韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  危険水準…韓国経済“負のスパイラル”突入か 脱中国遅れ深刻な海運・造船業

危険水準…韓国経済“負のスパイラル”突入か 脱中国遅れ深刻な海運・造船業

韓国では輸出の低迷が長期化し、企業収益が大幅に悪化している。とりわけ海運・造船業では一部企業で赤字が持続し、利払いや返済が困難な状況に直面。支援する政府系金融機関の経営に影響を与えることも懸念される。危険水準にさしかかった韓国経済について、専門家は、こうした経営悪化が今後、個人消費などにも広範囲に波及する“負のスパイエラル”突入への恐れも指摘する。

急激な輸出の鈍化
中国をはじめとする新興国で景気減速が鮮明となる中、韓国では輸出の鈍化により景気の減速懸念が強まっている。 2015年実質GDP成長率は前年比2・6%増と前年(3・3%増)を下回った。特に00年代以降成長を支えてきた輸出は0・2%ポイント増にとどまった。 これまで成長の原動力だった輸出が足元で牽引力が弱まり、低成長を余儀なくされ、企業部門の収益悪化が鮮明化している。 電気機器、自動車などの主要産業では15年半ば以降、軒並み収益が減少傾向にあり、世界的な供給過剰や需要減退で鉄鋼、造船・海運業は赤字を計上する企業も増えてきた。企業収益の悪化は多額の債務を抱える韓国企業に大きな打撃となりかねない。

そうした状況を、シンクタンク「日本総研」の調査部研究員、松田健太郎氏は「韓国企業の債務は世界的にみて非常に高い水準となっており、返済が困難になった場合、設備投資の縮小や人件費の削減を通じて国内景気を大幅に下押しする可能性がある」と危険視する。


スポンサードリンク


深刻な海運・造船業
国際決済銀行の調査によると、韓国の非金融企業債務の対GDP比は100%超と、新興国の中では中国に次ぐ高水準で、先進国平均よりも高い。インドネシアは20%程度、タイやインドは50%前後にとどまっており、その突出ぶりが分かる。 韓国内の民間銀行・政府系銀行の企業向け貸出残高は、総じて増加傾向が続いているが、一方で、債務返済の原資となる企業収益は低迷が鮮明化している。

15年まで比較的、堅調に推移してきた韓国の企業業績は、中国経済減速の影響を受けて悪化。とりわけ景気変動の影響を受けやすい海運・造船業で採算が低下している。韓国の主要海運企業の業績をみると、最大手の韓進海運では15年前後に黒字に転じていた本業の収益を表す営業利益が15年10~12月期、大幅な赤字に。現代商船でも13年1~3月期を底に縮小傾向だった営業赤字が、ここにきて拡大している。

その背景として、(1)資源取引減退による海運需要の減少(2)中国経済の減速(3)好況時に長期契約した船舶の高い賃借料(4)中国の船舶過剰生産による競争激化-などが指摘される。 世界的に景気回復ペースが遅れる中、需要の弱含みによる船舶の余剰が想定され、大幅な持ち直しは期待できない状況だ。 世界的な海運不況で、造船業でも14年以降、営業赤字に転落する韓国企業が現れた。

15年の主要企業の営業利益をみると、大宇造船海洋が10~12月期に大幅な黒字を計上したのを除けば、おおむね赤字、または若干の黒字で推移。16年1月以降も世界的な船舶需要が低迷する中、新規の受注状況は数件程度にとどまっている。かつての大口受注先だった中国政府が自国の造船企業救済を目的に中国企業に受注を集中させていることも影響している。 松田氏は「今後も海運需要の持ち直しが限定的と見込まれ、造船業も早期の回復は期待できない」と言い切る。
(略)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/160717/mcb1607170721002-n1.htm

【管理人コメント】
韓国企業は完全にネタ不足です。
日本企業の土台に自国教育と言う文化を育てずに、結果だけを求めるヘッドハンティングにはしり、独自技術からは程遠い企業と化してしまった。さらにいくつかの企業は政府が後押しし大企業化し、日本企業に勝つためだけを考えて、自国民をないがしろにしてきたツケである。いくらGDPが世界何位と語っても、自国民は中小企業雇用が9割であるから、利益は自国民に還元されるどころか、海外の雇用者と財閥そして幹部に株主に還元されるだけでしかない。

日本ですら中小企業雇用率70%であるから、平均年収を上昇させるのは大変である。
中小企業活性化と言いつつ、日本でさえ中小企業は独自路線で企業体力をつけてきたが、韓国にはそれは無い。

韓国がおよそ320万社、日本ですら400万社を超えるが、日本以上に中小企業依存が高い国である。ネタである商品開発に限界点が来れば、おのずと企業体力のある国に仕事を奪われるわけで…、
今後の韓国は過去にない苦労が今後襲う事になる。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月17日 11:56 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
自助努力
「負のスパイラル」などというしゃれた表現は無用。
悪いなら悪いなりに戸締りをしっかりやって(金を
使わないで)、じっと我慢するのが経営の基本。

造船は政府支援の協議中に組合がストライキだから、もう
救いようが無い。
自助努力しかない。世界中で生産能力過剰。IMFを筆頭に
世界は韓国で何社かつぶれて製造規模が縮小するのを
待っている。
[ 2016/07/17 14:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp