径内に米軍の主要施設である平沢(ピョンテク)、烏山(オサン)、大邱(テグ)、漆谷(チルゴク)、群山(クンサン)などの基地、韓国の陸海空軍の本部がある鶏龍台(ケリョンデ)などを包括する。国防部は、東南海岸の古里(コリ)や月城(ウォルソン)などの原子力発電所地域にも防空網を提供できるという点なども高く評価されたと説明した。

リュ・ジェスン国防部政策室長は、星州が比較的に住民の安全と環境などに影響が少ない地域という評価も、(配備予定地としての選定に)大きな影響を及ぼしたと説明した。THAADが配備される予定の星州のホークミサイル砲隊は、星州邑の市街地から1.5キロメートル離れた海抜400メートルの高地にある。リュ室長は「THAADレーダーの出入統制区域である半径100メートル以内は、部隊の敷地内にあるため、住民の健康には影響を及ぼさない」と述べた。


スポンサードリンク


■首都圏の防衛はどうなるのか?
国防部はTHAAD防空網から首都圏が除外された背景と関連し、休戦ラインが近いため、THAADでは北朝鮮のミサイルを防げないと説明した。首都圏に飛んでくる北朝鮮のスカッドミサイル(射程距離300~700キロメートル)は飛行高度が低く、迎撃高度40~150キロメートルのTHAADでは迎撃できないということだ。したがって、首都圏は迎撃高度が3~20キロメートルで低いパトリオットで防空網を構成するしかないというのが、軍当局の説明だ。

現在、軍のパトリオット砲隊はソウル周辺に複数配備されているという。ハン・ミング国防部長官は同日、国会予算決算特委で「首都圏は韓米パトリオットによって防護されている」と述べた。リュ室長は「パトリオットミサイル1砲隊でソウルの面積をカバーできる」として、「既存のパトリオット2ミサイルの性能改良が首都圏で先に進められおり、有事の際には(THAAD配備で防空網に余裕が生まれた)後方のパトリオットを首都圏防衛に使えるだろう」と述べた。

しかし、このような構想は、国防部がTHAADの導入の必要性と多層ミサイル防衛網の構築などを掲げていた当初の態度とかけ離れたものだ。国防部はTHAADが導入されれば、北朝鮮のミサイルを40~150キロメートルの高い高度でTHAADが先に迎撃し、約20キロメートルの低い高度でパトリオットがもう一度迎撃する多層ミサイル防衛網を構築できると説明してきた。ところが、首都圏については国防部のこのような主張が当てはまらなくなったのだ。

国防部が最初に主張した多層ミサイル防衛は、慶尚北道星州を中心とした最大半径200キロメートル以内のTHAAD防空網の提供地域に限定される。リュ・ジェスン室長は「当初、国防部が、THAADは首都圏の多層防衛用と言っていたではないか」という指摘に対し、「そのようなことは言っていない。大韓民国(全国土)レベルでの多層防衛を申し上げた」と釈明した。首都圏には多層ミサイル防衛が構築されないが、国土の2分の1または3分の2地域では多層防衛システムが作動するという主張だ。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/24631.html

【管理人コメント】
THAADは何処に設置しても今の韓国では問題となるだけだろう。
ソウル都市部が守れないというが、北朝鮮の弾道ミサイル追尾は出来るだろうし、撃墜も可能だろう。
如何いうTHAAD防衛とするのかは不明だが、都市部が守れないならば意味が薄い。

日本はイージス艦を含めた他層防衛と近隣諸国の包囲網で連携するわけで、自国のTHAADのみで防衛は無理。政府としてどういう包囲網を実施するかにあるが…、今の韓国は政府も乱れており、中国に文句すらいえない国であるから、自国としての考えは無いのではないか…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月14日 09:29 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
>今の韓国は政府も乱れており、中国に文句すらいえない国であるから、自国としての考えは無いのではないか…。。。

THAADは米国から最後通牒を突き付けられたのでしょうね
「配備しないなら、アメリカも韓国防衛の義務を放棄する」くらいは言われたのでしょうねw
[ 2016/07/15 07:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp