韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  蛇口の水が直接飲めるのに、ミネラルウォーターを買う日本人

蛇口の水が直接飲めるのに、ミネラルウォーターを買う日本人

梅雨前線が停滞する九州地方でしばしば局地的な大雨に見舞われ浸水などの被害が出ている一方、関東地方ではこの時期としては雨が非常に少なく、利根川水系のダムの貯水率が大きく低下している。本格的な夏が到来すれば、水不足はさらに深刻化する可能性もある。「蛇口を全開にして豪快に水を飲む」ことが憚られる状況だ。 

ところで、蛇口をひねってすぐに水が飲めるというのは、しばしばそうでない国や地域の人からは驚きや羨望のまなざしを向けられるものだ。台湾メディア・中国時報電子版は13日、日本ではそのままでも水が飲めるのに、敢えて飲まない日本人が存在することにさらなる驚きを覚えたとする文章を紹介している。 文章は、日本に留学している台湾人の日記だ。「台湾にいた時は、水道の水は塩素のニオイがきつく、沸騰させるかろ過させないと飲めなかった。だから、蛇口をひねって直接飲める国は総じて羨ましかった」としたうえで、来日後はその喜びを大いに感じていたようである。

しかし、日本人の友だちと水の話をしたときに、衝撃の事実を知る。家にろ過器は付けているのかと聞かれ、「ないよ。水道の水はそのまま飲めるでしょ」と返答したところ、「直接飲んでもどうってことはないけど、飲まないほうがいい。私はボトルの水を買って飲んでるよ」と言われたとした。


スポンサードリンク


その後いろいろ調べてみた結果、水道自体に問題はないものの、古い建物だと配管も古いため、不純物が含まれるようになるとの認識を得たという。そこで「保険」としてろ過機能のあるポットを購入、それで「体に良く、少し安心もした」と綴っている。

「そのまま飲めるのに、そのまま飲まない」ことを知ったこの留学生の驚きは、さぞや大きかったことだろう。「そのまま飲めるだけでも幸せではないか」と思ったかもしれない。その一方で、蛇口の水がそのまま飲める日本において、浄水器や浄水ポット、そしてペットボトルの水が大量に売られてことにも納得しただろうか。
http://news.searchina.net/id/1614342?page=1

【管理人コメント】
そういえば私も前の家から今の場所に引っ越してきてから、温めてからしか飲んでないなぁ~。
前の場所と今の場所は8km程度しか離れていないのですが、市が違うのですよね~。
それだけであるのに、この場所は消毒のにおいがきつい…。。。

アレルギー体質の子供を持つ親などは気を使いでしょうね~。
沸かせばよいので、それで飲んでますが、沸かすことに慣れてしまいましたね~。

中国人からすれば、確かに不思議と言えば不思議かもしれませんが…。
日本人の体も、それだけちょっとした環境の違いで、体調などかなり気を遣う~。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月16日 13:54 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(1)
我が家では水道水で充分間に合ってますね、尤も私は、味覚や嗅覚が特別鋭敏ではないんだと思いますが。

ただ、餓鬼の頃に、今と同じ埼玉県川越市の自宅から、横浜市鶴見区の親戚に遊びに行くと、水道水が不味く感じたものです。

水源だけの問題じゃなくて、水道管のコンディションなど、色々と要因は在るんでしょうね、ただ、餓鬼の頃は自宅に井戸も在ったけど、井戸の水の方が美味かったとか記憶に在りません。案外良いのかな、川越市の水道水。地元で水道水が不味いと言う話は聞いた事がありません。

ペットボトルの水、出先でもなければ私は買いませんね、買った記憶がない。ガソリンより高い水なんて、この日本では馬鹿馬鹿しいと考えます。買わないから価格もよくは知りませんが。

あっ、浄水器は着けてます。でもこれは、どちらかと言えば付き合いで買ったものです。
[ 2016/07/16 15:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp