韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  引き上げ率まで下がる最低賃金、政府の責任は重い

引き上げ率まで下がる最低賃金、政府の責任は重い

最低賃金委員会は16日、来年の時給単位の最低賃金を今年より7・3%(440ウォン)増の6470ウォン(604円)と決めた。労働界は勤労者委員の辞任や抗議集会の計画を明らかにするなど強く反発している。今回の決定は今年の引上げ率の8.1%より低く問題だ。来年度の最低賃金を月給に換算すると135万2230ウォン(約12万6000円)で、未婚単身世帯の生活費(167万3803ウォン)の80.8%に過ぎない。

最低賃金を受けられない労働者は263万7000人で、全体の13.7%にもなる(キム・ユソン韓国労働社会研究所専任研究員の3月調査)。特に25歳未満の若年層では28.5%が最低賃金に達していない。最低賃金法は生活費や現状賃金を考慮して最低賃金を定めるようにしているが、今回の決定の要件に生活費は入っていない。

今年は最低賃金引き上げに対する期待がこれまでになく高かった。世界の主要国がこぞって最低賃金を大幅アップしたり今後上げる方針を出しているうえに、4月の総選挙で与野党ともに最低賃金引き上げを主な公約に掲げたためである。最低賃金の引き上げは、世界経済不振の主因の一つである消費不足を緩和しうる方法でもある。このような雰囲気の中で、労働界は「最低賃金1万ウォン」を掲げたことがある。

最低賃金委の経営者委員は今年も凍結案を示しており、韓国経営者総協会は今回の決定が零細中小企業の負担度をさらに強めると主張している。このような態度は論理が反対で、零細中小企業の問題は別途の対策を立てて解決していくべきである。最低賃金委は公益委員、使用者委員、勤労者委員の各9人ずつで構成されている。しかし政府が公益委員を推薦して委嘱するために労使の意見が食い違った場合、結局政府が決定を下す形となる。最低賃金委の構成を改善すべき理由がここにある。

賃金が生活費を保証すべきなのは当り前だ。これを否定するなら民主主義ではない。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/24663.html

【管理人コメント】
賃金が生活費を保証すべきなのは当り前だ。これを否定するなら民主主義ではない。
最も何でも楽して金をもらうという考え方が韓国にはあるわけで、何ともいいがたいのも事実だ。

雇う側と雇われる側は、当然話し合っての事だろうし、来年度の最低賃金を月給に換算すると135万2230ウォン(約12万6000円)で、未婚単身世帯の生活費(167万3803ウォン)の80.8%に過ぎないというが、韓国の平均年収が250万円ならば、月20万円が標準と考えれば、もともと存在している問題となる。

最低賃金を受けられない労働者は263万7000人で、全体の13.7%にもなる(キム・ユソン韓国労働社会研究所専任研究員の3月調査)。1925万人であるから、およそ半分が非正規雇用となるが…。。。日本でさえ33%が非正規雇用となる。ただしパートタイムがその半分以上占めているわけで、韓国とは様相が大きく違う。

平均年収が一向に改善されない理由に、私自身あまり言及しなかったが、中小企業雇用が90%近い状態である事と、雇用の半分は非正規雇用となっているわけで、この両方で平均年収は一向に改善しないという事だ。韓国が通貨危機以降に急速に回復した理由は、政府が非正規化を進めて企業のコストを一気に下げたことにあるわけで、韓国経済が伸びたと騒がれる原因の一つが実は安い雇用賃金にある。

中国で考えれば解かりやすいが、次第に雇用賃金を上昇させれば、企業の付加価値が低い賃金であるなら、すでに限界点だろう。社員教育と言うシステムを持たない韓国企業では、技術が限界点に来ればそこでおしまいとなる…。朝鮮人の本性が出てきたという事だろう~。日本統治下から日本のODAで国を再建し、今ではアメリカと日本そして中国の起業統治下にある国である。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年07月18日 10:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
求職環境
左派メディアのハンギョレは最低賃金が低すぎるという。
右派メディアの最低賃金を上げすぎだという。

中央日報 2015年07月13日
【コラム】低下する韓国の製造業競争力、どうするべきか
http://japanese.joins.com/article/055/203055.html
>主力製造業者の実質賃金が急上昇している

日経新聞2016/7/18
韓国は単純労働者も受け入れ 大半が製造業ー 外国人労働者
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO04968030X10C16A7NN1000/
>韓国は慢性的な求人難に直面する一部の業種で

外国人労働者を増やすのは最低賃金に下げ圧力にはたらく。
選り好みしなければ韓国内には就労機会はある。
韓国内で労働者の選別環境がきびしくなる、ということか。
[ 2016/07/18 11:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL