韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  LGの技術力は世界最高だが中国の追撃は恐ろしい

LGの技術力は世界最高だが中国の追撃は恐ろしい

「パネルはバッテリーと違って高高度防衛ミサイル(THAAD)の影響は大きくない。本当に恐ろしいのは中国が作っている19カ所のディスプレー工場だ」。 LGディスプレーの韓相範(ハン・サンボム)副会長は12日、京畿道坡州(キョンギド・パジュ)にあるLGディスプレー工場で記者団招請懇談会を開きこのように明らかにした。

韓国ディスプレー産業協会会長を兼任している韓副会長は「THAADがパネル業界に及ぼす影響は英国の欧州連合(EU)離脱より微小なもの。パネルは中国が輸入して多様な製品に応用する部品のため、完成品であるバッテリーとは状況が大きく異なる」と話した。

そして中国が積極的にディスプレーに投資する状況を注目していると話した。韓副会長は「現在22カ所である中国のディスプレー工場が2019年1~3月期に41カ所まで増えるだろう。すべて完工すれば厳しい戦いが始まるだろう」と話した。中国のディスプレー工場数は2009年には6カ所にすぎなかったが昨年には20カ所を超え、いまも追加で建設中だ。

韓副会長はしかし技術力では自信を見せた。「中国企業が液晶パネルと有機EL生産に相次いで参入しているが、有機ELの場合、テレビとモバイルのどちらも量産に成功できていない。技術格差がある時にさらに引き離さなければならず、それで研究棟の灯りが消えない」と話した。


スポンサードリンク


液晶パネルと有機ELの生産割合と関連しては、「液晶パネルで稼いで有機ELに投資する計画」と強調した。「グローバル競争が激しくなり液晶パネルの利益率がやや悪化したが、LGディスプレーの技術力はまだ世界最高水準のため収益性も相対的に良い。ただモバイル分野で有機ELがメガトレンドとなっているためついて行くしかなく、今後3年間に集中投資する計画だ」と話した。

LGディスプレーが未来動力として投資する有機ELテレビはまだ売り上げ全体の10%に満たない。歩留まりが良くなりプレミアム市場で有機ELテレビの位置づけが大きくなり供給量も増えたが、営業利益で黒字を出せずにいる。業界では2018年からLGディスプレーの有機ELテレビパネル事業が黒字転換すると予想する。

主要顧客だったアップルがiPhoneに液晶パネルの代わりに有機ELを採択することにしたことについても詳細に説明した。韓副会長は「アップルが液晶パネルをやめるのではない。(契約)交渉は順調に進んでおり、『一歩前進のための一歩後退』はありえる」と話した。続けて「スマートフォン市場が飽和状態だとはいうが依然として成長中のため製品力が卓越した液晶パネルを出す限り顧客確保は懸念しなくても良い」と話した。
中央日報
http://japanese.joins.com/article/261/218261.html?servcode=300§code=300

【管理人コメント】
LGの技術力は世界最高だが中国の追撃は恐ろしいと言う題名だが、LGの技術が世界最高と言うならば、中国の追撃など恐ろしいわけがないだろう~。

2015-05-20-lg.jpg

LG電子の前は金星社であり、そのトップと会食しているが、日本技術土台にあり組織構成は非常に日本企業に似ている。
つまり韓国財閥企業は利益を得るための中小企業組織の山済みであり、ロッテの組織を見ればわかるが、とてもきれいに構成できない不正の山組織である。もともとLG電子事態の体質が日本よりであり、1995年当時の支配力と比べれば、サムスンに譲り影となったわけで、技術を見い出す努力をしてきた企業ではあるが、数年前にもLG電子若手幹部連中と話をしたが、能力はまだまだ低すぎる。世界最高でないから、一位になれないわけだが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月14日 11:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
世の中の韓国製品
一応韓国ではサムスンが世界一ということです。では、そのサムスン製品は世界ではどう扱われているか?
アメリカではサムスン最新のS7の防塵防水耐衝撃のスマホが性能不足で販売禁止。
ロシアではサムスンスマホは故障多すぎだが、修理不可ということで販売禁止(今は?)。
韓国国内ではスマホが爆発事例が多々。
所詮、韓国製なんてそんなもんですよ。
[ 2016/07/14 12:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp