韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本人がMT車よりもAT車に愛情を注ぐのはなぜ?

日本人がMT車よりもAT車に愛情を注ぐのはなぜ?

中国メディアの国捜汽車はこのほど、日本人がMT(マニュアル)車よりもAT(オートマ)車に愛情を注ぐのはなぜかという問題を提起、その理由について論じている。

最初に記事は日本自動車販売協会連合会のデータを引用し、日本における1985年当時のAT車比率は48.8%だったのに対して、2010年は98.3%にまで上昇していることを紹介。こうしたデータから日本で「AT車」が普及していることが分かるが、ではなぜ日本ではこれほどまでにAT車が受け入れられたのだろうか。 その理由として、山地や丘陵の多い日本の地形にAT車が合っていること、AT車の燃費性能が向上したこと、政府によるハイブリッド車や電気自動車の普及政策、AT限定免許の存在、またクルマ好きの減少がMT車を選択する人の減少につながっているなどの点を指摘した。

中国の自動車市場でも、AT車を選択する消費者が増加傾向にあるが、それでも中国国産自動車メーカーにとってはMT車が主力商品だ。中国国産車の10万元(約160万円)以下クラスの自動車は、基本的にどの中国国産メーカーもMT車を主力商品として販売している。


スポンサードリンク


中国国産車のMT車はAT車に比べて8000-1万元(約12万8000円-16万円)も安く、MT車のほうが燃費性能も良いこと、さらにギヤチェンジの際に「路面と車とのコミュニケーションを感じ取ることができる」などドライビングの楽しさを味わえることも、中国でMT車が支持される理由だ。従って中国の消費者が、日本人はAT車に「特に愛情を注いでいる」と感じるのは自然なことだと言える。
http://news.searchina.net/id/1614338?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
日本には、欧州のレベルでは考えられないほどの「慢性的な渋滞」という大きな違いがある。高度経済成長期と共に爆発的に増加する自動車、狭い国土で進まない道路整備、都市部では朝夕のラッシュ時に猛烈な渋滞、それだけでなく、帰省や行楽シーズンには都市部以外でも何十km、時に百km以上の渋滞。首都高などは慢性的な渋滞なので「低速道路」など揶揄されるほどで、日本のクルマは何よりも「真夏の酷暑の中でエアコンをかけながらノロノロ運転しても大丈夫な事」が重要だった。

おかげでオーバーヒート対策や電装系はすっかり強くなり、世界でも屈指の耐久性を確立した。もっともMTについても独自の進化を遂げた。ヨーロッパ系のクルマと日本車のMTの変速比を見るとわかるが、昔ながらのミッションで小排気量車ほど、1速が2速と異様に離れたローギアードなのです。日本車以外でも、「スタート以外は1速など使わない」という理由でスタートダッシュに特化したレーシングパターンのMTはありますが、たまたまそれが日本の渋滞にマッチした。

ノロノロ運転でやたらと1速を多用し、シフトチェンジの楽しみなど味わう機会が少ない、となればMTのメリットはほとんど無く、ATが主流になるあたりは、欧州と同じような過程を経て真逆の結果にたどり着いた理由でもある。それでも1990年代までは「ブレーキを離せば勝手に走り出すのが怖い」などの理由でMTが好き、というよりMTにしか乗れない人も団塊世代を中心に多かったわけだが、その世代が引退する時代が来るとMTを忌避する理由も無くなることになる。

日本の各自動車メーカーもATという枠の中で燃費やレスポンスの向上に努めた結果、多段式ATもCVTも発展し、「エンジンの回転数を上げてからゼロ発進できるからスタートダッシュが速い」や「シフトチェンジでクルマを操る楽しさがある。」という以外にMTを選ぶ理由は無くなってしまった。クルマの主流もミニバンやクロスオーバーSUVで、スポーツカーに乗る人も少ないわけで、クルマ作りもAT車が中心となり、今やMT車でも電子制御スロットルやトラクションコントロール搭載で「ドライバーはクルマに指示を出すだけ」になりつつありある。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月16日 18:57 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp