韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本企業の実力を見誤るな!日本の失われた20年の「真相」

日本企業の実力を見誤るな!日本の失われた20年の「真相」

日本は1990年代のバブル崩壊を受け、経済成長が失われた時代に突入した。一般的には「失われた20年」などと形容されるが、中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の失われた20年の「真相」について考察する記事を掲載した。

記事は、まず日本経済はバブル崩壊後に成長を失ってしまったとしながらも、日本企業のイノベーション能力は失われておらず、むしろ世界有数の水準にあると指摘。その証拠として、トムソン・ロイターが世界でもっとも革新的な企業を選出した「グローバル・イノベーター 2015」に日本から世界最多となる40社が選ばれたことや、世界経済フォーラムの報告で、日本の国際競争力が世界6位と分析されていることなどを挙げた。

さらに、日本企業はなぜ「失われた20年」に直面してもイノベーション能力を失わずにいられるのかと疑問を投げかけると同時に、著しい経済成長を遂げた中国はなぜ「この期間にイノベーション能力を身に付けることができなかったのだろうか」と嘆いた。

また記事は、中国は「失われた20年」という言葉で覆い隠された日本の実力を見誤ってはならないと主張し、なぜなら「日本企業のイノベーション能力は低下するどころか、むしろ向上しているからだ」と主張。


スポンサードリンク


さらに、日本企業のイノベーションは国による金銭的、政策的な支援にかかわらず、企業の努力そのものによって生み出されているとし、「世界的に名を上げることを目的とせず、これまで以上の消費者体験を提供することを目的とし、他者の批評を甘んじて受ける謙虚な姿勢があるからこそ、日本企業はイノベーションを生み出すことができる」と指摘。家電分野を中心に、中国では「日本企業は衰退している」という論調があるとしながらも、こうした論調を信じているようでは日本企業の実力を見誤ってしまうと論じている。
http://news.searchina.net/id/1614140?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
日本における「失われた20年」とは、日本経済が安定成長期終焉後である1991年(平成3年)2月から約20年以上にわたり低迷した期間を指す語である。2016年現在、「失われた25年」とも呼ばれる。日本のバブル景気は1991年(平成3年)2月頃から後退し始め、バブル経済も崩壊。それによって消費や雇用に悪影響を及ぼし、デフレーションになった。これにより安定成長期も終焉となった。

バブルの崩壊で地価や株価が急落。失われた10年はいつの間にか20年になり、25年に及ぼうとしている。名目GDP(国内総生産)の最高が97年であることが何よりもそれを物語っている。国際通貨基金(IMF)によれば、2009年には中国に抜かれて世界第2の経済大国の地位をゆずり、14年には名目GDPで中国の半分になってしまった。

第1にいえることは、日本経済の足かせとなった不良債権の処理が遅々として進まなかったように、常に一時しのぎで切り抜け、根っこの問題を先送りしてきたことだろう。 既得権益にメスを入れることができず、岩盤を打ち砕けなかった。その結果が1000兆円をこえる借金を抱えてしまった財政にあらわれている。自民党長期政権でつちかわれた政官業の三角形は決して完全に破壊されていない。構造改革は中途半端なままだ。

第2は政治のありようである。平成になって生まれた首相は安倍晋三氏までで16人。小泉純一郎首相のあと民主党政権の野田佳彦首相まで6人が1年交代だった。 とりわけ問題だったのが衆参のねじれ現象だ。はじまりは1989年の参院選である。決まらない政治の原因となった。短命政権で政治のリーダーシップが期待できず、外交力も弱体化させた。

とはいっても企業は技術を蓄積し、コストダウン手法を確立し、内部留保金を300兆円まで押し上げたわけで、何を失った20年なのかは、上記の不良債権処理を含めた事を指すわけだが、企業はしっかりと蓄積してきたと言える。この時期のおかげで企業体力が付いたのは事実だが、成長戦略に欠ける体質になったのも事実…。

是非今後に期待をしたいが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月14日 13:45 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp