韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  三星電子、中国の電気自動車メーカーに5000億ウォン投資

三星電子、中国の電気自動車メーカーに5000億ウォン投資

三星(サムスン)電子が世界トップの電気自動車メーカーである中国・比亞迪(BYD)に、計5000億ウォン規模の持分投資を行う。15日、三星電子によると、中国の三星電子の半導体販売法人である上海三星半導体有限公社は、BYDの有償増資に参加して、来週、約2%の持分を新株で手にする。

三星電子側は、BYDの経営には参加しないと明らかにした。BYDは、充電用バッテリーメーカーとして出発して、自動車や携帯電話の部品事業まで手掛けており、現在、世界電気自動車市場で販売台数(シェアは15.1%)トップの企業となっている。昨年は電気自動車とプラグイン(充電式)ハイブリッド自動車とを合計して、計6万台余りを販売した。2008年は、ウォーレン・バフェットのバークシャー・ハサウェイの子会社が同社の10%の持分を購入して話題となった。

三星電子は今回の投資を機に、BYDと戦略的協力関係を締結して、電気自動車用半導体など、自動車部品事業を強化するものとみられる。三星電子はこれまで、BYDに車両用半導体や液晶表示装置(LCD)などを供給してきた。

今回の投資件について、財界では、金額は大きくないが、中国電気自動車メーカーへの三星側は初の投資ということに意味があると分析した。三星は最近、米国系スタートアップを中心に投資してきており、ここ数年間、中国企業への投資は行わなかった。特に、今回の投資が中国政府との関係にも前向きな影響を及ぼすだろうと、財界では見込んでいる。


スポンサードリンク


三星電子の関係者は、「BYDは、米テスラより生産台数の多い電気自動車メーカーだ」と語り、「今後、電気自動車市場の早い成長が見込まれるだけに、予めパートナーシップを交わして、長期的に多様な事業チャンスを模索することになるだろう」と説明した。
現在、三星電子に携帯電話のメタルケースなどを納入しているBYDも、従来の取引関係に安定性を加えることができるようになった。
電子業界の関係者は、「お互いに部品をやり取りしている関係となっている三星電子とBYDが、今回の持分投資を受け、協力関係をなおさら強固なものにしていくものとみられる」と言い、「三星電子とBYDとのウィンウィン(win-win)のための戦略的提携だ」とみている。
東亜日報
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/538311/1

【管理人 補足記事&コメント】
2009年、世界シェア(個数ベース)で第2位の2次電池メーカーである中国 BYD(比亞迪)社は、矢継ぎ早にガソリン乗用車を発売することで、事業を急拡大させている。同社の新車の開発期間は約2年と、圧倒的な速さを誇ってきた。中国BYD(比亞迪)社のCEOを務めるChuanfu Wang(王傳福)氏は、当代中国きっての創業経営者といわれる。安徽省に生まれ、少年期に両親を亡くすという体験を糧にしたのかもしれない。「自分で道を切り開くという強い意志を持っている」とした。

また、「常識破り」の事業拡大を次々と実現してきた。製造の自動化設備を購入せずにLiイオン2次電池を造り始めたり、一部品メーカーにすぎないのに携帯電話機の製造を受託したりした。さらには、精密機械工業の代表である自動車にも手を伸ばした。そして、それらすべてで一定の結果を出してきた。

2008年におけるBYD社の売上高は,前年比21%増の約3991億円、営業利益率は4.3%に達した。今や電池事業は売上高の2割にとどまる。残る8割は,小型液晶パネルなどの携帯電話機向け部品事業と、自動車事業でほぼ分け合う。また2010年11月5日、電動車両のシンポジウムと展示会「EVS25」(中国・深セン、2010年11月5~9日)において、電動バス「K9」を出展した。同社が2010年9月30日,中国・湖南省に1000台納入することを発表していたもので、展示会場で披露している。

そして、中国の低炭素化に向けた考えを発表している。同社はまず、バスとタクシーから電気自動車(EV)化することが非常に有効であるとした。と言う経緯を考えれば、サムスンは、中国の自動車分野で、エコカー推進に乗り出すという事だろう~。なんとも裏があるわけで、次第に見え隠れしながら、習近平とサムスン副会長の思惑が出るのではないか…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月16日 10:39 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp