韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  なぜだ!反日感情が強いはずの中国人がなぜ日本旅行を好むのか

なぜだ!反日感情が強いはずの中国人がなぜ日本旅行を好むのか

中国人の反日感情の強さは知られているが、一方で日本を訪れ、日本を絶賛する中国人も非常に多い。中国サイト逍遥旅遊は、反日感情が強いはずの中国人がなぜ日本旅行を好むのかを考察している。

記事は「2007年以降、日本に対して良くない印象を持っている中国人はずっと上昇し続けており、かつての40%未満から90%ほどまで上昇している」と中国人の対日感情が悪化の一途を辿っていると主張。しかし、調査結果に反し、日本への旅行者は年々増加している様子を伝えている。

なぜ多くの中国人旅行者が日本を訪れているのだろうか。まず挙げているのは「空気がきれいであること」だ。最近あまり話題にならないが、中国のPM2.5濃度は非常に高い。例えば北京では青空を見ることもままならないほど大気汚染が深刻化している。

日本ではPM2.5の数値が低く、天気が良ければいつでも青空を見られることを考えれば、環境の良さが中国人を引き付けるのも頷ける。
 
スポンサードリンク


さらに記事は、日本が「静か」で「清潔」であることや、「伝統の祭りや風習が残っている」ことなどを挙げている。中国には日本以上に数多くの祭日が存在するが、一部地域を除いてそのほとんどが、ただの販売促進日となってしまっている。商業化のレベルは日本を超えているということだ。

記事も指摘している点だが、中国人の対日感情は主に両国間の関係に依存している。例えば2010年から12年にかけての尖閣諸島(中国名:釣魚島)問題で両国国民の互いに対する感情は急激に悪化した。近年は日本の集団的自衛権解禁などをめぐって中国で反発の声が高まっているというが、日中関係が良好になればさらに多くの中国人旅行客が日本を訪れることになるだろう。
http://news.searchina.net/id/1614381?page=1

【管理人コメント】
習近平が都市の工場を止めて、車も制限し、北京の空に青空が戻った。
工場稼働と車を走らさなければ、人が住める都市になるという望みを残したわけで、中国政府は真剣に取り組まないと、不動産は崩壊し、工場は稼働制限を実施せざる負えなくなり、自国経済は自滅する事になる。

最初の5年間は必死に対応する事である。その後数十年かかるわけで、すでに中国本土の1/3が汚染された状態であるから深刻だ。国土が広いだけに日本の比ではない。この国の経済状態は環境汚染対策とともにあると言える。従って今後最低でも5年以上は低迷する事になる。一方で中国と言う国の統制が取れていないわけで、暴動化すれば分裂するだろう~。

今後の中国政府の動き次第となるが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月18日 18:41 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(3)
造反有理
 造反有理(反抗するには理由が有る)は中国の文化大革命時に使用された代表的な標語です、あれから数十年たち中国公民も海外へ観光出来る機会を持ち、日本に来て見ると中国共産党政府の喧伝する日本とは違う事が認識されて来たのだろう、日本は情報は統制されていないので習近平、李克己などの情報(ウイキペディアなどで)も入手できる。
 中国公民は日本に来て見識、情報を多く得られば中国共産党に造反有理するのではないか?無理かも知れないね。
 私の友人は空気汚染が激しい北京へ行きたくないと言っていました。
[ 2016/07/18 19:46 ] [ 編集 ]
この10年
1995年 村山談話
1998年 江沢民訪日
2012年 尖閣国有化

村山談話が中国に「日本をなめてかかる」動機付けをして、
勢いに乗った江沢民が勝手発言で日本に悪印象を残して、
甘く見ていた日本に「尖閣国有化」で先手を打たれて、
2016年に至っても中国には逆転作戦がなくて膠着。

だが、尖閣は「戦況」を拡大させるほどの事案ではないから、
中国人民富裕層の訪日レジャーにストップはかからない。
注意点は、習近平が江沢民流の政治センスの人物であること。
[ 2016/07/18 21:20 ] [ 編集 ]
中国は終わり
中国はもう終わりです
日本だけが、無償で資金援助・技術援助を実施してきた
そして工場を移転し中国に産業を根付かせた

しかし、それらも日本人の善意に依拠するもの
国体の基本に反日を掲げ、日本領土に侵略を繰り返す今の中国

いくら能天気の日本人でも今後は関係を切るしかない
[ 2016/07/19 10:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp