韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  国際 >  親世代より貧しい青年世代「良くなる希望もない」

親世代より貧しい青年世代「良くなる希望もない」

三放世代(恋愛、結婚、出産を放棄した韓国の青年世代)、悟り世代(金儲けや出世に関心のない日本の青年世代)、ミレニアム世代(1980~2000年代に生まれ、世界金融危機を幼時に体験した米国の青年世代)。青年世代に付けられた名称はそれぞれ違うが、これらには共通した情緒がある。「この先、良くなる希望がない」ということだ。

米国の「マッケンジー国際研究所」(MGI)は13日、「親世代より貧しい?先進国経済で横這い、または減少する所得」という報告書で、先進25カ国の2005年と2014年の世帯所得を比較した結果、所得が9年前に較べ横這い、または減少した世帯の比率が65~70%に達すると明らかにした。1993年と2005年を比較した同じ調査では、2005年に12年前に較べて世帯所得が横這い、または減少した比率が2%未満で、ほとんどの世帯の所得が上がっていたことに較べ途方もない差異を見せる。25カ国で世帯所得が横這い、または減少した65~70%に属する人口は、約5億4000万~5億8000万人と推算された。

研究陣は世帯所得の水準が停滞した最大の理由として「2008年世界金融危機」以後に世界経済が本格的な低成長局面に入ったことを挙げた。「労働市場の変化」や「人口構成の変化」も主な原因だった。急速な高齢化により経済活動人口が減り、工場の自動化が進み、時間制の仕事が増加し、質の悪い仕事が増えるという全世界的な現象も世帯所得の減少に影響を及ぼした。研究陣は、世帯所得の減少で最大の打撃を受ける階層は「青年世代」と「低学歴労働者階層」と明らかにし、「親世代より貧しく生きざるをえない青年世代の現実を見せる」と指摘した。


スポンサードリンク


米国、英国、スウェーデンなど、所得水準の高い上位25カ国を対象に実施された今回の研究で、世帯所得が減少した比率は国家別にも大きな差異が生じた。スウェーデンは10年前に較べて世帯所得が横這いまたは減少した比率が20%に過ぎない反面、米国と英国はそれぞれ81%、70%に及んだ。米国では10人に8人が10年前に較べて所得が減ったのに対して、スウェーデンでは反対に8人が所得が増えた。最近の深刻な景気低迷を受けているイタリアは、全世帯の僅か3%だけが10年前に較べて所得が増えた。研究陣は「スウェーデンの場合、一定の賃金と労働時間を保障する政府の政策と、高水準の社会保障制度が影響を及ぼした」と評価した。

世帯所得の減少は人々の考え方にも影響を及ぼした。2015年にマッケンジー研究所がフランス、英国、米国の市民35万人を対象にアンケート調査した結果によれば、「自分の所得が増えない」と答えた人の75%は「子供世代の所得も増えないだろう」と悲観的に展望した。「自分の所得が増えている」と答えた人も、半数は「子供世代の所得は増えないだろう」と答え、程度の差はあるが未来に対する展望は明るくなかった。

「(現在)所得が増えない」と答えた人々は「自由貿易」と「移民者」問題に対して否定的な回答が多かった。彼らのうち、自由貿易と移民者について否定的に答えた比率は50%に達した。「所得が増えている」と答えた人の否定的回答は29%であり、差が大きい。研究陣はこれを土台に「賃金が上がらず、未来に希望を持てない人が増加することは、フランスの「国民戦線」や英国の「独立党」のような極右政党が人気を得ていることと軌を一にする」と分析した。研究陣は、景気の低迷と低成長基調が続くなら、今後10年後には「賃金が減ったり停滞する世帯数」は70~80%に増えるだろうと警告した。マッケンジー研究所のリチャード・トップス・ロンドン局長は「世帯所得の減少は経済成長に対する欲求を制限し、社会福祉費用が増加するなどの影響を持たらす」と話した。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/international/24637.html

【管理人コメント】
他国を考えるよりは、自国である韓国自身の事を考えればよいのではないか…。
現在火の車となっている国である。将来希望の無い国である…。

平均年収が250万円程度で、物価はほぼ日本と同じ。単純に日本の半分の生活水準でしかない国である。
中小企業雇用率が90%近い国であり、大企業で利益を得て自国貢献している雇用率は2%程度である。

大手企業は外資系企業であるから、自国貢献度は低いだけでなく、その利益は財閥中心であり、海外株主に利益を還元し、大半が海外労働者に給料を支払う。自国還元は非常に乏しい。中小企業の60%が大手企業の部品企業とはいえ、経済低迷で火の車となっているのは、この中小企業である。そしてこの中小企業で生活している国が韓国である。

と考えれば今の現状では、大学へ行っても、自国外の国でない限りは能力発揮する場所は無い。
大学を出てもアルバイトで生活する国は、韓国位だろう…。中国でさえ副業大国である。様々な副業を生かすことは良い事だが、不正でない限りは、自分で仕事を見つけて自立しつつ、企業から給料ももらうわけで、不思議な国と言えば不思議だが…、韓国にはそういうことすらないのでは、将来の希望などどこ吹く風である。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月15日 10:04 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
みずほ銀行
みずほ銀行が劣後債発行。邦銀最高残高。ついにここまできたか。。。劣後債は金利はべらぼうに高いがデフォルトしたら紙くずという社債。つまり、ジャンクもの。困っていない会社は発行しない。みずほ銀行、ソフトバンクは劣後債で資金調達。。。
つまりこの2社は多額の資金が無条件で欲しい。融資は不可能で株価高も見込めない企業の手段。みずほ銀行は相当やばいのでは?
なんせ、ソフトバンクと同じ資金調達ですからね。金利の高いのは大注目(寝ているだけで金が入る)しますが、みずほ銀行はちょっと投資する勇気ありません。みずほ銀行はそのレベルになってしまったんだな。。。
[ 2016/07/15 20:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp