韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  ロボット革命は日本にどのような影響を与えるか「ロボットは消費しない」

ロボット革命は日本にどのような影響を与えるか「ロボットは消費しない」

中国メディアの人民網はこのほど、ロボット革命は日本経済にどのような影響を与えるかという問いを提起、現在得ることのできる予測について紹介している。

記事は「日本経済が直面する最大の問題の1つは労働者の減少である」と説明、そして「日本はロボットにより労働生産性を向上させ、同時に生産年齢人口の減少と設備投資不足の二大問題を緩和しようとしている」と指摘した。

一方で、ロボット革命による狙いについて「楽観視できない」と主張し、その理由として「人口減少による経済へのマイナス影響は生産側と消費側の両面に生じるが、ロボット技術の進歩は生産側に生じるマイナス影響を抑える作用しかない」ことにあると指摘、また「ロボットとAIの普及は必ず失業の増加を招く」という点も楽観視できない理由の1つとの見方を示した。

記事が指摘する最初の理由、すなわちロボットは人間に代わって生産できても人間に代わって消費することは決してできない、つまり消費者になることはできないという道理は確かに真実だ。どれだけロボット技術が進歩しようとも、ロボットが家や車の購入を考えることはない。


スポンサードリンク


また失業の増加については、「第四の産業革命」によりロボットが工場を管理するようになるため工場から人がいなくなるという現象がかなり近い将来普通に見られるようになるという見方がある。

その時、人間はロボットができない分野、例えば創造性を発揮するという能力を活かす方法で働くしかないという見解もある。ロボット革命が日本経済にどのような影響を及ぼしていくかという点について、現時点では確かに楽観視できない要素も存在しているようだ。
http://news.searchina.net/id/1614245?page=1

【管理人コメント】
ロボットは介護の分野のみならず、一般企業でも報告書作成などには、威力を発揮するだろう。つまり面倒だった作業はロボットが的確にこなす。人間が適格に効率よい仕事を実施する為のアドバイザーになりうるのでは~。

人間とロボットで一体となって、仕事をこなす。部下がロボットになる日も近い~。
その逆にならないことを祈りたいが…。。。

様々な分野で活躍するだろう。製造からサービス産業まで人間の補てんとなるだろうし、危険な場所での作業には欠かせない。またロボットのメンテは人間でないと無理だろうから、新たな産業と仕事が増えるのではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月15日 13:46 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(3)
消費者は?
中国の着目点は「ロボットは消費しない」
人文科学の視点で見ている(ヒマだな、他に無いのか?)

日本の政府官庁はもっと真剣に調査研究していて、
生産者と消費者を分けてみると、
一番はデバイスを作る事業者はいるのか。
二番は消費者が使いたいと欲求するか。
事例は、介護ロボットと子育てロボット。
手放しで、素晴らしいという評価はないです。

工場自動化の延長で考えると、機能を定義できて、
工学の範囲で要求機能を実現可能な用途。
ここでロボットが出てくるでしょう。
[ 2016/07/15 17:01 ] [ 編集 ]
日本が先行して
日本が先行して達成すると思いますが、例えロボットや他の機械類、AIで置き換える事が出来る分野でも、人の仕事を奪う分野、人でも機械でも良い分野、そんなのは法的にも世論でも機械化を進めない方向に向かうんではないでしょうか? 例えば原発作業などでは、監督はあくまで人間がやるとか、機械化比率を制限するとか、でないと困りますし、そもそも人間の存在意義すら無くなってしまいます。良識のある国なら必ず何らかの制限を設けると考えたいところです。

ここで心配になるのは、韓国です。

あの国は実は人間を信用してないし、自分さえ儲かれば他人はどうでもいいと考えるでしょう、そして内需は元々弱い、ロボットを大量導入してコスト・カットし、海外市場を席巻しようと考えるはず。

大人口を抱える中国だって、もしかしたら同じように考えるかも知れません。

国家の良識に関わって来ると考えます。

また、中国・韓国などは深い洞察もなく突っ走りますから、一時的に加速度的に普及し、先行する日本始め先進国を追い越しますが、知恵が足りないですから、ロボット化の弊害も早い段階で、しかもかなり深刻な形で現れると考えます。

許容性資産指数で見ればマイナスと言われる両国です、今だって環境破壊も資源浪費も省みず、とにかく先に儲けようとして、取り返しのつかない状況に向かってばく進しています。両国は、その延長上にある形に収束して行くと予想します。

そうした、漠然とした不安が、このような記事になるのではないでしょうか?

私はバカだけど、そうおもうなぁ。
[ 2016/07/15 18:50 ] [ 編集 ]
ロボット革命の頃には
ロボット革命のころには中国、韓国は存在しているのだろうか?
昨夜、BSフジプライムニュースで小池は今後はアジアでの難民に日本はそなえなければならないと述べた。
まず、韓国はここ2年以内に崩壊すると思います。平昌オリンピックは無理です。後一年半でメイン会場、競技場は用地買収まだ。。。おまけに、韓国マスコミはポケモンGOは韓国人がつくったとか言い始めたので、そこまで国家高揚しなければならない状況。
中国は3年もつかな。。。未払い賃金の労働者の蜂起から始まる。
一方、ヨーロッパ。実は、ここに大きな爆弾がある。実はドイツは原子力発電所を放棄してから、高レベル廃棄物を地下に埋葬している。しかし、格納容器が地下水で崩壊の危機。地下深く、高レベル廃棄物。地下水は止めれない。どうしようもない。よくドイツに居る人たちは水のむよな。。。福島言ってる場合じゃないんですよ。ドイツは!あと、ドイツ銀行の破綻の可能性。。。
日本は移民に備えなければならない。
[ 2016/07/15 19:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp