韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  老朽ディーゼル車45万台、来年からソウル全域で運行規制

老朽ディーゼル車45万台、来年からソウル全域で運行規制

来年から、ソウル全域で老朽化したディーゼル車の運行が規制される。仁川市(インチョンシ)全域や京畿道(キョンギド)内のソウル隣接地域は2018年、京畿道郊外地域は2020年から禁止となる。約45万台がその対象となる。

環境部の関係者は15日、「老朽化したディーゼル車の運行規制地域(LEZ)を拡大することに、ソウルと仁川市、京畿道の3つの地方自治体が合意した」としたうえで、このように明らかにした。環境部やこれらの自治体は先月末、粒子状物質の低減対策の一つとして、LEZ拡大に原則的に合意後、具体的な運営時期や地域など、細部案について調整してきた。

ソウルは現在、南山(ナムサン)公園やオリンピック通り、江邊北路(カンビョンブクロ)、西部幹線道路だけで、老朽化したディーゼル車の運行を規制している。ソウルに続いて仁川や京畿道の28市のうち、ソウルと隣接した17市は2018年、ソウルと離れた京畿道外郭の11市は2020年から実施する。

LEZの適用対象は、首都圏では2005年前に登録された2.5トン以上の老朽化したディーゼル車(バスを含む)だ。全国にあるディーゼル車約300万台のうち、首都圏に登録されたディーゼル車は約100万台。このうち、2.5トン未満のディーゼル車(約40万台)やばい煙低減装置を搭載したディーゼル車(約10万台)などを除いた約45万台がLEZ拡大の影響を受ける。


スポンサードリンク


これらの車両は、ソウル進入道路のいたるところに設置された監視カメラ(CCTV)によって、ナンバープレートが認識される。車のオーナーがばい煙低減装置無しに進入すれば、罰金(20万ウォン)を払わされる。環境部は、「ばい煙低減装置を搭載した車両は運行が可能だ」と明らかにした。装置搭載費用は300万ウォン前後であり、政府が45%、自治体が45%、車両の持主が10%を負担する。低所得層所有の老朽化したディーゼル車は、費用を全額支援することにした。ばい煙低減装置の搭載費用(9000億ウォン余りと試算)のうち、45%を負担しなければならない自治体の財政負担が問題となっている。

ただ、ソウルや仁川市と違って、市郡条例に従わなければならない京畿道は現在、運行規制対象28市がばい煙低減装置の関連内容を条例に盛り込んでこそ、道全域で老朽化したディーゼル車の運行を規制することができる。これを受け、政府は京畿道の運行規制権限を現行の市郡条例ではなく、同条例に従わせるため、首都圏大気環境改善に関する特別法の改正を推進している。
東亜日報
http://japanese.donga.com/List/3/all/27/538331/1

【管理人 補足記事&コメント】
10年以上の老朽ディーゼル車を廃車して新車を購入した場合、個別消費税の70%を減免するなどと「環境にやさしい消費」支援が大幅に強化される。

韓国政府は、「2016年下半期の経済政策方向」を発表した。特に、企画財政部は老朽ディーゼル車の交換を促進するために、租税特例制限法を改正し、2006年12月31日以前に登録されたディーゼル車を廃車し、新車を買った場合、個別消費税(車両価格の5 %)を6カ月間、70%減免することにした。個別消費税の減免は、1台当たり100万ウォンが限度で8人乗り以下の乗用車、SUVなどが対象だ。また、個別消費税が付かない貨物者・ワゴン車を購入する場合、取得税を一時減免する案も推進することにした。

現在、政府は、2005年12月以前に登録した老朽ディーゼル車を廃車する場合、首都圏の車両を対象に基準価額の85~100%まで廃車支援金を支給している。3.5トン未満の老朽ディーゼル車を廃車する場合、最大150万~165万ウォンまで支援金が支給されるが、これに加えて個別消費税、取得税の減免の恩恵を受けられる道が開かれる。

環境規制を明確にする事がのほうが先だと思うが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月17日 10:00 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
オリンピック前に
平昌オリンピックは2018年2月開幕。
表玄関のソウルの冬の空気を少しきれいにしようという対策だろう。
2017年初頭が検証期間。ソウルの自動車でなければ、やっぱ中国だと言える。
[ 2016/07/17 10:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp